ルアーのアップ写真

3代目グリフォン登場!2024年リリースの小さくて丸くて良く釣れるクランクベイト

FISHING JAPAN 編集部

まるでピンポン玉のように軽快にアクションしながら泳ぐ、メガバスのクランクベイト・グリフォンシリーズ。

潜行深度によって、SR-XとMR-Xの2種類から選べます。

2024年には、数えて3代目となるグリフォンが登場。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

グリフォンとは

グリフォンとは、メガバスからリリースされている、バス釣り用のクランクベイトのことです。

フローティング仕様なので、潜行してもキルを入れると、その場で水面まで浮かび上がります。

設定タイプは、2種類で、潜行深度1.3mなのが、SR-X。

全長は43mmで、ウエイトは1/4oz。

フックは、8番サイズのトレブルフックが、前後に2つ付いています。

もうひとつが、MR-X。

潜行深度は、2.5m程度になっています。

全長43mmで、ウエイトは1/4ozです。

フックは、8番サイズのトレブルフックが、前後に2つ標準で装備されています。

リップが長いのが、MR-Xのほうなので、カバーに接触したときに引っ掛かりにくいメリットも持っています。

ただし、接触しているのにそのまま強くリールハンドルを回すと、根掛かりしてしまう可能性もあるので、上手く操作してください。

グリフォンシリーズは、初代がリリースされてから、3代目を数えます。

的確なマイナーチェンジを繰り返しているので、多くのアングラーから高い支持を受けたままに。

当然3代目グリフォンも、熱いアングラーたちにヘビーユースされる運命でしょう。

潜行した先に存在する岩や地形変化に対し、リップの先端が接触すると、まるでピンボールゲームの球のように、瞬間的に跳ね上がってかわすことができます。

引っ掛かりにくい!という特徴は、よく釣れるクランクベイトの代名詞でもあるでしょう。

積極的に岩や地形変化をリップでとらえることができ、引っ掛からないことでバスを有効に誘えます。

既存モデルのグリフォンを実際に使ってみた!

グリフォンシリーズを、実際にフィールドで使ってみました。

1/4ozという軽めのウエイトですが、通常のベイトタックルでしっかり飛んでくれます。

軽さは、水中におけるアクションの振り回数を増やす効果に直結します。

振れば振るほど、遠くにいるバスが気づいて、バイトしてくるでしょう。

フィールドに水深7mのエリアが存在しました。

そこへグリフォンのSR-Xをキャスト、着水したらただ巻きリトリーブを繰り返します。

他のルアーでは、全く反応が無かったのに、振り回数の多いグリフォンには、深場からロケットのように打ち上がってくるバスが食い付きました。

迷うことなくバイトする様子を見て、このクランクベイトの強みを実感することができました。

カバーやストラクチャーに接触させて浮かせるアプローチと併せて、ぜひ活用してみてください。

合計18種類のカラーバリエーションから選択可能!

グリフォンには、全部で18種類ものカラーバリエーションが用意されています。

●DD BASS

●DD GILL

●GG WAKASAGI

●GG MOROKO

●KASUMI ITO

●GILLKKO

●SG SKELETON AYU

●EIGHT REACTION

●BABY KINGYO

●GC MEGABASS KINKURO

●KASUMI MAGIC

●WILD CRAW

●GLX DOUBLECHART

●B.B.C (BLACK BACK CHART)

●MEGABASS BREAM

●KILLER PINK

●DO CHART

●MAT TIGER

かなり豊富なカラーバリエーションなので、お好みの配色を見つけ出して使い込んでみましょう。

グリフォンをキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

グリフォンをロングキャストしてリトリーブするのに向いている、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

メガバス(Megabass) LEVANTE(レバンテ) JP(2019) F2-64LV

メガバス(Megabass) LEVANTE(レバンテ) JP(2019) F2-64LV

最安値価格
¥19,208(楽天市場)

Amazonへ ¥19,422

楽天市場へ ¥19,208

Yahoo!へ ¥19,208

メガバスからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・レバンテシリーズのラインナップから、F2-64LVを選んでみました。

全長は6.4ftなので、とても扱いやすい長さのブランクスに仕上がっています。

Lパワーブランクスですから、適合するルアーウエイトは、1/16ozから3/8ozまで。

グリフォンシリーズなら、SR-XもMR-Xもキャストしやすいでしょう。

ファーストアクションで、バットからベリーにかけて独特な張りが備わっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから10lb程度になるでしょうか。

実際に手に取ってみると、とても軽くてしなやかに曲がるブランクスだと感じました。

ガイドにはラインが絡まりにくく、連続してキャストをおこなうのにバッチリです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

3代目グリフォンの気になる発売日はいつ?

3代目グリフォンの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、どちらのサイズも1,650円です。

春先からバスが反応してくるはずなので、どんどんキャストを重ねてみましょう。

新製品の関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

メガバス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング