メタルジグのアップ写真

フォールベイトTGは2024年新登場のショアジギング用高比重ローリングフォールジグ!

FISHING JAPAN 編集部

ショアジギングゲームにおいて、ロッドワークを加えながらフォールやジャーク・ワンピッチなどを多用したいときがあります。

できるだけメタルジグを動かしたいときに重宝するのが、2024年ダイワから新登場する、フォールベイトTGです。

その特徴について、詳しくご紹介しましょう。

フォールベイトTGとは

フォールベイトTGとは、2024年ダイワからリリースされる、ショアジギングゲーム用のメタルジグのことです。

設定ウエイトは、4種類用意されています。

軽いほうから、30g・40g・60g・80gです。

手持ちのタックルの長さ・ブランクスパワーや、アプローチしてみたいポイントまでの距離・水深・潮流の速さなどに合わせて、丁寧に使い分けてみましょう。

フォールベイトTGのボディ素材には、比重の高いタングステンを採用しています。

タングステンなら鉛よりもコンパクトに作れますから、空気抵抗を抑えて飛距離を伸ばすことができます。

着水したら、ボトムまでフォールしていくスピードも速いでしょう。

手返しのいい探りや誘いを実践したいアングラーに、丁度いいのではないでしょうか。

フォールベイトTGは、そのフォールやジャーク・ワンピッチを多用して、できるだけメタルジグ本体を動かすようなアプローチに向いています。

タングステン素材によるウエイトと、独自のボディデザイン=ウォーターレシーブ形状によって、二枚潮でも底潮が効いていても、直線的なフォールの軌跡で潮を切るながらロールフォールします。

向かい潮においても、しっかり動いてアピールしてくれます。

ハイスピードロールフォールをベースとして、バーチカルアプローチも得意です。

釣れるターゲットは、マダイ・ロックフィッシュ・イサキ・ヒラメ・青物全般・タチウオ・サクラマスなど。

自分がよく行く釣り場で試してみて、さまざまな魚種を釣り上げてみましょう。

積極的にアクションを仕掛けられるということは、釣れないときの切り札としても有効です。

どんなふうにロールアクションしながらフォールしていくか、釣り場に着いてから自分の目で確かめてみるのもいいかもしれません。

澄んだ水質で防波堤のような足元が深いところなら、フォールベイトTGのアクションを視認できるでしょう。

フォールベイトTGのラインアイに注目!

フォールベイトTGのラインアイに注目してください。

アッパーラインアイになっていて、アイそのものがアッパー気味に上を向いています。

これにより、フォールの際のメタルジグの姿勢と、アシストフックの配置バランスが良好になります。

しっかり落とし込んで誘いたいときに、アシストフックの絡まりがあまり気にならないのではないでしょうか。

またフォールベイトTGは、センターバランス設計になっています。

ハイスピードでロールフォールを生み出すには、ベストなウエイトバランスといえそうです。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

フォールベイトTGのボディデザインは、ウォーターレシーブ形状になっています。

フォールさせると、水を切るようなエッジ形状で、水押し効果も期待できます。

まるで水の壁の上に乗り、自重で押し切っていくような感じでしょうか。

その際に左右から水が抜けていくので、ロールアクションを発生させることにつながるのです。

ロッドワークを縦方向にジャークすれば、フォールするのか一旦止まって持ち上げられます。

そこから再度フォールを開始、ロールアクションを絡めながらのハイスピード+ハイアピールとなります。

フォールベイトTGには、全部で6種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●MGアカキンカラー

●MGグリーンゴールドカラー

●MGブルピンカラー

●PHシルバーグローヘッドカラー

●3Dチャートグローベリーカラー

●ケイムライワシカラー

どの配色も視認性が高く、ディープゾーンに潜む魚からもよく見えそうです。

フォールベイトTGをショアジギングゲームで操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

フォールベイトTGをショアジギングゲームで積極的に使うのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、飛距離を伸ばしたいので、スピニングロッドがマッチします。

張りのあるブランクスで、負荷に対してしなやかに曲がる特性があれば扱いやすいでしょう。

リールは、5000番サイズ程度のスピニングリールを装着して、フルキャストをおこなってください。

PEラインは、2号から3号程度の太さにしておけば、操りやすく不意の破断の恐れも無くなるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターMX 90MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターMX 90MH 釣り竿

最安値価格
¥18,661(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

Yahoo!へ ¥18,661

ダイワからリリースされているショアジギングゲーム用スピニングロッド・ジグキャスターMXシリーズのラインナップから、90MHを選んでみました。

全長は2.74mと、長めブランクスで張りもありますから、ロングキャストアプローチに向いているでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は142cmです。

ウエイトは245gで、ブランクスの先径/元径は、2.2/13.4mmになっています。

適合するメタルジグウエイトは、25gから90gまで。

適合するラインは、PEラインなら1.0号から3.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96.0%に設計されています。

実際に手に取って振ってみると、さほど持ち重り感はなく、しっかりと振り込める印象を持ちました。

グリップ周りはスリムで握りやすく、大型の青物に走られてもロッドを立てて耐えられそうです。

ガイドにはラインが絡まりにくく、糸フケをスムーズに巻き取って次のキャストに移れるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ショアジギングゲームをこれからスタートさせたい人に、おすすめの1本といえるかもしれません。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 5000D-CXH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 5000D-CXH(2022モデル)

最安値価格
¥22,499(楽天市場)

Amazonへ ¥22,572

楽天市場へ ¥22,499

Yahoo!へ ¥22,499

ダイワから発売中のSW系スピニングリール・カルディアSWシリーズの中から、5000番サイズのエクストラハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき105cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は12kgで、ウエイトは295gです。

ラインキャパは、PEラインなら2.5号を300m巻けます。

ハンドルアームの長さは60mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、軽くてカチッとした剛性のあるスピニングリールだと感じました。

ハンドルの巻き心地は滑らかで、ローター回転もスムーズそのもの。

素早い巻き取りによるラインの回収により、手返しのいいアプローチを繰り返せるでしょう。

ドラグのレスポンスも良好なので、大型魚に対処するのも楽かもしれません。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

さまざまなシチュエーションでロングキャストを仕掛けて、青物やヒラメなどを釣り上げましょう。

ショックリーダーラインの確認はマメにおこない、表面がザラついてきたらすぐに結び換えてください。

フォールベイトTGの気になる発売日はいつ?

フォールベイトTGの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,000円から3,300円です。

タングステンはレアメタルの部類に入るので、価格がどうしても高額になります。

高い比重を誇り、飛距離を伸ばすことや素早くフォールさせるのに役立ちます。

フォールベイトTGの有効な使い方をマスターして、ビッグフィッシュを釣り上げてください。

新製品の関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング