リールのアップ写真

24バスX100は2024年新発売の誰もが使いやすいハイバリューベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

ベイトリールを用いた釣り方が、バス釣りはもちろん、ソルトウォーターゲームでもおこなわれるようになってきました。

誰もが使いやすい、オールラウンダーでハイバリューなベイトリールが、2024年ダイワから新登場します。

その名は、24バスX100。

どんなスペックに作られているのか、早速チェックしてみましょう。

24バスX100とは

24バスX100とは、2024年ダイワからリリースされる、ロープロファイルデザイン系のベイトリールのことです。

設定機種は、ハイギアモデルの100Hと100HLの2種類になります。

ボディの外観美にこだわっていて、とてもコスパ優秀なベイトリールに仕上がっています。

ボディカラーは、2トーンカラーで、基本性能がしっかり搭載されているのが特徴です。

24バスX100のブレーキには、定評のマグフォースブレーキが採用されています。

1982年からダイワが開発を重ねてきた、非接触・電磁誘導ブレーキの中で、最もシンプルな構造を持っています。

磁界の中でインダクトローターが回転することにより、渦電流が発生します。

その回転方向と逆方向にチカラが働く、電磁誘導の法則を利用したブレーキシステムなのです。

インダクトローターは固定式になっていて、ダイヤル調節で定めたブレーキ力が、常に安定して効くようになっています。

実際にマグフォースブレーキを搭載したベイトリールをキャストしてみると、バックラッシュトラブルがほとんど発生しないことに驚かされます。

ラインに結ぶルアーの空気抵抗やウエイトに合わせて、ダイヤル調節を丁寧に実施しながら、飛距離を伸ばしてみましょう。

アルミ製直径32mmスプールを搭載している24バスX100!

24バスX100には、アルミ製の直径32mmスプールが搭載されています。

スプール形状を過去のモデルから変更して、ラインキャパを確保しています。

100番サイズになったことで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、12lbで120m・14lbで110mになりました。

キャストの際の回転の立ち上がりが良好で、ブランキング=穴明けによる軽量化が効いています。

24バスX100のハンドルは、90mmアルミクランクハンドルにフラットタイプハイグリップノブを搭載しています。

力強い巻き上げを実践したいときに、とても扱いやすいでしょう。

24バスX100の詳細スペックはこちら!

24バスX100の詳細スペックについて、取り上げてみましょう。

●24バスX100H

ウエイトは195gと軽めで、ギア比は7.5対1の右巻きハンドル仕様です。

ハンドル1回転につき、75cmのラインを回収することができるように作られています。

ラインキャパは前述の通り、モノフィラメントラインなら12lbを120m巻けます。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは4個搭載しています。

最大ドラグ力は5.0kgで、スプール寸法は直径32mmで、幅26mmです。

●24バスX100HL

24バスX100Hと同じスペック値で、左巻きハンドル仕様になっています。

24バスX100を装着して使ってみたくなるおすすめのロッドを選んでみた!

24バスX100を装着してバス釣りに使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

オールラウンドに使えそうな6ft台の長さを持ったブランクスにすると、ハードプラグやワームリグなどをキャストして操れるでしょう。

あまり硬くないブランクスのほうが、安定したキャストアプローチを繰り返せます。

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン C610M-2 2ピース ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 ブレイゾン C610M-2 2ピース ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥12,930(amazon)

Amazonへ ¥12,930

楽天市場へ ¥14,280

Yahoo!へ ¥13,585

ダイワからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・ブレイゾンシリーズのラインナップから、C610-2を選んでみました。

全長は2.08mと、扱いやすい長さに設計されています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は107cmにまで縮まります。

ウエイトは110gで、ブランクスの先径/元径は2.0/10.7mmと太めです。

適合するルアーウエイトは、5gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて適度な張りのあるブランクスだと感じました。

キャストフィールは申し分なく、丁寧にピンポイントを撃っていくのにも向いています。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっているのが嬉しいです。

これぐらいの長さと張りがあれば、バス釣りはもちろん、海のチニングゲームやロックフィッシュゲームなどにも、じゅうぶん転用できるでしょう。

24バスX100の気になる発売日はいつ?

24バスX100の気になる発売日は、2024年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、11,000円です。

とてもコスパ優秀ですから、さまざまな釣りシーンへ持ち込んでみて、その使い勝手の良さを体感してみましょう。

ソルトウォーターゲームで使用した際には、必ず真水で洗浄メンテナンスをおこなって、日陰で乾燥させるようにしたいものです。

新製品の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング