リールのアップ写真

24オシアジガーLDは2024年新登場のレバードラグ搭載オフショアジギングリール!

FISHING JAPAN 編集部

ビンチョウマグロやキハダマグロをターゲットにするなら、熱ダレしにくいドラグが必要不可欠です。

2024年シマノからリリースされる、24オシアジガーLDには、操作しやすいレバードラグを搭載。

その詳細なスペックについて、ご紹介しましょう。

24オシアジガーLDとは

24オシアジガーLDとは、2024年シマノからリリースされる、オフショアジギングゲーム用の両軸リールのことです。

ギア比の異なる2種類のタイプから、選べるようになっています。

24オシアジガーLDに付いているLDとは、レバードラグの略称で、まさにこのリールの真髄を指しています。

トンジギ=ビンチョウマグロを狙ったジギングや、キハダマグロのジギングをおこなう人が増えてきました。

50kgを超えるマグロと対峙するリールに求められるのは、余裕のあるラインキャパだけではなく、信頼できるドラグ機能も挙げられるでしょう。

24オシアジガーLDには、レバードラグ方式が採用されています。

このレバードラグに、シマノ独自のインフィニティドライブを搭載。

ドラグワッシャーを2枚にするダブルドラグ構造になっていて、低い推力で高いドラグ力を出すことができます。

従来ドラグの同サイズと比較すると、最大で30%もの軽い回転トルクを実現。

そのドラグレバーは、24オシアジガーLD専用設計の冷間鍛造レバーを採用しています。

よりスムーズなドラグ操作で、大型マグロに対応できるでしょう。

24オシアジガーLDは、最大ドラグ力を20kgに設定しています。

スタードラグと比較して熱ダレしにくい高耐久ドラグなので、ドラグを酷使するマグロなどの大型魚とのやり取りに、安定したドラグ力を発揮してくれるでしょう。

既存のオシアジガーリールと比較すると、レバードラグ方式を採用した24オシアジガーLDは、オシアジガー2000に近いボディサイズにもかかわらず、最大ドラグ力は10kgをはるかに超える20kgを実現しています。

また、スタードラグ方式のオシアジガー4000は、シマノのジギングリール最大サイズですが、その最大ドラグ力18kgをも凌いでいます。

24オシアジガーLDのコンパクトボディはパーミングしやすく、操作性の高さを生み出しつつ、長時間のジギングに耐えられる扱いやすさも含んでいますから、かなりメリットは大きいといえるでしょう。

軽量化や扱いやすさにこだわった24オシアジガーLD!

24オシアジガーLDは、軽量化やパーミングのしやすさなどにもこだわりがあります。

剛性と耐久性を維持したまま、重量だけを減らして軽量化をおこなっているのが分かります。

搭載されているドライブギアは、肉抜きが実施されて、既存モデルのオシアジガー2000NRHGと比べると、12g軽くなっています。

ハンドルノブは、12%の大型化が成されて操作性はアップしていますが、インサートをアルミ化し中空構造にしていますから、この部分の重量は重くなっていません。

24オシアジガーLDは、手のひらに収まるコンパクトなデザインで、パーミング性を向上しつつ、サミングのしやすいフレーム形状を作り出しています。

ハンドルには、冷間鍛造ハンドルを採用し、加えた力が逃げず、軽い巻き上げを可能にしています。

長さは105mmの専用設計で、絶妙な角度が付いて力を込めやすくなったハンドルノブも装着されています。

使用目的に合わせたカスタムが可能な24オシアジガーLD!

24オシアジガーLDは、アングラー個々の使用目的に合わせたカスタムが可能になっています。

ストライクポジションで確実にレバーが止まるストッパーボタンは、レバードラグに慣れていないアングラーにありがちな、ドラグを締め過ぎていてラインブレイクしてしまう!というリスクを軽減してくれます。

ただし、根際でのやり取りが不可欠なカンパチジギングやストッパー不要の場合は、このボタンをOFFに設定することができます。

メーカー出荷時に組み込まれている標準のドラグカムを、付属しているライトラインカムに交換すれば、ドラグ力の変化がなだらかになります。

細いPE1.5号から2.5号を使ったジギングに、対応しやすいでしょう。

具体的には、中深海のアコウダイ・キンメダイなどをターゲットにしたジギングや、近海のブリ・カンパチといった青物ジギングにベストマッチではないでしょうか。

24オシアジガーLDの機種別スペックを、ピックアップしてみましょう。

●2500MG

ギア比は5.7対1で、ハンドル1回転につき107cmのラインを回収することができるように作られています。

最大ドラグ力は20kgで、ウエイトは690g。

スプール寸法は、直径60mmで、幅33mm。

ラインキャパは、PEラインなら5号を400m巻けます。

ハンドルアームの長さは105mmで、冷間鍛造ロングクランクハンドルが採用されています。

ドラグレバーも、冷間鍛造で高剛性に仕上がっています。

ボールベアリングは、8個搭載されています。

●2500HG

ギア比は6.2対1で、ハンドル1回転につき117cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

その他スペックは、2500MGと同じ値に仕上げられています。

24オシアジガーLDには、スプールロック機構が付いています。

スプールの回転を完全に固定することができ、逆転をロックして止めてしまいます。

メタルジグが根掛かりしてしまったときなどに、重宝するでしょう。

それからパーミング側の前方部分に、人差し指を当ててフォールをコントロールするためのサミングスペースを設置しています。

パーミングしている状態を崩さずに、サミングしてラインコントロールすることができます。

24オシアジガーLDを装着してオフショアジギングを楽しむのにおすすめのロッドを選んでみた!

24オシアジガーLDを装着してオフショアジギングゲームを楽しむのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

シマノ(SHIMANO) ジギング オフショア ロッド 23 オシアジガー ベイトモデル B510-5

シマノ(SHIMANO) ジギング オフショア ロッド 23 オシアジガー ベイトモデル B510-5

最安値価格
¥43,440(楽天市場)

Amazonへ ¥46,398

楽天市場へ ¥43,440

Yahoo!へ ¥45,144

シマノからリリースされているオフショアジギングゲーム用ベイトロッド・オシアジガーシリーズのラインナップから、B510-5を選んでみました。

全長は1.78mなので、とても取り回ししやすく、激しい青物の引きにも柔軟に対処できるでしょう。

1ピース仕様なので、仕舞寸法も同寸となります。

ウエイトは200gで、ブランクスの先径は2.8mmと太めです。

適合するメタルジグウエイトは、最大で300gになっています。

適合するラインは、PEラインなら最大で4号程度まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97.3%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とてもパワフルで扱いやすいブランクスだと感じました。

ガイド周りは頑丈に作られていて、強烈な負荷が掛かっても安心な設計になっています。

実売価格は4万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっているのが嬉しいです。

24オシアジガーLDの気になる発売日はいつ?

24オシアジガーLDの気になる発売日は、未定です。

シマノ公式サイトにて、今後発表されるのを待ちましょう。

メーカー希望販売価格は、72,000円です。

多くのアングラーが、ビンチョウマグロやキハダマグロをターゲットに、オフショアジギングゲームを楽しむようになってきました。

大海原の大型魚と対峙するために、安心して扱えるジギング専用リールは不可欠でしょう。

一日も早く、24オシアジガーLDを実際に手に取ってみたいものです。

新製品の関連記事はこちら

ジギング」カテゴリの人気記事

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング