リールのアップ写真

エンゲツ プレミアムは2023年シマノから新登場の鯛ラバゲーム用ベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

鯛ラバゲームでは、ロープロファイルデザインで軽量なベイトリールがあれば、軽快なロッドワークでマダイに誘いをかけることができます。

2023年にシマノから新登場するエンゲツ プレミアムなら、NEWフォールレバーや巻上距離アラームなど、使いやすいスペックが満載。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

エンゲツ プレミアムとは

エンゲツ プレミアムとは、2023年シマノからリリースされる、鯛ラバゲーム専用ベイトリールのことです。

ロープロファイルデザインなので、手のひらに収まりやすい外観をしています。

しかもCI4+を各部に使って軽量化を施し、ウエイト220gに絞っているので、長い時間の釣行でも疲れを感じてしまう展開にはなりにくいでしょう。

エンゲツ プレミアムには、NEWフォールレバーが搭載されています。

右巻きハンドルタイプなら、丁度親指の触れる辺りに装着されているので、扱いやすいです。

ワンウェイローラーベアリングを組み込んでいて、フォールレバーを締め込んでも巻きが重くなることはありません。

鯛ラバを巻き上げる時の感度を、スポイルしない仕様になっているわけです。

またフォールレバーの上面に凹みが設けられていますから、指のフィット感がアップします。

フォールレバーを下げた位置に、中指がしっかり届くので、持ち上げ作業も便利です。

鯛ラバのフォールスピードが早ければ、マダイがリアクションバイトしてきますし、逆にフォールスピードを落として潮に馴染ませ誘うこともできます。

こういったフォールスピードの使い分けを、このNEWフォールレバーで実践してみましょう。

ラインの放出時には、スプール回転とレベルワインドが連動するようになっています。

これにより、スムーズに鯛ラバをフォールさせることができます。

視野角が向上した液晶カウンターには、水深やフォール・巻き上げスピードが表示されます。

ヒットパターンを正確に把握できるのが嬉しいです。

実際に鯛ラバゲームの乗合船に乗ってみると、操作性の高いベイトリールがあれば、釣り方に幅が生まれるのを体感できます。

しかもエンゲツ プレミアムは軽量なので、さまざまなロッドワークを駆使することも可能でしょう。

巻上距離アラームを搭載したエンゲツ プレミアム!

エンゲツ プレミアムには、巻上距離アラームが新たに搭載されています。

液晶カウンターの画面表示で、水深に目を移すことなく、巻上距離を察知することができるのです。

具体的には、鯛ラバが着底した後に巻き始めた時点から計測をスタートします。

設定した距離の倍数で、3回までアラーム音が鳴る仕組みです。

例えば、5m設定にした場合、底から15mまで巻き上げてくると、5mごとに計3回のアラーム音が鳴るわけです。

この機能を使いこなせば、乗合船の船長さんに「底から5mで反応ありますよ!」や「着底したら5m上げて」といった指示に対して、液晶カウンターを見なくてもアラーム音だけで操作できるようになります。

これはぜひ駆使してみたくなる、新しい機能ではないでしょうか。

ドラグのカーボンクロスワッシャーやLEDバックライトなど便利機能満載のエンゲツ プレミアム!

エンゲツ プレミアムのドラグには、カーボンクロスワッシャーが配置されています。

レベルワインド連動とカーボンクロスワッシャーの相乗効果によって、ドラグの動き出しがスムーズになるでしょう。

その他、液晶カウンターには、LEDバックライトが付いています。

電池交換は自分でできるので、メーカーに送り届ける手間が無くなりました。

洗浄メンテナンスをおこないつつ、次の釣行までに電池交換を済ませておくことをおすすめします。

エンゲツ プレミアムを装着して鯛ラバゲームを楽しむのにおすすめのロッドを選んでみた!

エンゲツ プレミアムを装着して乗合船で鯛ラバゲームを楽しむのに向いている、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

やはり軽量ウエイトなブランクスのほうが、このベイトリールとマッチするはずです。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド タイラバ 炎月XR 2021年モデル B63ML-S/L オフショア タイラバ

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド タイラバ 炎月XR 2021年モデル B63ML-S/L オフショア タイラバ

最安値価格
¥26,687(楽天市場)

Amazonへ ¥29,305

楽天市場へ ¥26,687

シマノからリリースされている鯛ラバゲーム用ベイトロッド・エンゲツXRシリーズのラインナップから、B63ML-S/Lを選んでみました。

全長は1.91mなので、軽快にロッドワークをおこなうのに向いているでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は122.9cmにまで縮まります。

これなら乗合船のデッキに持ち込みやすいですし、クルマに積み込むのも楽でしょう。

ウエイトは134gと軽めで、ブランクスの先径は1.4mmと細め。

適合する鯛ラバウエイトは、30gから100gまで。

適合するラインは、PEラインなら最大で1.0号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91.9%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とてもしなやかに曲がり込むブランクスだと感じました。

ドテラ流しなら、最大150g程度まで背負えるようになっています。

水深20mぐらいから90m程度までの、比較的浅場で扱うのに適しているベイトロッドではないでしょうか。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

エンゲツXRシリーズには、この乗せ調子と同じタイプが豊富に揃っていますし、掛け調子も手に取ることができます。

いろいろ試しながら、自分の釣りスタイルを確立させましょう。

新しいエンゲツ プレミアムとのマッチングも、良好になりそうです。

シマノ(SHIMANO) ロッド タイラバ 炎月 リミテッド 乗せ調子 B610M-S LEFT パワー

シマノ(SHIMANO) ロッド タイラバ 炎月 リミテッド 乗せ調子 B610M-S LEFT パワー

最安値価格
¥41,044(楽天市場)

Amazonへ ¥45,000

楽天市場へ ¥41,044

シマノから発売されている鯛ラバゲーム用ベイトロッド・エンゲツリミテッドシリーズの中から、乗せ調子のB610M-S LEFTを選んでみました。

全長は2.08mもあるのでマダイに引っ張られても、船べりをブランクスで叩いてしまうトラブルにはなりにくいでしょう。

2ピース仕様で仕舞寸法は159.1cmとやや長めになりますから、クルマから積み下ろす際に、ドアなどに干渉させないよう注意してください。

ブランクスの先径は、1.3mm。

ウエイトは139gなので、軽快に振り続けることが可能でしょう。

適合する鯛ラバウェイトは、40gから130gまで。

適合するラインは、PEラインなら最大で1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.5%になっています。

ロングソリッドティップを搭載した、乗せ調子のベイトロッドに仕上がっています。

ワンランク上のパワーを持たせていて、粘り強いブランクスならではの対応の良さがメリットでしょう。

例えば、深場を探りたいときや速潮のときなどに、重宝するはずです。

湾内から外海まで、さまざまなシチュエーションで使ってみたくなる、おすすめの1本です。

実売価格は4万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

ドテラ流しなら、最大で200gまで背負うことができるようになっています。

複雑な潮の流れになっても、しっかり乗りこなしてみましょう。

エンゲツ プレミアムの気になる発売日はいつ?

エンゲツ プレミアムの気になる発売日は、右巻きハンドルの150HG・150PGに関しては、2023年の12月を予定しています。

左巻きハンドルの151HG・151PGに関しては、2024年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、46,500円です。

鯛ラバゲームは、難しい印象のマダイ釣りを、身近で楽しいものに変えてくれました。

数多くのアングラーが、鯛ラバゲームに夢中になっています。

それをバックアップしてくれるのが、このエンゲツ プレミアムでしょう。

新製品関連記事はこちら

タイラバ」カテゴリの人気記事

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング