ジグパラ ジグ 画像

ジグパラ スピンはシーバスや青物に効果的!メジャークラフトから発売のスピンテールジグの使い方やインプレを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

メジャークラフト ジグパラ スピンは、ジグパラシリーズのスピンテールジグです。

水深のある場所やデイゲームでスピーディーに探りを入れるサーチベイトとして大活躍すること間違いありません!

では早速、その使い方やインプレをご紹介いたします!

メジャークラフト ジグパラ スピンの特徴と使い方

メジャークラフト ジグパラ スピンは、小粒ながら高重量なベストボディバランスが特徴です。

ブレを低減させ、他のスピンテールジグでは出にくい飛距離をカバーし、よく飛びます!

水中フォール時には姿勢を安定させ、搭載している「魚雷フィン」は不要な回転を防ぎます。

シーバスゲームのときの使い方は、ボトムを取ってから一定のスピードでリトリーブしてみてくださいね。

シーバスの活性が低い時はリフト&フォールで、フォール時の食いつきを狙いましょう。

リトリーブのスピードに変化をつけてみるのもスピンテールジグでは効果的なアクションですよ!

リアフックがラインに絡まってしまう時は、いつもよりテンションを掛けてラインをはるようにしてみてくださいね!

シーバスゲーム動画はこちら

メジャークラフト ジグパラ スピンの18g、カラーは#01イワシで大きなシーバスを釣り上げていました。

動画では、18g・25g・30g・40gのサイズラインナップとなっていますが、現在は3g・5g・7gのマイクロサイズも発売されています。

マイクロサイズ(3g・5g・7g)の使い方

シーバスや魚がいる気配がするのに全くルアーに反応しない時は、シーバスが小さいサイズのベイトを好んで捕食していることが考えられます。

そういった時は、3g・5g・7gのマイクロサイズにルアーを変更して、トライしてみてくださいね。

特にシーバスが小さいサイズのベイトを好んで捕食している春先などはとても役に立ちます!

メジャークラフト ジグパラ スピンのインプレや評価

インプレをご紹介します。

スピンテールジグは、シーバス狙いのイメージが強い方もいるかとは思いますが、サゴシなどの青物など様々なターゲットに使えるようですよ!

他のスピンテールだと飛ばない物が多いですがジグパラスピンはたしかに飛びますね

出典:アマゾン

サゴシ、タチウオ入れ食いでした。ゆっくりただ巻きで、ガンガンあたってきました!!

出典:アマゾン

シーバス釣るのに購入しました。自分の感覚より数メートル先まで飛ぶ感じがします。

出典:アマゾン

おすすめのカラー

全6色展開です。

おすすめカラーは、動画でヒロセマンさんが使用していた#01イワシです。

カラーで悩んだ時は、#01イワシで決まりですね!

メジャークラフト ジグパラ スピンの商品詳細とインプレはこちら

ジグパラシリーズのラインナップ

メジャークラフト ジグパラシリーズは、とにかく種類が豊富です。

・ジグパラ ショート

・ジグパラ セミロング

・ジグパラ マイクロ

・ジグパラ マイクロスリム

・ジグパラ スロー

・ジグパラブレード

・ジグパラ スピン

・ジグパラ サーフ

・ジグパラ TG(タングステン) 

各々に豊富なサイズやカラーがラインナップされています。

今回はスピンについて紹介いたしました!

今後は他のジグパラシリーズについても紹介しますので期待していてくださいね。

「ジグパラ ショート」の紹介記事

「ジグパラ セミロング」の紹介記事

「ジグパラ マイクロ・マイクロスリム」の紹介記事

「ジグパラ スロー」の紹介記事

「ジグパラ ブレード」の紹介記事

ジグパラ ブレードはシーバスから青物まで幅広く対応したメタルバイブ!ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーの使い方・評価・釣果をご紹介します!

メジャークラフト ジグパラ ブレードは、ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーです。 思い切り投げて、ただ巻くだけで魚の捕食スイッチにハイ・アピールできます。 では早速、使い方・釣果…

FISHING JAPAN 編集部
ジグパラ ブレードはシーバスから青物まで幅広く対応したメタルバイブ!ジグパラシリーズ初の鉄板系ルアーの使い方・評価・釣果をご紹介します!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング