ロッドのアップ写真

ジッテは2023年新登場のガジェットな和風ルアーロッド【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

振り出し式のモバイル系ロッドは、これまで数多くリリースされてきましたが、和風の雰囲気を持ったインロー構造のものは、2023年新登場のジッテが初めてではないでしょうか。

ダイワから発売されるこのロッド、いったいどんなスペックが搭載されているのか、興味は尽きません。

スピニングモデル・ベイトモデル各1機種を、詳しくご紹介しましょう。

ジッテとは

ジッテとは、2023年ダイワから新発売となる、振り出し式のコンパクトなルアーロッドのことです。

収納されている状態を見ると、一瞬ロッドであることを忘れてしまうフォルムをしています。

理由は、ラインを通すガイドが、どこにも見当たらないからです。

なんとトップカバーを回して引き抜くと、ズラリと並んだガイドが現れて、そのトップカバーをグリップとして装着→活用できる仕組みになっているのです。

まさにガジェット=目新しい道具・面白い携行用小物と呼ぶにふさわしいスペックではないでしょうか。

ジッテのブランクスには、ダイワオリジナルのブレーディングXが採用されています。

カーボンテープでX状に外装からラッピングすることで、バットパワーをしっかりと活用できるブランクスに仕上がっています。

ジッテのスピニングモデルは、バスをはじめ、トラウトやライトソルトウォーターゲーム=アジ・メバルなどをターゲットにすることができます。

ベイトモデルは、バスやライトロックフィッシュゲーム=カサゴ・ソイ・アイナメなどといった幅広いルアーフィッシングを楽しめるでしょう。

ジッテのリールシートには、スピニングモデルは富士のDPSシートを搭載。

ベイトモデルは、エアセンサーストレートシートを採用しています。

ジッテのトップガイドに注目すると、ラインに優しいSiCガイドを標準で装備しています。

これまでに無かったスペック+外観によって、アングラーの所有満足感もじゅうぶん満たしてくれるロッドではないでしょうか。

それでは、ジッテのスピニングモデルから、詳しいスペックをピックアップしてみましょう。

●ジッテ・677S

全長は2.01mなので、軽く振り込むだけで軽量ルアーやワームリグを飛ばせるようになっています。

継数は7本に設定されていますから、仕舞寸法はなんと47cmにまで縮まります。

これなら旅行カバンに収納したり、クルマに積みっ放しにしておいても邪魔になりません。

ウエイトは140gで、先径/元径は1.3/29.7mm。

適合するルアーウエイトは、1.5gから7gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3lbから8lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95%になっています。

2000番クラスのスピニングリールと相性が良さそうなので、極細PEラインを駆使してアジングやメバリングにチャレンジしたくなります。

ジッテのベイトモデルにも注目!

●ジッテ・677B

こちらはベイトタイプですが、全長はスピニングタイプと同じ2.01mに設計されています。

7本継ぎで、仕舞寸法は46cmにまで縮まります。

ウエイトは135gで、先径/元径は1.3/29.7mm。

適合するルアーウエイトは、5gから18gなので、バス釣りで用いるミノー・ジャークベイト・クランクベイト・シャッド・スピナーベイト・ペンシルベイト・ポッパーなどを、幅広く使うことができるでしょう。

カサゴをターゲットにするライトロックフィッシュゲームでは、ブラクリ仕掛けをバーチカルに操るのにも適しています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95%になっています。

ジッテの使い方を自分なりに組み立てよう!

ジッテの魅力は、さまざまな釣り場へ手軽に携行して、魚種を問わず釣りを始められるところにあります。

仕舞寸法が極めてコンパクトなので、デイパックに差して持ち歩いても、そこにロッドがあると気づく人は少ないでしょう。

またジッテの外観は、和風で落ち着いた雰囲気を醸し出していますから、どんな服装にも合わせられます。

これまで釣りタックルを持ち込むのをためらっていた場所にも、堂々と持参できるかもしれません。

あらゆる可能性を膨らませてくれるジッテ、使い方はアングラー個々が確立していくことになるでしょう。

ジッテに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

ジッテに装着して釣り場で使ってみたくなる、おすすめのリールをご紹介しましょう。

まずは、スピニングリールから。

ライトソルトウォーターゲームを中心に活用するつもりなら、2000番サイズのコンパクトなスピニングリールがマッチします。

ダイワ(DAIWA) 一般 スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S(2020モデル)

ダイワ(DAIWA) 一般 スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S(2020モデル)

最安値価格
¥23,500(amazon)

Amazonへ ¥23,500

楽天市場へ ¥28,775

Yahoo!へ ¥26,085

ダイワからリリースされている軽量スピニングリール・20ルビアスシリーズの中から、2000番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1巻きにつき67cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトはなんと、150gしかありません。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら4lbを100m、PEラインなら0.4号を200m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、とても軽くて滑らかなハンドル回転が得られる印象です。

ローター回転の立ち上がりも素晴らしく、ライトラインを使った釣りに向いているでしょう。

ラインスラックを素早く取って、フッキングからランディングに持ち込みやすいスピニングリールではないでしょうか。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

PEラインとのマッチングも良好ですから、ラインローラーなどに残るゴミなどを常に洗浄メンテナンスして、パフォーマンスの高い状態をキープするよう心がけましょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80(2022モデル)

最安値価格
¥15,620(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,939

楽天市場へ ¥15,780

Yahoo!へ ¥15,620

ダイワから発売中のコンパクトなベイトリール・タトゥーラシリーズの中から、80番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.3対1なので、ハンドル1回転につき63cmのラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は4.5kgで、ウエイトは180g。

スプール寸法は、直径が32mmで幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは85mmと短めで、ボールベアリングは7個装備しています。

実際にフィールドで使ってみると、とても飛距離の伸びる印象を持ちました。

小さめのTWSですが、ラインとの過度な接触は抑えられていて、後半の伸びるキャストを実践できます。

バックラッシュトラブルもしっかり抑えられるので、安心して連続キャストを敢行できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

旅行カバン等に収納するのもカンタンなサイズ感は、どこへでも持ち出せる手軽さに直結しています。

ジッテの気になる発売日はいつ?

ジッテの気になる発売日は、2023年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、25,900円です。

このロッドを1本持っておけば、さまざまな旅行先・出張先に持参できるでしょう。

偶然遭遇した素晴らしい釣り場で、ロッドを自由に振れる快感を、ぜひ堪能してください。

振り出し式ロッドなので、ガイドの位置決めをきっちりおこなうようにしましょう。

ズレがあると、キャストの際の飛距離に影響が出ますし、フッキング時にライントラブルを起こす原因になるかもしれません。

また使用後は丁寧に縮めて、トップカバーにガイドをきっちり収めるようにしたいものです。

2023年新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング