魚のアップ写真

ワインドロッドはどれを選べばいいの?タチウオ狙いにおすすめのアイテムとは

FISHING JAPAN 編集部

防波堤からのロングキャストでターゲットとなるのが、人気の魚・タチウオです。

その食性は荒々しく、イワシやアジなどを追いかけて豪快な捕食を繰り返します。

そこで効率よく誘ってしっかり食わせるのが、タチウオのワインド釣法。

どんなロッドなら実践しやすいのか、ワインドロッドの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

そもそもワインドってどんな釣り方なの?

そもそもワインド釣法とは、接岸してきたタチウオを効率よく獲るための釣り方のこと。

スリムなスティックベイト系ワームを、専用のデルタ型ジグヘッドに装着。

それにワイヤーリーダーを付けて、ワインドロッドでロングキャストします。

着底させるまでフォールさせてもよし、着水すぐにロッドを立ててアプローチをスタートさせてもよし。

ロッドティップを上下に煽ると、水中を漂っているジグヘッド+ワームが、左右に俊敏にダートアクションを始めます。

その動きにタチウオが激しく反応、まるでアッパーカットで殴りにくるかのように、猛然と食い上げてきます。

そうやってフッキングからランディングに持ち込むまでを、タチウオのワインド釣法と呼んでいます。

沖の一文字などで実践すると、夏から秋にかけてタチウオを入れ掛かりになることも。

エサを付けた電気ウキ釣りより手返しがよく、近年この釣り方に没頭するアングラーが急激に増えました。

特に難しい操作はなく、女性や子供も楽しめるアプローチといえるでしょう。

ジグヘッド+ワームを砂地のボトムまで落とし込んで、ワインド釣法を仕掛けると、タチウオ以外にマゴチやヒラメが釣れることもあります。

海に生息しているフィッシュイーターなら、この左右へのダートアクションを我慢できないのかもしれません。

シーバスゲーム用やサーフヒラメ用のロッドでも代用できますから、手持ちのロッドでワインド釣法を試してみることをおすすめします。

軽くて操作性の高いものなら、エギングゲーム用ロッドも代用品として機能するでしょう。

実際にエギを外してジグヘッド+ワームを結んだことがありますが、とてもキャストしやすく、左右へのダートアクションも繰り出しやすかったです。

細いPEラインなら飛距離をカンタンに伸ばせますし、タチウオの歯による破断を恐れるなら、ワイヤーリーダーを装着すれば解決可能です。

さまざまなシチュエーションでタチウオの接岸を感じたら、ワインド釣法を試してみてください。

ワインドロッドに求められるスペックをチェック!

ワインドロッドに求められるスペックを挙げてみましょう。

何といっても左右へのダートアクションを発生させるために、シャクリに対してレスポンスよく反応できるブランクスが搭載されていなければなりません。

硬くて張りがあるだけでは、タチウオがバイトしてきたときに弾いてしまうでしょう。

長さは、8ftから9ft程度が理想的で、あまり重くならないほうが手首やヒジなどに負担が掛かりません。

具体的には、1oz=28g前後のジグヘッド+ワームをキャストし操作することになるので、MからMHパワー程度のブランクスであればベストマッチです。

またワインドロッドのグリップエンドが、ちょうどヒジに当たるぐらいの長さがあるほうが、連続してロッドワークしやすいかもしれません。

ワインドロッドに装着するスピニングリールに注目!

ワインドロッドに装着するスピニングリールは、2500番から3000番程度がいいでしょう。

となると、PEラインは0.8号前後を使うことになり、100m以上はスプールにストックできます。

これなら防波堤などからロングキャストを敢行しやすいですし、表層から深場までくまなく探れるでしょう。

ショックリーダーラインは、5号前後の太いものを活用します。

それでも切れるときは一瞬で、タチウオの歯の鋭さをナメてはいけません。

ひんぱんにラインチェックをおこなって、ザラザラに傷付いていたら、ショックリーダーラインを結び換えるようにしましょう。

おすすめのワインドロッドを選んでみた!

それではタチウオを釣り上げるのに適している、おすすめのワインドロッドを取り上げてみましょう。

長さは8ft以上にして、あまり硬過ぎないブランクスを用いるのがベストです。

ガイドにはラインが絡まりにくいものを選んでおくと、手返しよくキャストを繰り返せるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ワインドロッド ワインド X 86MH 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ワインドロッド ワインド X 86MH 釣り竿

最安値価格
¥8,686(楽天市場)

Amazonへ ¥9,095

楽天市場へ ¥8,686

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワから発売中の、タチウオワインドゲーム用スピニングロッドです。

MHパワーを持ったブランクスなので、1ozクラスのルアーやワームリグをキャストすることができます。

全長は2.59mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は134cmにまで縮まりますから、防波堤などの釣り場まで持ち運ぶのにとても便利でしょう。

自重は145gと軽めで、先径/元径は1.8/12.6mm。

適合するルアーウエイトは、3/8ozから1ozまでです。

適合するPEラインは0.8号から1.2号まで、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は68%なので、グラス素材がコンポジットされたしなやかなテイストに仕上がっています。

実際に手に取ってみると、継目付近の曲がり込みもスムーズで、タチウオのバイトを弾いてしまわずに、きっちりフッキングできそうな印象です。

フッキングした後は、ブランクスをしっかり曲げた状態で足元までタチウオを引き寄せられるでしょう。

ガイドにラインは絡まりにくく、グリップ周りは細身でチカラを込めやすく作られています。

実売価格は8千円台と、とても低価格な設定に収まっています。

これならタチウオのワインドゲームを始めやすいので、初心者アングラーにマッチするでしょう。

釣行から帰宅したら、ガイド周りの付着物はキレイに取り除くように洗浄してください。

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス タチウオワインド S86M

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス タチウオワインド S86M

最安値価格
¥9,663(amazon)

Amazonへ ¥9,663

楽天市場へ ¥9,834

Yahoo!へ 取扱なし

シマノからリリースされている、扱いやすい長さのタチウオゲーム用スピニングロッドです。

全長は2.59mで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は133.3cmになっています。

自重は122gとやや軽めで、先径は1.7mmです。

適合するルアーウェイトは、6gから32gまで。

最大で1ozを超えるルアーやワームリグを背負えるように作られています。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91.5%になります。

実際に手に取って振ってみると、Mパワーブランクスにしてはしっかりと張りのある印象です。

これならメリハリのあるシャクリで、左右へのダートアクションを引き出しやすいでしょう。

グリップエンドがちょうどヒジに当たりますから、その反動でシャクリを繰り返してみてください。

実売価格は9千円前後と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

シーバスゲームやエギングゲームにも代用できそうな調子なので、このワインドロッドを1本持っておくと、さまざまなシチュエーションで重宝するでしょう。

ワインドロッドを駆使してドラゴン級のタチウオを釣り上げよう!

ワインドロッドの特徴や使い方、おすすめのアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

タチウオが釣れ出した!という情報が流れだしたら、かなり多くのアングラーがその場所に集まってきます。

自分の隣りに間隔を開けずに別のアングラーが立つようなら、そこから離れて他の釣り場へ移動しましょう。

よく似た環境なら、ネット情報に晒されていないところでもタチウオは回遊してきます。

漁港内の静かな海でもタチウオは泳いでいますから、自分が釣りやすい状態でワインドロッドを振るようにしてください。

タチウオの関連記事はこちら

キャスティング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング