ロッドのアップ写真

オフショアゲームで使うキャスティングロッドはどれがいいの?

FISHING JAPAN 編集部

ボートに乗り込んでデッキ上から、ダイビングペンシルやポッパーをフルキャストする、オフショアのキャスティングゲーム。

どんなロッドを選べば、ヒラマサなどの青物をランディングに持ち込むような、納得のいく釣果が得られるでしょうか。

ここでは、オフショアゲームで使うおすすめのキャスティングロッドをご紹介します。

オフショアゲーム用キャスティングロッド

オフショアゲームで使うキャスティングロッドに求められるのは、ロングキャストを可能にするブランクスの張りです。

単に硬いだけでなく、ダイビングペンシルやポッパーのウエイトをしっかり乗せて曲がり込み、フルキャストして飛距離を伸ばしていける反発力が必要でしょう。

しかもカンパチなどの大型青物が掛かったら、その強烈な引きに耐えられる剛性・耐久性も兼ね備えていなければなりません。

ブランクスが長過ぎると、ボートデッキ上での取り回しがカンタンではなくなるなど、色々と考慮すべき点が出てきます。

具体的なロッドアイテム名を挙げながら、実際に手に取ってみたインプレも併せて書いてみましょう。

おすすめのオフショアゲーム用キャスティングロッド①パームス・シーラプチャーSTGS-78MH

シーラプチャー81Hとの併用でよくボートに持ち込むのが、この78MHです。

パームスのオフショアゲーム用キャスティングロッドは、しっかりと作り込まれているので、安心して大物とのやり取りを楽しめます。

全長は7.8ftで、ブランクスパワーはMH。

適合するルアープラグウエイトは、30gから100gまで。

適合するPEラインは、3.0号から5.0号までとなっています。

ロッドのウエイト自体は324gですから長い時間キャストを続けても、さほど疲れる感じにはならないでしょう。

人気が高まっている近海のキハダマグロはもちろん、大型のシイラやブリのトップウォーターゲームにマッチします。

ルアープラグは100gまでキャスト可能なので、ダイビングペンシルに生命感溢れる操作を加えて、青物全般を誘うことかできます。

繊細なティップセクションに仕上がっていますから、細やかなロッドワークをそのまま活かせます。

やや短めで取り回しがいいので、アンダーハンドキャストによるアプローチにも適しているでしょう。

ボートデッキでどこに立つかによって、キャスティングのフォームを切り換えながら、トラブル無くオフショアゲームを楽しんでください。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

これなら硬さの異なる同シリーズを複数揃えることも、視野に入れることが可能でしょう。

パームス キャスティングロッド シーラプチャー STGS-78MH スピニングモデル 不等長2pc(#1と#2の長さが違います。)

パームス キャスティングロッド シーラプチャー STGS-78MH スピニングモデル 不等長2pc(#1と#2の長さが違います。)

最安値価格
¥26,647(楽天市場)

Amazonへ ¥27,274

楽天市場へ ¥26,647

おすすめのオフショアゲーム用キャスティングロッド②シマノ・グラップラータイプC S82H-3

こちらは持ち運びに便利な3ピース仕様の、シマノ・オフショアキャスティングロッドです。

装着するのにマッチするスピニングリールの番手は、8000番から20000番になります。

全長は2.49mで、仕舞寸法は89.0cmにまで縮まります。

自重は350gと扱いやすいもので、先径は2.8mm。

適合するルアープラグウェイトは、最大で150gまで。

適合するPEラインは、最大で8号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.5%です。

青物でいえば、25kg前後の大型を相手にできますし、60kgクラスの近海マグロも視野に入れることができます。

実際に継いでみると、ブランクスの曲がり・しなりは安定していて、強い負荷がかかっても対応できるでしょう。

実売価格は3万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド オフショア(キャスティング) グラップラータイプC 2021 S82H-3 オフショア キャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド オフショア(キャスティング) グラップラータイプC 2021 S82H-3 オフショア キャスティング

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

おすすめのオフショアゲーム用キャスティングロッド③シマノ・オシアプラッガーフルスロットルS83H

60kgクラスの近海マグロやジャイアントトレバリー、または大型のヒラマサをターゲットにしたいときに、頼りになる1本です。

全長は2.51mで、継数は2本。

仕舞寸法は、184.6cmとなります。

先径/元径は2.8/16.0mmと太目で、適合するルアープラグウエイトは、60gから150gまでです。

適合するPEラインは、最大で8号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、92.7%です。

スピニングリールは、8000番から18000番前後を装着して使ってみましょう。

チタンフレームのRVガイドをバット部分に装備しているので、キャスティングの際の糸抜けがスムーズになっています。

Fuji製のDPSシートはマットラバーコーティング仕様で、緩み止めロックナットが付いています。

レーザーマーキングのEVAグリップで、長い時間握っていても疲れにくいテーパーが掛かっています。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) キャスティングロッド オシアプラッガー フルスロットル S83H 大物専用シャフト パワーロッド マグロ

シマノ(SHIMANO) キャスティングロッド オシアプラッガー フルスロットル S83H 大物専用シャフト パワーロッド マグロ

最安値価格
¥55,264(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥55,264

Yahoo!へ ¥58,000

おすすめのオフショアゲーム用キャスティングロッド④ダイワ・ブラストC80MS

ダイワからリリースされている、コスパ優秀なオフショアキャスティング用スピニングロッドです。

全長は2.44mと、ロングキャストに向いている長さを確保しています。

継数は2本で、仕舞寸法は187cmになります。

自重は265gと軽めで、先径/元径は2.4/15.9mm。

適合するルアープラグウエイトは、20gから70gと軽め。

適合するPEラインは、3号から4号となっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%です。

近海エリアでルアープラグを操作しながら誘いをかける、テクニカルなスピニングロッドといえるでしょう。

高密度カーボンHVFをブランクスに採用し、ブレーディングXで補強しています。

細身・軽量ながら粘りのあるブランクスに仕上がっているので、ハマチ・メジロクラスを中心にさまざまな青物などをターゲットにすることができます。

実売価格は2万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

1本持っておくと、オールラウンドに使えるキャスティングロッドとして重宝するでしょう。

ダイワ(DAIWA) オフショアキャスティングロッド ブラスト・V C80MS・V 釣り竿

ダイワ(DAIWA) オフショアキャスティングロッド ブラスト・V C80MS・V 釣り竿

最安値価格
¥23,595(Yahoo!)

Amazonへ ¥25,015

楽天市場へ ¥26,813

Yahoo!へ ¥23,595

おすすめのオフショアゲーム用キャスティングロッド⑤ダイワ・ソルティガエアポータブルC86-8

携行性の高いダイワのソルティガシリーズです。

自重は420gで、全長は2.59mと長めに設計されています。

継数は3本で、仕舞寸法は99cmです。

先径/元径は2.8/18.9mmで、適合するルアーウエイトは最大で180gとなります。

適合するPEラインは、最大で8号です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

メインとなる素材は、ダイワオリジナルのHVFナノプラス。

高い強度で強い粘りを持っていますから、大型魚の引きにもじゅうぶん対処できるでしょう。

ブランクスの先端部分からX45で最外層を補強し、ネジレ剛性を大幅に向上させています。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

仕舞寸法が1mに満たないので、航空機を利用した遠征釣行にはバッチリハマるでしょう。

ダイワ(DAIWA) ソルティガAP C86-8

ダイワ(DAIWA) ソルティガAP C86-8

最安値価格
¥54,197(楽天市場)

Amazonへ ¥55,336

楽天市場へ ¥54,197

Yahoo!へ 取扱なし

オフショアゲーム用キャスティングロッドを駆使して大型青物を釣り上げよう!

オフショアゲーム用キャスティングロッドの特徴や、おすすめのロッドアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

販売価格を抑えたモデルからハイスペックなモデルまで多岐に渡っているので、今の自分にマッチしたロッドを見つけ出せるでしょう。

大型スピニングリールやPEラインも用意しなければなりませんし、キャスティング用のルアープラグも揃えてください。

ガイド船の船長さんやスタッフさんからのアドバイスにも耳を傾けながら、納得できるタックルを手に持ちたいものです。

キャスティングロッドの関連記事はこちら

キャスティング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング