リールのアップ写真

エクスセンスDCは2022年フルモデルチェンジのシーバスゲーム専用ベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲーム専用のベイトリールとして高い人気を誇っているのが、漆黒のカラーに身を包んだシマノのエクスセンスDCです。

2022年、ついにフルモデルチェンジを果たすときがやってきました。

既存モデルと比較してどこが変わったのか、じっくりチェックしてみましょう。

エクスセンスDCとは

エクスセンスDCとは、2022年シマノからリリースされる、シーバスゲーム専用のベイトリールのことです。

ロープロファイル系デザインで、とてもコンパクトな外観に仕上がっています。

左右両方のハンドル仕様が用意されているので、アングラー個々の好みの巻き心地・使用感を味わえるでしょう。

ギア比は7.8対1と、エクストラハイギアのみの設定となっています。

ハンドル1回転につき、91cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は、5kg。

ウエイトは230gと軽量で、スプール寸法は直径が37mm、幅が19mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを130m、PEラインなら1.5号を255m巻けます。

PEラインのラインキャパが、既存モデルよりも増えているのが特徴です。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングの個数は11個に増えています。

このエクスセンスDCには、新しく生まれ変わったDCブレーキシステム・4x8DCエクスセンスチューンが搭載されています。

既存モデルを遥かに上回る情報量をCPUで処理できるようになっていて、ブレーキ力を緻密にコントロール。

それにより、キャスト性能が格段にアップしています。

具体的には、PEラインをスプールに巻いたときによく発生していた、キャスト直後のトラブル。

急な制動により高切れしてしまう確率を、大幅に改善しています。

また風などの空気抵抗から生じるスプール回転の減速に対しても、繊細に感知してバックラッシュトラブルを抑えにかかっています。

搭載されている最新のDCブレーキでは、変化を感知できる回数が増えていることになります。

DCブレーキをPにすると、PEラインモードに切り替わり、Xにすると追風遠投モードにシフトします。

P5からP6に調整すれば、オールマイティーにどんなルアーにも対応可能です。

P7からP8に調整すれば、強風や向い風用モードになり、初心者アングラーでも使いやすいでしょう。

P4以下にすると、重量があってよく飛ぶルアーにマッチします。

マグナムライトスプールⅢを搭載しているエクスセンスDC!

エクスセンスDCには、マグナムライトスプールⅢが搭載されています。

強度を落とさずに全体的な薄肉化を成功させたスプールで、すでにバス釣り用ベイトリールに多数搭載されていて、実績は折り紙付きです。

低慣性化されたスプールは滑らかに回転し、伸びのあるキャストに最後のひと伸びが加わるようになりました。

カバーやストラクチャーのさらに奥のポイントへルアーを届けられるので、ヒットの可能性が高まります。

低弾道で正確なキャストを実践できますから、ショアからのアプローチはもちろん、ボートシーバスなどでも活躍してくれるでしょう。

スプール幅が狭いので、親指がラインではなくスプールエッジに触れてサミングできるのも、プラス要素と考えていいかもしれません。

マイクロモジュールギアによる滑らかな巻き心地!

エクスセンスDCには、マイクロモジュールギアが搭載されています。

超小型の精密ギアと精巧なボディハウジングによって、シルキーな巻き心地を味わえるでしょう。

噛み合う歯数が増えたことにより、従来ギアを凌ぐ強度も確保しています。

大型のシーバスが掛かったときや、ビッグベイトなどの高負荷ルアーをリトリーブするときにアドバンテージを感じ取れるはずです。

エクスセンスDCを装着して使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

エクスセンスDCを装着してフルキャストしてみたくなる、おすすめのベイトロッドを取り上げてみましょう。

まずは、ショアからキャスティングをするためのアイテムを選んでみました。

遠投を視野に入れつつ、アキュラシー精度の高いキャストも実現するつもりなら、こちらはいかがでしょうか。

シマノ(SHIMANO) シーバスロッド 20 エクスセンス ジェノス B88ML/R ベイトモデル

シマノ(SHIMANO) シーバスロッド 20 エクスセンス ジェノス B88ML/R ベイトモデル

最安値価格
¥46,739(楽天市場)

Amazonへ ¥47,673

楽天市場へ ¥46,739

Yahoo!へ ¥48,074

エクスセンスジェノスシリーズの、やや短めなベイトロッドです。

それでも全長は2.64mもあるので、軽く振り込むだけで飛距離を伸ばすことができます。

継数は2本になっていて、仕舞寸法は135.5cmです。

これならさまざまなシチュエーションの釣り場に、カンタンに持ち込むことが可能でしょう。

自重は121gと軽めで、先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは、6gから32gまでと幅広く、ミノーやシャッドからバイブレーションルアーまでカバーすることができます。

適合するPEラインは、1号から2号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97.2%になります。

実際に手に持ってみると、とても軽くて張りのあるブランクスに仕上がっています。

バックスインクをすると、ベリー辺りまでしっかりと曲がり込むので、軽めのルアーでも反発力で飛ばせそうです。

ガイドシステムは、比較的小径リング+背の低い足により、ライトラインでも絡まりにくくなっています。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

市街地を流れる河川などで、アキュラシー精度の高いキャストが求められるときに重宝するでしょう。

サミングを駆使しながら、ベストなピンポイントへルアーを着水させてみてください。

ビッグベイトを操るつもりなら、もっと太いブランクスのベイトロッドが必要になりますが、長さはこれぐらいのほうがコントロールしやすいかもしれません。

シマノ 20エクスセンス ジェノスB80H/RF

シマノ 20エクスセンス ジェノスB80H/RF

最安値価格
¥55,647(Yahoo!)

Amazonへ ¥59,202

楽天市場へ ¥60,984

Yahoo!へ ¥55,647

こちらは8ftに届く長さのベイトロッドで、100gクラスのビッグベイトやビッグペンシルを操ることができます。

ボートシーバスで使うなら、もう少し短いほうが扱いやすいのですが、ミヨシに立てる状況だと問題はないでしょう。

全長は2.44mで、継数は2本です。

仕舞寸法は150cmとやや長めですから、ボートデッキに積み込む際は干渉しないように気を付けてください。

自重は157gで、先径は2.0mm。

適合するルアーウェイトは、14gから100gまで。

適合するPEラインは、2.0号から4.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.6%になっています。

実際に手に取って振ってみると、かなりのパワーとトルクを持っていることが伝わってきます。

これならビッグベイトをぶら下げて、東京湾などによく見かけるカバーやストラクチャーを撃ったり、沖合いのボイルを叩いたりできるでしょう。

グリップ周りは細身で握り込みやすく、しっかりと手のひらで支えながらフルキャストを繰り返せるようになっています。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

エクスセンスDCの気になる発売日はいつ?

エクスセンスDCの気になる発売日は、右巻きハンドルタイプが2022年の7月を予定しています。

左巻きハンドルタイプは、2022年の8月の予定です。

メーカー希望販売価格は、80,200円です。

シーバスゲームでベイトリールを用いるメリットは、キャストの精度を高められることと、パワフルな巻き上げ力が得られることです。

そこにPEラインが加わって、自在に操作できるスキルが身に付けば、これまで獲れなかったシーバスをゲットできるかもしれません。

新しいエクスセンスDCを、ぜひ使いこなしてみましょう。

シマノの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

エクスセンス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング