リールのアップ写真

エクスセンスDC特集!シーバスゲームを充実させる新型DC SSもインプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームは、新たなステージへとアプローチ方法が進化しています。

例えば、ビッグベイト。

これを使いこなすためには、太いラインと強いロッドが求められますが、どちらもカバーするには専用のベイトリールが必須でしょう。

シマノからリリースされているエクスセンスDCは、この新しい展開をじゅうぶんにクリアできるように作られていますよ。

また2020年には、新型ベイトリール・エクスセンスDC SSもラインナップ。

両者の特徴や使ってみたインプレを、詳しくご紹介しましょう。

エクスセンスDCとは

エクスセンスDCとは、シマノから発売中のシーバスゲーム用ベイトリールのことです。

「えっ、シーバスを釣るのに使うのってスピニングリールじゃないの?」

その印象が強いですよね。

確かに細身のミノーをロングキャストするなら、風に強くてバックラッシュトラブルの少ないスピニングリールのほうが、メリットは大きいように感じます。

でも、ルアーウエイトが60グラムをはるかに超え、しかも膨大なボリュームのあるビッグベイトをキャストするなら、これまでのシーバスゲーム用タックルではバランスが取れているとは言い難いでしょう。

バス釣りでは、ビックベイトをキャストするのにベイトタックルを用いるのは当然となって久しいですから、その考え方がそっくりそのままシーバスゲームに移行しても、何ら違和感はありませんよね。

扱いやすいタックルバランスを採用することで、シーバスへまた一歩近づけるのなら、アングラーは迷わずベイトリールを選ぶでしょう。

そしてシーバスゲーム専用にセッティングされたのが、このエクスセンスDCなのです。

エクスセンスDCの特徴・インプレ

エクスセンスDCは、アンタレスをベースにリファインされたものです。

定評のあるDCブレーキを搭載し、PEライン特有のライントラブルを徹底的に抑えて、飛距離が伸びるように作られていますよ。

実際にキャストしてみると、10グラム前後のミノーから100グラム近いジョイント系ビッグベイトまで、難なくロングキャストすることができます。

スプールの両側が肉厚にデザインされているので、高回転しているPEラインを触らずに、スプールそのものに接触してサミングできるのがいいですね。

確実に制動できますし、親指の腹を傷めることも皆無です。

PEラインによっては色抜けが激しいものもありますから、指が汚れずに釣りを続けられるのもメリットでしょう。

逆風時にもDCブレーキがうまく作動して、トラブルレスでシーバスを追いかけることが可能です。

ボディカラーのブラックは、どんなロッドにもマッチしやすい印象ですね。

ハンドルノブがフラットなのは、賛否が分かれるところでしょう。

エクスセンスDC SSの特徴・インプレ

2020年に新しくリリースされたベイトリール・エクスセンスDC SSは、外観がバス釣り用スコーピオンシリーズ(北米向けクラド?)に似ています。

設定価格も安く抑えられているので、シーバスゲームにおけるベイトリールの活用を、積極的に広げるのが目的のモデルといえるでしょう。

PEライン1.5号が255メートルも巻けるので、さまざまな釣りスタイルに適応することが可能です。

DCブレーキによるロングキャストはもちろん、潮や河川の流れにルアーを乗せていくドリフト釣法など、ふんだんにラインを出してシーバスを誘えるのは嬉しいですね。

ハンドルノブに関しては、こちらはラウンド型を採用。

チカラを込めて握り、しっかり巻き取るのに向いています。

よし!これならシーバスをベイトタックルで狙ってみよう!という気持ちになれるアングラーが、増えるかもしれませんね。

エクスセンスDCシリーズにマッチするおすすめタックルをピックアップ!

それでは、エクスセンスDCシリーズにマッチするロッドやライン・ルアーなどを取り上げましょう。

どのような組み合わせでベイトタックルによるシーバスゲームを膨らませていけばいいのか、ぜひ参考にしてください。

ビックベイトオンリーでは、ちょっともったいないですからね。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 エクスセンス DC XG 右ハンドル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 エクスセンス DC XG 右ハンドル

参考価格:¥57,038

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

エクスセンスDCは、このXGモデルのみの設定です。

XGとは、エクストラハイギアのことで、ギア比が7.8対1になっていますよ。

スプール径が37ミリもありますから、このギア比でハンドル1巻き91センチものラインを回収できることになります。

手返しよくシーバスゲームを展開したいアングラーなら、この回収能力は魅力的でしょう。

使ってみて気になったのが、ドラグです。

最大ドラグ力が5キロを下回っているので、きつく締めたつもりでも80センチクラスのシーバスを掛けると、ラインが引き出されているのが分かるのです。

ラインを出したくない釣りを望むからこそ、ベイトリールを選ぶ人もいるでしょうから、次期モデルではココを改善してもらいたいですね。

シマノ(SHIMANO) リール 20 エクスセンスDC SS HG(右)

シマノ(SHIMANO) リール 20 エクスセンスDC SS HG(右)

参考価格:¥27,871

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

実売価格は2万円台に収まる、コスパ優秀なDCブレーキ搭載ベイトリールです。

扱いやすくてバックラッシュトラブルも抑えられているので、シーバスゲームにベイトリールを初採用する人におすすめですね。

夜間にロングキャストしてみたのですが、着水音を聞いてからサミングすると、ややバックラッシュ気味にスプール上のラインが膨れ上がります。

これはどのベイトリールでも起こりうる現象なので、ブレーキやや強め設定に変えて対処するしかないでしょう。

慣れてくれば徐々にブレーキを緩めれば、夜間の飛距離も気にならなくなります。

ラウンドタイプのハンドルノブは握りやすいですね。

特にビッグベイトをリトリーブしているとき、しっかり掴めるのがバラシ軽減にもつながっていると実感できます。

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド エクスセンス インフィニティ B806M/R

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド エクスセンス インフィニティ B806M/R

参考価格:¥61,051

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

30グラム前後までのルアーをキャストするなら、このベイトロッドがバツグンに扱いやすい印象です。

自重120グラムと軽量で、とにかくよく曲がりますから、ルアーのウエイトをしっかり乗せてから射出することができますよ。

グラス素材とは、ほとんどコンポジットしていないようですが、カーボン比率7割ぐらいのこのロッドがあれば、とてもシーバスゲームが楽しくなるかもしれませんね。

バスロッドには、ポイズングロリアスXCというベイトロッドがありますが、あの設計コンセプトをぜひシーバスロッドにも活かしてもらいたいものです。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ベイトロッド バンタム バス 180XXH-SB 8フィート

シマノ(SHIMANO) バスロッド ベイトロッド バンタム バス 180XXH-SB 8フィート

参考価格:¥45,000

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらは8フィートで300グラムまでのビッグベイトをキャストできるベイトロッドです。

バス釣り用として販売されていますが、シーバスゲームに転用しても何ら問題はないでしょう。

自重190グラムは、このタイプのロッドとしては軽めで、振り抜けも曲がりもよく扱いやすい印象です。

バックラッシュしないようにキャストするには、最初はサイドハンドキャストオンリーでいいのではないでしょうか。

都心部の小河川や水路を狙うなら、PEラインよりも根ズレに強いモノフィラメントラインに巻き替えて使ってみてください。

カパーやストラクチャーに潜んでいるシーバスは、かなりデカイですし、そういうのに限ってビッグベイトに反応してくれます。

シマノ(SHIMANO) PEライン パワープロ Z 200m 1.5号 ホワイト PP-M62N 釣り糸

シマノ(SHIMANO) PEライン パワープロ Z 200m 1.5号 ホワイト PP-M62N 釣り糸

参考価格:¥2,363

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノのPEラインは、とてもしなやかで扱いやすいのが特徴です。

このパワープロZには、原糸のカラーであるホワイトがラインナップされていますから、サミングの多くなるベイトリールにはベストマッチといえるでしょう。

4本撚りなので実売価格もリーズナブル、強度の耐久性もじゅうぶんなので、カバーやストラクチャーに積極的に当てない釣りスタイルなら、このラインがおすすめです。

シマノ バンタム マクベス 50mm ZP-105Q #008スプラッタクロー

シマノ バンタム マクベス 50mm ZP-105Q #008スプラッタクロー

参考価格:¥1,815

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ビックベイトは、どのタイプを使ってもシーバスが反応してくれるでしょう。

最近流行りなのが、クランクベイトでシーバスゲームを楽しむスタイルです。

リップでボトムやカバーを感じながら、ベイトタックルを駆使して攻略していくのがとても面白いですよ。

スタックしにくいクランクベイトといえば、このマクベスシリーズ。

シーバスカラーもそのうちラインナップに加わって欲しいと思っている人は、少なくはないでしょう。

エクスセンスDCを使いこなしてランカーシーバスを釣り上げよう!

エクスセンスDCとDC SSの特徴やインプレ、マッチするおすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ベイトタックルでしか攻め切れないシチュエーションが、シーバスゲームには存在します。

これまであきらめていたアプローチも、このタックルがあれば踏み込めるはず。

まずはキャストに慣れるところから始めてみましょう!

ベイトリールの関連記事はこちら

エクスセンス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング