ルアーのアップ写真

ビッグバッカーフィットミノーは2022年新発売のSLS専用ヘビーミノー!

FISHING JAPAN 編集部

5gから20gの比較的軽めのルアーをキャストして、さまざまなフィッシュイーターをターゲットにするSLS=スーパーライトショアスタイル。

2022年ジャッカルからリリースされるビッグバッカーフィットミノーなら、そのSLSを存分に楽しむことができます。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

ビッグバッカーフィットミノーとは

ビッグバッカーフィットミノーとは、2022年ジャッカルから新発売となるヘビーミノーのことです。

サイズ設定は、2種類用意されています。

全長60mmタイプは、ウエイトが10.8gでシンキング仕様。

トレブルフックの10番が、お腹と最後尾に装着されています。

もうひとつは全長70mmタイプで、ウエイト18gでシンキング仕様。

トレブルフックの6番が、2つ標準装備されています。

ウエイトが明らかに異なるので、飛距離の差は歴然。

風の強い日や潮の流れのある釣り場では、重いウエイトの70mmタイプを選んでみましょう。

比較的浅いエリアや、対岸までの距離が短い河川などでは、60mmタイプの出番となるのではないでしょうか。

SLS=スーパーライトショアという釣りスタイルを押し進める上で、とても使い勝手のいいヘビーミノーといえそうです。

コンパクトなボディデザインで、尚且つヘビーウェイトな仕様になっていますから、キャストの際の飛行姿勢が安定します。

重心移動システムではなく固定重心を採用しているので、着水してからの動き出しは良好でしょう。

また低重心設計によって高速巻きを実施しても、しっかりと水をつかんでくれます。

水面から飛び出してしまうようなトラブルは抑えられていて、安定したスイムアクションでフィッシュイーターたちを誘います。

例えば、素早い動きに反応のいい、ツバスやシオ・カツオ・メッキ・シイラなどに、とても有効でしょう。

当然シーバスやチヌを河口域で狙うことも可能ですし、サーフエリアへ出向けば、ヒラメやマゴチをターゲットにすることが可能です。

岩礁帯エリアや磯場なら、カサゴやソイ・アイナメ・キジハタなどのロックフィッシュを釣ることができるかもしれません。

ビッグバッカーフィットミノーのデモンストレーション動画はこちら

内部に成形オリジナルウェイトを搭載しているビッグバッカーフィットミノー!

ビッグバッカーフィットミノーには、ボディ内部に成形オリジナルウェイトを搭載しています。

低重心バランスを作り出しているので、高速リトリーブに切り換えても破綻のないアクションを繰り返してくれるでしょう。

その成形オリジナルウエイトに直接塗装を施しているので、透過して表面にカラーが浮かび出ています。

艶めかしい誘いになりますし、複雑な光や明滅の効果も得られます。

これならホンモノのベイトフィッシュと見間違えて、バイトしてくる可能性が高まるでしょう。

全部で8種類のカラーバリエーションから選択可能!

ビッグバッカーフィットミノーには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●アカキンカラー

●イワシカラー

●ブルピンカラー

●ピンクバックイワシカラー

●超サゴシキャンディーカラー

●生シラスカラー

●明滅ハラピンカラー

●パニック背黒イワシカラー

イワシカラーをベースにして、視認性の高いものや個性的なものが揃っている印象です。

これならさまざまなシチュエーションで、有効に誘いをかけられるでしょう。

ビッグバッカーフィットミノーをキャストするのに向いているおすすめタックルをピックアップ!

それではビッグバッカーフィットミノーをキャストしてリトリーブを繰り返すのに適している、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

飛距離を安定して伸ばすつもりなら、スピニングタックル一択になるでしょうか。

河川の河口域や市街地のロケーションを考慮すれば、さほど硬くないブランクスのスピニングロッドを選びたいところです。

リールは、2500番から3000番クラスのスピニングリールにして、PEラインの1号前後を巻いた状態でSLSをスタートしましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス シーバス S96ML

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス シーバス S96ML

最安値価格
¥9,002(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,164

楽天市場へ ¥9,147

Yahoo!へ ¥9,002

シマノから発売中のソルティーアドバンスシリーズの中から、シーバスゲーム用のスピニングロッドを選んでみました。

全長は2.90mもあるので、軽く振るだけで飛距離を伸ばせるでしょう。

2ピース仕様になっていて、仕舞寸法は148.6cmです。

自重は140gと軽めですから、長い時間釣りを続けてもあまり疲れずにロッドを振れるのではないでしょうか。

先径は1.7mmで、適合するルアーウェイトは6gから32gまで。

これならビッグバッカーフィットミノーの2種類とも、しっかりと操ることができるはずです。

適合するPEラインは、0.6号から1.5号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91.6%になっています。

実際に手に取って振ってみると、やや柔らかめなブランクスに仕上がっている印象です。

曲がり込みはとてもスムーズで滑らかですから、大きな魚が掛かっても一瞬でバラしてしまうような展開は防げそうです。

ガイドシステムも良好で、ライトラインが絡み付いてしまうイメージはありません。

グリップ周りは細身で握りやすく、しっかりと支えながら魚を引き寄せることができるでしょう。

実売価格は9千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

シーバスやチヌをメインにして、さまざまな対象魚を釣り上げてみてください。

防波堤やサーフでキャスティングゲームを実践する際は、隣りのアングラーとの距離をじゅうぶんに取るようにしましょう。

キャストしたルアーが絡み付かないように、釣りをスタートする前から配慮するのがマナーです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター エクスセンス 2021 3000MHG シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール ソルトウォーター エクスセンス 2021 3000MHG シーバス

最安値価格
¥47,163(amazon)

Amazonへ ¥47,163

楽天市場へ ¥50,246

シマノのエクスセンスシリーズの中から、3000番モデルのスピニングリールを選んでみました。

ギア比は5.8対1になっていて、ハンドル1回転につき86cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kg。

自重は195gと軽めなので、1日中釣りを続けていてもあまり疲れを感じずに済むでしょう。

スプール寸法は、直径が47mmでストロークが17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10lbを110m、PEラインなら1.2号を150m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングの数は11個です。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽やかに回転してくれます。

ローター回転もスムーズで、糸フケの解消作業もカンタンに済ませることができました。

ドラグのレスポンスも良好ですから、ライトラインをスプールに巻いてアプローチするのも、安心しておこなえるでしょう。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

シーバスはもちろん、他魚種にもしっかりと対応可能なおすすめの1台です。

ビッグバッカーフィットミノーの気になる発売日はいつ?

ビッグバッカーフィットミノーの気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,298円から1,397円です。

固定重心で低重心なウエイトバランスのミノーなら、ロッドワークに対しても機敏に反応してくれるでしょう。

リトリーブのスピードに急弱を付けつつ、フォールとリフトを繰り返しながら、追従してきたフィッシュイーターをバイトに持ち込んでみてください。

フックポイントが鈍っているようなら、早めのフック交換を実施するようにしましょう。

ミノーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング