リールのアップ写真

スティーズ リミテッドSV TW1000SはSVブースト初のシャロースプール搭載機!2022年登場

FISHING JAPAN 編集部

軽快に軽いルアーでアプローチできるダイワのハイエンドスペックなベイトリール・スティーズSVシリーズに、2022年新しいモデルが登場します。

その名は、スティーズ リミテッドSV TW1000S。

なんとSVブーストにシャロースプールをプラス、ショートピッチに必要なライン量を確保することで、ベイトリールのパフォーマンスそのものを底上げしています。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめロッドを取り上げてみましょう。

スティーズ リミテッドSV TW1000Sとは

スティーズ リミテッドSV TW1000Sとは、2022年ダイワから新発売される、バス釣り用ベイトリールのことです。

右巻き・左巻き両方のハンドルタイプが用意されていて、ギア比は専用のXH=エクストラハイギア・8.5対1が設定されています。

ハンドル1巻きにつき、なんと90cmものラインを巻き取ることができるスグレモノ。

これならキャストしたルアーや軽量リグを、スピーディーに回収してすぐに次のアプローチに移れるでしょう。

ウエイトは160gと、とても軽く作られていて、長い時間釣りを続けてもさほど疲れを感じずに過ごせるはずです。

最大ドラグ力は、5.0kgとじゅうぶんな値。

注目のラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを最大70m巻けます。

ということは、14lbなら55m、16lbなら50m程度巻けることに。

これだけのラインキャパがあれば、ボートやカヤックからのショートピッチを実践するのに足ります。

オカッパリでのショートディスタンス・アプローチにも、しっかり対応できるでしょう。

「太いラインをたくさん巻けなきゃバス釣りにならないよ!」という意見も存在しますが、それは適材適所でリールを使い分けれは済むこと。

実際の釣り場では、さほどラインを放出せずに手返しを優先したり、軽いルアーをトラブル無くアプローチすることを欲したりするケースがあります。

ラインストックを抑えて、スプール回転のレスポンスを上げる+ライントラブルを抑えるという発想、これはアリではないでしょうか。

スティーズ リミテッドSV TW1000Sには、専用の外観が用意されていて、同色カラーのハンドルも標準装備されています。

ハンドルの長さは、85mmとやや短め。

ボールベアリングは、12個搭載されています。

ソルト対応のボディなので、海でおこなうロックフィッシュゲームやチニングゲームなどにも、じゅうぶん活用できるでしょう。

フリーリグを用いたカサゴ・アイナメ・ソイ・アコウ・チヌへのアプローチを、このベイトリールで実現してください。

SVブーストスプールを採用しているスティーズ リミテッドSV TW1000S!

スティーズ リミテッドSV TW1000Sには、直径34mm・幅24mmのSVブーストスプールが採用されています。

SVブーストスプールは、2段階で飛び出すように作られているインダクトローター部に特徴があります。

それによりライン放出の際のスプール回転数に応じて、2段階の最適なブレーキ力を瞬時に与えることが可能です。

キャストの後半に、もうひと伸び欲しいときに重宝するでしょう。

実際にSVブーストスプール搭載機を使ってみると、独特の音を発生しながら飛距離の伸びを体感することができます。

狙ったピンポイントまでしっかりと届けられることで、釣れるバスの数も伸びるはずです。

8.5対1のエクストラハイギアを使いこなそう!

スティーズ リミテッドSV TW1000Sには、エクストラハイギアのギア比8.5対1が搭載されています。

手返しよくルアーをポイントへ届けたいなら、キャストしたルアーそのものを素早く回収したいもの。

ハンドル1巻きで90cmものラインを巻き取ることができるので、当然キャスト数も増えていくことになります。

快適なベイトタックルのバス釣りを体感するには、エクストラハイギアのベイトリールは欠かせないかもしれません。

今後もっとハイギアードなギア比か登場し、バス釣りを根底から変えてくれることを期待しましょう。

スティーズ リミテッドSV TW1000Sのデモンストレーション動画はこちら

スティーズ リミテッドSV TW1000Sとマッチしそうなおすすめロッドを選んでみた!

それではスティーズ リミテッドSV TW1000Sを装着して使いやすくなりそうな、おすすめロッドを取り上げてみましょう。

まずは、ショートレンクズロッドから。

ミノーやシャッド・クランクベイトなどを自在に操りたいなら、こちらのベイトロッドがいいかもしれません。

フリーリグや高比重ワームのノーシンカーリグも、操りやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 631MLFB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルLG 631MLFB 釣り竿

最安値価格
¥28,363(Yahoo!)

Amazonへ ¥28,390

楽天市場へ ¥28,364

Yahoo!へ ¥28,363

好評なブラックレーベルLGシリーズから、柔らかくて短めのベイトロッドを選んでみました。

全長は1.91mなので、取り回ししやすく、アキュラシー精度の高いアプローチを繰り出せるでしょう。

継数は2本になっていますが、グリップジョイント方式を採っているので、仕舞寸法は164cmです。

自重は97gと軽めですから、一日中振り回していても、そんなに疲れを感じてしまう展開にはなりにくいでしょう。

先径/元径は、1.6/12.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、3.5gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから14lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%になっています。

実際に手に取って振ってみると、ベリーのブレはカンタンら収まりますし、ロッドティップにもじゅうぶんな張りが与えられている印象です。

7g前後のハードルアーをぶら下げてバックスイングを取ると、しっかりと曲がり込んでくれるので、フォロースルーを強くする必要はありません。

その分バックラッシュトラブルは起こりにくくなり、安定したキャストを繰り返せるでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

グリップ周りは細身で握りやすく、きっちり支えながらバスの引きに耐えられるのが強みです。

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ SC C66ML-G ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ SC C66ML-G ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥45,510(楽天市場)

Amazonへ ¥50,406

楽天市場へ ¥45,510

Yahoo!へ ¥47,250

スティーズSCシリーズのベイトロッドの中から、グラスコンポジットブランクスのモデルを選んでみました。

全長は1.98mと、さほど長くはないものの、振り切ればカンタンに飛距離を伸ばせる長さになっています。

継数は2本でグリップジョイント方式ですから、仕舞寸法は170cmと長めになっています。

自重は111gと軽めで、先径/元径は1.9/14.9mmとやや太目。

適合するルアーウエイトは、3.5gから21gまでで、適合するラインはモノフィラメントラインなら6lbから14lbまでです。

ブランクスはファーストテーパーで、カーボン素材含有率は64%です。

実際に手に取ってみると、独特の曲がり込みを見せてくれる仕上がりです。

グラス素材の配分が多めですから、巻き物を泳がせていて急なバイトが発生しても、バスを弾いてしまうような展開にはなりにくいでしょう。

よりオートマチックな釣り方を実践できるので、キャスト数も自然と伸びていくはずです。

実売価格は4万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

スティーズ リミテッドSV TW1000Sの気になる発売日はいつ?

スティーズ リミテッドSV TW1000Sの気になる発売日は、2022年の7月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、70,000円です。

手返しのいいアプローチが身に着けば、釣れるバスの数が飛躍的に増えます。

釣ることで習得できるものが多いですから、このベイトリールを活用して自らのレベルアップにチャレンジしてみてください。

スティーズの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

スティーズ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング