ロッドのアップ写真

スティーズのロッドシリーズから気になるアイテムをインプレしてみた!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワのバス釣り用タックルの中でハイエンドスペックモデルとして知られているのが、スティーズシリーズです。

リールの人気の高さはもちろん、ロッドにも大きな注目が集まっています。

ここでは、スティーズシリーズのバス釣り用ロッドについて、おすすめの機種をピックアップ。

詳しくインプレしてみることにしましょう。

ベイトロッドとスピニングロッド、共に感度が高く軽量化されているのが特徴です。

スティーズのロッドシリーズから気になる機種をインプレ!

スティーズのロッドシリーズには、大きく分けて2種類のアイテムが用意されています。

まずひとつめが、スティーズレーシングと冠されたロッド群。

こちらは、ダイワのバス釣り用ロッドにおけるハイエンドスペックモデルで、SVF COMPILE-XナノプラスやX45・3DXといった、ダイワの先進技術が惜しげもなく盛り込まれています。

注目はAGSで、ダイワ独自のガイドシステムが、ブランクスごとに丁寧に配置されていること。

ガイド足がカーボンでとても軽くて、ブランクスの曲がりに対し柔軟に沿う動きをしてくれます。

ガイドリングには、コバルト合金やシリコナイトを活用しているので、かなりウエイトを抑えられているのもメリットになっています。

例えば、ロッドティップを斜め前方に持ち上げて、ラインスラックを作り出したとき。

そこからもっと持ち上げてラインにテンションを与え、瞬間的に下げたときのたるみの状態でも、バスのバイトがあれば、ブンッ!コンッ!という変化をキャッチできることがあります。

垂れ下がったモノフィラメントラインが、微細に振動したのをしっかりととらえられているわけです。

シェイクしてワームリグが艶めかしくアクションさせるのは、他のロッドでも実践可能ですが、その直後のバス発信の情報を受信できるのは、バス釣りを優位に運べる要因となるでしょう。

スティーズレーシングシリーズのキャストフィールも上々で、ルアーをぶら下げたときに発生する曲がりを利用し、軽めのテイクバックで飛距離を伸ばせます。

狙いたいピンポイントを絞り込み、アキュラシー精度の高いキャストで攻略できるので、バスが反応してくる確率は高いでしょう。

キャストスピードも柔軟に抑えられますから、ルアーの着水音がマイルドです。

当然水中に居るバスは驚かず、着水音そのものに興味を示して近寄ってくるかもしれません。

その確率が上がれば上がるほど、バイトする可能性も高まることになります。

手首の返しを上手く使って、柔らかいキャストができるのは、エアセンサーシートによるところが大きいといえそうです。

握り込んでも、まだ指とグリップの間に隙間が発生し、もう一段階握り込める余裕があるのが嬉しいです。

フッキングのとき、ロッドをしっかり握り込んで固定できるので、安定したやり取りを楽しめるでしょう。

マシンガンキャストと命名されたスティーズロッド!

スティーズのロッドシリーズには、もうひとつラインナップが用意されています。

シンプルにスティーズと命名されているロッド群で、スティーズレーシングより販売価格が3万円程度安く設定されているのが特徴です。

ブランクスには、SVF COMPILE XやSVFナノプラス・X45フルシールド=X45コブラシールド・3DXなどが採用されています。

ガイドシステムにはAGSが搭載されているので、軽量化による高い感度を期待できます。

機種別に個性的な名称が付けられていて、記憶しやすいメリットも持っています。

例えば、ハーミットやマシンガンキャストなど、とても印象的で所有満足度も高めてくれるでしょう。

実際にスティーズロッドを使ってみた!

スティーズのロッドシリーズから、RD631MLFBを実釣で使ってみました。

スティーズレーシングの中で最も短いレングスに設計されていて、ウエイトは88グラムしかありません。

とても軽くて手元感度が良く、キャストしてルアーを底まで沈めたときに、その地形変化をきっちり感じ取ることができました。

藻や岩の違いも明確に伝わってきて、ルアーをステイさせる判断もしやすいです。

バスが食い付いてからランディングに至るまでの時間も短く、ブランクスパワーに頼った大胆な釣り方も実践しやすいでしょう。

ベイトフィネスロッドという位置づけですが、ラトリンログなどのジャークベイトを操作するのにも長けています。

スティーズのロッドシリーズの中からおすすめのアイテムを選んでみた!

それではスティーズのロッドシリーズの中から、バス釣りに使ってみたいおすすめの1本を取り上げてみましょう。

スティーズC610H-SVは、最新のスペックで設計されたベイトロッドです。

ハリアーと命名されていて、印象に残りやすく操作性に富んだ味付けに仕上がっています。

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ C610H-SV ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) 21 スティーズ C610H-SV ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥58,603(Yahoo!)

Amazonへ ¥62,179

楽天市場へ ¥59,374

Yahoo!へ ¥58,603

スティーズシリーズのベイトロッド・ハリアーです。

全長は2.08mで2ピース仕様になっていますが、グリップジョイント方式なので、仕舞寸法は177cmと長めです。

ウエイトは113gと軽めで、先径/元径は2.3/12.9mmとやや太目です。

適合するルアーウエイトは、11gから56gまでですから、かなり守備範囲の広いセッティングに作られています。

ラバージグはもちろん、フリーリグやテキサスリグなどでカバー撃ちを展開しやすいですし、バイブレーションルアーなどのロングキャストリトリーブにも向いているでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから25lbです。

実売価格は5万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

スティーズのロッドシリーズを駆使してバス釣りを楽しもう!

スティーズのロッドシリーズの特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

実際に釣具店で手に取って、そのスペックを体感してみましょう!

スティーズの関連記事はこちら

スティーズ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング