ロッドのアップ写真

ハートランド リベラリストで淡水もソルトも満喫したい!2022年新ロッド

FISHING JAPAN 編集部

ハートランドといえば、村上晴彦さんが監修したバスロッドシリーズですが、2022年ダイワから新登場するハートランド リベラリストは、ターゲットを絞っていません。

バスはもちろん、シーバスや青物・ヒラメ・ロックフィッシュなども、幅広く狙うことができます。

そのスペックについて、詳しくご紹介しましょう。

ハートランド リベラリストとは

ハートランド リベラリストとは、2022年ダイワからリリースされる、ルアーキャスティングロッドのことです。

設定機種は2種類で、ベイトロッド1本にスピニングロッド1本をラインナップ。

3ピース構造になっていて、専用のロッドケースにすっぽり収まるようになっています。

仕舞寸法は、最大で117cmですから、公共交通機関を用いた移動もラクラクですし、航空機に乗せて遠征釣行にも連れ出しやすいでしょう。

ブランクスの素材には、SVFナノブラスが採用されています。

それを周囲からX45フルシーヘルドで締め上げているので、ネジレを抑制してロッド本来のチカラを引き出せるように作られています。

継目はダイワオリジナルのV-ジョイントアルファで、エアセンサーシートで手元感度やロッド保持の安定感を増しています。

これほどのスペックなら、バスは当然として、引きの強い青物や大型シーバスも、じゅうぶんにターゲットに入れることができるでしょう。

サーフではヒラメやマゴチ、河口域ではチヌ、岩礁帯エリアではアコウやアイナメ・ソイなどのロックフィッシュを狙ってみたくなります。

それでは、ハートランド リベラリストにラインナップされているベイトロッドから、詳細チェックしてみましょう。

●ハートランド リベラリスト・803M+RSB-22

3ピース仕様で全長2.44mに達する、長いベイトロッドに設計されています。

仕舞寸法は103cmと短く収まるようになっていて、ウエイトは150gです。

長さに対してやや軽めですから、振り回しやすく連続キャストを実践しても、疲れにくいでしょう。

先径/元径は1.8/13.4mmで、適合するルアーウエイトは7gから50gまで。

メタルジグをキャストするなら、10gから60gまでカバーできるようになっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから30lbまでで、PEラインなら最大で2.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

ベイトタックルによるロングキャストアプローチはもちろん、カバー周りへピッチングしていくのにも使えそうな印象です。

ハートランド リベラリストのスピニングロッドもチェック!

●ハートランド リベラリスト・903ML+RSS-22

スピニングロッドも3ピース仕様で、全長はベイトロッドより長めの2.74mです。

仕舞寸法は117cmと短めで、やはり携行性の高さが光っています。

ウエイトは160gと軽めで、先径/元径は1.7/13.9mm。

適合するルアーウエイトは、5gから40gと幅広く、メタルジグなら7gから50gまでキャスト可能です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから25lbまでで、PEラインなら最大で2号まで使えるようになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

肉厚のブランクスなのに細身で胴調子ですから、乗せられるルアーが多岐に渡り、さまざまなシチュエーションを攻略できるのが強みでしょう。

専用ロッドケースが標準で付いているハートランド リベラリスト!

ハートランド リベラリストには、専用のロッドケースが標準で装備されています。

バットジョイント方式の3ピース仕様なので、とてもコンパクトに収納できるのがメリット。

仕舞寸法が最大で117cmですから、さまざまな釣り場へ持ち込めるでしょう。

ファスナーの持ち手が大き目で、開閉に手間取らないのもありがたいです。

ハートランド リベラリストにマッチしそうなおすすめリールを選んでみた!

ハートランド リベラリストに装着して使ってみたい、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、ベイトリールから。

ロングキャストを想定すれば、通常のコンパクトなものより、ラインキャパや巻き取りスピードの素早いものがマッチしそうな印象です。

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

最安値価格
¥25,900(amazon)

Amazonへ ¥25,900

楽天市場へ ¥26,455

Yahoo!へ 取扱なし

人気のタトゥーラシリーズから、300番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は8.1対1なので、ハンドル1回転につき109cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は余裕の11kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら25lbを145m巻けます。

PEラインなら、5号を160m巻けます。

自重は325gとやや重めで、スプール径は43mm、ハンドルの長さは110mmです。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に使ってみると、TWSによる軽やかなライン放出が体感できますし、それが太いラインであっても、じゅうぶんな飛距離を得ることが可能です。

ルアーはもちろん、メタルジグをロングキャストでアプローチする際には、ぜひ使ってもらいたいおすすめの1台となっています。

巻き取りスピードも素早く、大量に放出したラインを的確に回収できるので、次のキャストまでスムーズにおこなえます。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されているのも魅力でしょう。

海水エリアで使った場合、ベイトリールの内部に塩気が入ってしまいます。

そのまま放置すると、スプールやハンドルの滑らかな回転に支障をきたす恐れがあるので、しっかりと真水で洗浄して、水を切ってから拭き取り・乾燥作業を実施してください。

毎回こまめに実施することで、ベイトリールが長持ちし正常に働いてくれるようになります。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック LT4000-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック LT4000-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥31,199(amazon)

Amazonへ ¥31,199

楽天市場へ ¥35,943

Yahoo!へ 取扱なし

バリスティックシリーズの4000番モデル、ラインキャパのじゅうぶんなスピニングリールです。

ギア比は6.2対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき99cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

標準自重は210gと軽めで、最大ドラグ力は12.0kgです。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10lbを190m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

実際に手に取ってみると、ハンドルの巻き心地は滑らかで、魚が掛かっても強引にやり取りできるほど、剛性感が高い印象です。

ローター回転も軽やかで、ドラグのレスポンスも良好です。

キャストの際のライン放出がスムーズですから、放出量はみるみる伸びていく感じに映ります。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格帯に設定されています。

PEラインを用いた場合、ラインローラー部分にPEラインのコーティングが残ってしまうことがあります。

しっかり水洗いして拭き取り、オイルを注油して回転を元通りにしておきましょう。

ハートランド リベラリストの気になる発売日はいつ?

ハートランド リベラリストの気になる発売日は、803M+RSB-22が2022年の5月を予定しています。

903ML+RSS-22のほうが、2022年6月発売の予定です。

メーカー希望販売価格は、60,000円から64,000円です。

オールラウンドにルアーキャスティングゲームが楽しめる機種が、ハートランドシリーズから発売されるのは画期的です。

今後も同じコンセプトのロッドが増えれば、大喜びのユーザーも増えそうです。

元々釣りに垣根はありません。

試してみたい釣りスタイルがあれば、積極的にチャレンジしてみるのがベター。

その際にそばにあるロッドが、ハートランド リベラリストになるでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング