ロッドのアップ写真

ロックフィッシュゲームを満喫するならHRF!2022年新発売の専用ロッドをチェック

FISHING JAPAN 編集部

防波堤や岩礁帯エリアで、カサゴやアイナメ・ソイ・アコウ・メバルなどをターゲットに釣りを楽しむロックフィッシュゲーム。

2022年にはダイワから新しい専用ロッド・HRFがリリースされます。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

濃いカバーや複雑な地形変化を攻めるなら、太いモノフィラメントラインを使うのがおすすめ。

ロングキャストで広範囲からバイトを取っていくつもりなら、細めのPEラインにショックリーダーラインを組み合わせるのがベターでしょう。

HRFとは

HRFとは、2022年ダイワから新発売となるロックフィッシュゲーム専用のロッドのことです。

スピニングロッド4種類とベイトロッド3種類の、合計7種類から選べるようになっています。

全体的にウエイトが軽めで、最軽量モデルで110gしかありません。

そのおかげで手元感度が高くなり、ロックフィッシュのバイトはもちろん、微細な地形変化やカバーの濃さまで推し量れるでしょう。

当然根から強引にロックフィッシュを引き離すためのブランクスパワーも、しっかりと備わっています。

MパワーとMHパワーに絞り込んで全ラインナップが構成されていて、キャスタビリティをスポイルせずにパワーを持たせているといった味付けでしょうか。

またグリップには、エアセンサーシートが搭載されていて、軽量化・高強度・高感度を実現しています。

素材にカーボンファイバーを含めることで成し得た性能で、高い操作性を持ってロックフィッシュに対峙できるのがメリットです。

HRFのブランクスには、HVFカーボンが使われています。

シート同士を接着しているレジンの量を減らして、代わりにカーボン繊維の密度を高めた素材です。

より筋肉質でパワフルな使用感を得ることができ、粘りや強度を釣りに活かせるようになっています。

HVFカーボンを採用したロッドは、バス釣り用やシーバスゲーム用などに多数存在していて、すでに釣り場で試した経験があります。

とても軽くてシャープ、大型魚が掛かってもカンタンに伸されることはなく、ロッドを立ててやり取りをしっかり楽しめるのがメリットといえるでしょう。

このHVFをX45で縛り上げて、ネジレに対する補強も施されたブランクスに仕上がっています。

防波堤エリアでテトラの中に潜り込まれたときや、岩礁帯で根に突っ込まれたときなどに、強引に引き出してランディングに持ち込めるかもしれません。

実際にHVF素材のロッドを使っていて、そういう場面に何度も遭遇したことがありますが、潜り込まれる前に魚の動きを止めることができました。

HRFのスピニングモデル4機種をチェック!

HRFにラインナップされる機種をピックアップしてみましょう。

ますは、スピニングロッドから。

●79M・・・漁港の内湾などでワームリグをベースにしたテクニカルな展開を実践するのに適しています。

●83MH・・・磯の岩礁帯を中心に活躍可能なハイパワーモデルで、1ozクラスのテキサスリグやフリーリグにも対応できます。

●86M・・・オールラウンドに対応できるモデルで、底チェックはもちろん中層スイミングでも活用可能です。

●90MH・・・沖合いのシモリやブレイクラインをロングキャストでチェックするのに重宝するモデルです。

HRFのベイトモデルを3機種チェック!

HRFのベイトロッドにも注目してみましょう。

●76MHB・・・漁港やボートデッキからのアプローチにも使いやすい、ショートレングスのベイトロッドです。

●83MB・・・防波堤周りをくまなくチェック可能な、オールラウンドに使えるモデルです。

●86MHB・・・バットパワーが強く、重めのリグにもじゅうぶん対応できるベイトロッドです。

HRFのスペック表はこちら

HRFに搭載するのにおすすめのリールを選んでみた!

それではHRFに装着してロックフィッシュゲームを楽しむのに、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、スピニングリールから。

多めにラインが巻けるほうが、ロングキャストを絡めたアプローチを実践できます。

PEラインにやや太目のショックリーダーラインを結ぶことで、濃いカバーや地形変化にも対応しやすくなるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT3000-XH

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT3000-XH

最安値価格
¥13,300(amazon)

Amazonへ ¥13,300

楽天市場へ ¥13,376

Yahoo!へ 取扱なし

コスパ優秀なフリームスシリーズにラインナップされている、3000番モデルです。

ギア比は6.2対1になっていて、ハンドル1回転につき93cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は余裕の10.0kgですから、掛かったロックフィッシュが根に潜り込もうとしても、その走りを止めることができるでしょう。

自重は225gと軽めで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら8lbを150m巻けます。

PEラインなら、1.0号を200m巻けます。

ロングキャストを敢行したい人に、ベストマッチなスペックといえそうです。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、しっかりとした剛性感が備わっている印象です。

そのおかげでハンドル回転はとても滑らか、ローターもスムーズに連なって回ってくれます。

T字型のハンドルノブは握りやすいので、強引にやり取りを実践するのに向いています。

実売価格は1万円台と、とても低価格に設定されています。

PEラインとの相性も良く、ラインの放出は整然とおこなわれて、絡まりトラブルはほぼ皆無でした。

ラインローラー周りにPEラインのコーティングなどが溜まりやすく、定期的に拭き取って除く必要があります。

太目のラインを多めに巻いて。ロングキャストで複雑な地形変化を攻めてみましょう。

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

最安値価格
¥25,900(amazon)

Amazonへ ¥25,900

楽天市場へ ¥26,455

Yahoo!へ 取扱なし

タトゥーラシリーズの300番モデルなら、太いラインをベースにしたロックフィッシュゲームを堪能できます。

ギア比は8.1対1で、ハンドル1巻きにつき109cmものラインを巻き取れるようになっています。

ここまでスピーディーにラインを回収できるなら、連続してキャストを繰り出すアプローチを実践しやすいでしょう。

最大ドラグ力は11kgもあるので、ラインを引き出されないやり取りも楽しめます。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを185m巻けます。

PEラインなら、5号を160m巻けます。

自重は325gで、スプール径は43mm。

ハンドルの長さは110mmと長めで、ボールベアリングは7個搭載されています。

実際に手に取って使ってみると、TWSの効果によりバックラッシュトラブルはほとんど発生しません。

ロングキャストを楽に実践できるので、沖合いのブレイクラインなど、広範囲の地形変化をトレースするのに役立つでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ややウエイトが重く感じるかもしれませんが、慣れてくるとロッドワークに支障をきたすレベルではないことが分かってきます。

大胆に積極的にロックフィッシュゲームを楽しみたいアングラーに、ぜひ使ってもらいたい名機です。

ロックフィッシュゲーム専用ロッド・HRFの気になる発売日はいつ?

HRFの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、23,700円から25,700円です。

岩礁帯エリアなどでは、足場が滑りやすく危険が伴ないます。

スパイクソールを装備したシューズを用意して、安全最優先でロックフィッシュゲームを楽しむようにしましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

HRF」カテゴリの人気記事

DAILYランキング