ロッドのアップ写真

白震斬の最新モデルが2022年にリリース確定!待望のハートランドAGSシリーズ

FISHING JAPAN 編集部

ハートランドAGSシリーズは、ダイワの最新技術と一誠・村上晴彦さんがしっかりと手を携えて作り上げているフラッグシップモデルです。

2022年には、評価の高かったスピニングロッド・白震斬が、白震斬八伍として帰ってきます。

どんなスペックに昇華されているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ハートランドAGSシリーズの新作・白震斬八伍とは

ハートランドAGSシリーズの白震斬八伍とは、2022年にダイワからリリースされる、バス釣り用スピニングロッドのことです。

ダイワの先進技術が豊富に盛り込まれていて、村上晴彦さんの好みに徹底的に仕上げられています。

型式は、852ML+FS-SV AGS22。

全長8.5ft=2.57mは、バス釣り用ロッドとしてはかなり長めです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は132cmになっています。

ウエイトは118gと、長さの割りにはかなり軽く作られています。

先径/元径は1.2/10.9mmと細めで、適合するルアーウエイトは、2.7gから10gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.5号から1.0号までで、モノフィラメントラインなら4lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

メインのカーボンシートは、SVFコンパイルX。

接着剤の部分であるレジンの量を減らして、カーボン繊維を密入しています。

それにより軽量化やパワーアップを実現し、より細身なものに仕上がっています。

カーボン繊維の密入は、強い反発力を生み出し、シャープな振り抜きを可能にしていて、手元感度も高いものになります。

このSVFコンパイルXを、X45で縛り上げています。

X45は、ブランクスに発生するネジレを抑え込み、操作性・パワー・安定性の向上を実現することができます。

ダイワの3軸カーボンシート・3DXは、白震斬八伍には採用されていません。

ダイワ独自のガイドシステム・AGSを採用!

ハートランドAGSシリーズ・白震斬八伍には、AGS=エアガイドシステムが搭載されています。

カーボン素材によるガイドフレームの成型がおこなわれていて、ガイドメーカーによる製作ではなく、ダイワオリジナルのものであるのが特徴です。

従来のガイドと比べると、約40%の軽量化が図られているので、ロッド全体の軽量化をもたらし、飛距離とアキュラシー精度のアップを引き出します。

そもそもカーボンといえば、ロッドのメイン素材ですから、まるでロッドと一体化しているかのような感覚で使えるでしょう。

CWSでガイドを支えるハートランドAGSシリーズ・白震斬八伍!

ハートランドAGSシリーズ・白震斬八伍には、CWS=カーボンラッピングシステムが採用されています。

CWSとは、ガイドやリールシートをブランクスに固定する技術のことで、ラッピング用の糸=スレッドを使わずに、編みこんだカーボンクロスを用いています。

これにより、取り付け部分の軽量化を図り、ガイド保持力やひび割れ強度も向上しています。

スレッドまでカーボンになってしまったら、ロッドのほとんどがカーボンで作られることに。

ダイワの先進技術から、次世代のロッドのカタチが垣間見えるようです。

ハートランドAGSシリーズ・白震斬八伍を解説している動画はこちら

ハートランドAGSシリーズ・白震斬八伍にマッチしそうなおすすめリールを選んでみた!

ハートランドAGSシリーズ・白震斬八伍にセットして使い勝手が良さそうな、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

ロッドのウエイト自体が軽いので、リールも軽いほうがマッチしそうです。

剛性・耐久性も備わっているものなら、強い負荷が掛かっても対処しやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック FW LT2500S-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック FW LT2500S-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥26,928(楽天市場)

Amazonへ ¥27,242

楽天市場へ ¥26,928

Yahoo!へ ¥26,928

バリスティックシリーズは、コスパが優秀で高いレベルのスペックを兼ね備えています。

このモデルは2500番で、ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きで87cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は165gと、とても軽く作られています。

最新のルビアスシリーズと比較しても、10g程度しか変わらない軽さを実現していますから、とても魅力的です。

最大ドラグ力は5kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら6lbを100m巻けます。

PEラインなら、0.6号を200m巻くことができます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、安定した巻き心地で使用感はとてもマイルドな印象です。

カチッとしたボディは、大きな負荷でラインが引っ張られても、問題なく巻き取れる踏ん張りを見せてくれます。

リールフットが歪んだり、フレームが撓んだりした感じはなく、スムーズな巻き心地は現在も続いています。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

淡水専用モデルなので、バス釣りをメインに使い続けるのがいいのではないでしょうか。

メンテナンスは、使用後に全体を水洗いして、しっかり拭き取ってから注油すればOK。

特に違和感が発生することもなく、長く使い続けています。

ダイワ 21 ルビアス エアリティ FC LT2500S-XH-QD

ダイワ 21 ルビアス エアリティ FC LT2500S-XH-QD

最安値価格
¥48,899(amazon)

Amazonへ ¥48,899

楽天市場へ ¥50,735

Yahoo!へ ¥49,400

最新のルビアスエアリティシリーズから、2500番モデルを選んでみました。

軽量コンパクトながら、剛性感が高いのが特徴的です。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき87cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5kgで、自重は155gと、とんでもなく軽く仕上がっています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを150m、PEラインなら0.6号を200m巻くことができます。

ボールベアリングは、11個搭載しています。

実際に手に取ってみると、モノコックボディを採用したメリットが、随所に表れている印象です。

とにかく巻き心地が滑らかで、軽やか。

これならラインスラックを素早く取り除いて、ラインにテンションを与えることができます。

ラインを伝達してくる情報を、明確に手元でとらえることのできる感じは、このスピニングリールならではでしょう。

ドラグのレスポンスも良好なので、ライトラインを使っていても、大型魚とのやり取りを存分に楽しむことができます。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT3000-XH

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT3000-XH

最安値価格
¥11,280(Yahoo!)

Amazonへ ¥12,000

楽天市場へ ¥13,584

Yahoo!へ ¥11,280

新型フリームスシリーズの、少し大き目な3000番モデルです。

ソルトウォーターゲームに使われるケースが多い番手ですが、意外とバス釣りとの相性もいいので、ぜひ使ってみてください。

ロングキャストはもちろん、大径スプールにより糸グセが出にくくなっています。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1巻きにつき93cmものラインを巻き取れるように設定されています。

最大ドラグ力はなんと10.0kgもあり、大型魚が掛かってもやり取りを楽しめるでしょう。

自重は225gとやや重めですが、使っていて疲れてしまうほどではありません。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを150m、PEラインなら1.0号を200m巻くことができます。

ボールベアリングは、5個搭載されています。

実際にフィールドで使ってみると、回転フィールが滑らかで、使い心地は気持ちのいいものです。

ハンドルノブは握りやすく、滑りにくいのがメリットです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯になっています。

ハートランドAGS白震斬八伍の気になる発売日はいつ?

ハートランドAGS白震斬八伍の気になる発売日は、2022年の2月にハートランド倶楽部先行発売を予定しています。

メーカー希望販売価格は、99,000円です。

フラッグシップモデルに込められた熱量を、フィールドで体感してみませんか?

ダイワの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング