フラットフィッシュ 写真

フラットフィッシュって何?ルアーで釣りたい!初心者のためのロッド・リール・ルアーを大特集!【初心者必見】

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、フラットフィッシュを釣ったことはありますか?

高級魚として知られるヒラメやマゴチの総称で、ルアーで釣れる対象魚として人気があるんですよ。

そこで今回は、フラットフィッシュ生態や釣行に適したロッド・リール・ルアーなどを分かりやすくご紹介しましょう。

目次

  • フラットフィッシュとは?
  • フラットフィッシュを釣るのに使うロッド・リール・ラインを教えて!
  • 釣果がアップするルアーはどれなの?

フラットフィッシュとは?

フラットフィッシュとは、日本の近海全域に棲息しているヒラメやマゴチといったフィッシュイーターの総称です。

目のあるほうを上にして顔が左に来るのが、ヒラメ。

ちなみに右に来たら、カレイです。

水温が下がる季節になると脂が乗ってきますから、やはり寒い時期に狙いたいですね。

砂地を好み、身を隠して真上を通り過ぎる小魚を捕食しています。

ということは、釣り人側は砂浜に立って釣りをする準備をしなければなりません。

フラットフィッシュを釣るのに使うロッド・リール・ラインを教えて!

フラットフィッシュを釣るのに用いるロッドは、やはり砂浜から遠投できるものがいいでしょう。

長さは9~11フィートクラスで、40グラムまでのルアーをフルキャストできるものがオススメです。

リールは、2500~3000番の中型スピニングリールで、ラインはPEラインの1号前後を150~200メートルは巻いておきましょう。

ルアーとPEラインの間には、ショックリーダーを結ぶようにしてください。

釣果がアップするルアーはどれなの?

使用するルアーは、ハードプラグならシンキングミノーやメタルジグなどの遠投の効くものがいいでしょう。

ソフトルアーなら、定番のジグヘッド+ワームがオススメです。

最後尾の曲がったカーリーテールタイプのワームは実績があります。

使用するワームやルアーの操り方など実釣解説動画はこちら

フラットフィッシュの釣り方は、ルアーを遠投してただ巻きが基本になります。

砂地をルアーで擦りながらリトリーブする必要はありません。

ヒラメの真上を無防備に泳がせるイメージで、ただ巻きに徹してみてくださいね。

岸から沖合いへ向かって流れる離岸流を見つけたら、そこを中心にキャストするようにしましょう。

オススメ専用ルアーのご購入はこちら

ヒラメの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング