カワハギ 写真

カワハギには2つの旬がある!カワハギの釣り方や捌き方を解説!

FISHING JAPAN 編集部

カワハギは釣って楽しく、食べても美味しい魚なので、釣り人に大人気の釣り物です。

カワハギは、釣ったばかりの新鮮な身はもちろんのこと、肝も絶品だということで有名ですよね。

そんなカワハギの旬や捌き方、釣り方についてご紹介します。

カワハギってどんな魚?

カワハギは、フグ目・カワハギ科に分類される魚です。

国内では、青森県~九州南岸の日本海・太平洋沿岸、瀬戸内海と広く分布します。

比較的浅い砂地に生息し、甲殻類、貝、環形動物などを食べる肉食性の魚です。

カワハギという名前の由来は、カワハギを料理する際に体を覆う厚い皮を剥いで料理することからきていると言われています。

カワハギの皮は、ツルンときれいにはがせるので、「ハゲ」や「マルハゲ」と呼ばれることもあります。

カワハギの体はひし形で平たく、色は個体によって青灰色や褐色と異なりますが、淡いまだら模様や黒っぽい縦じまが入っていることが多くあります。

また、カワハギの背びれの第1条と腹びれには、とげがついています。

さらにオスの背びれの第2軟条は、糸状に細く伸びています。

カワハギは、ふぐの仲間ですが、毒はありません。

しかし、カワハギはふぐ同様鋭い歯を持っているので釣り糸を切られてしまったり、少し困ったお魚でもあります。

ちなみに、カワハギによく似た魚でソウシハギという毒魚も存在します。

注意が必要な毒魚「ソウシハギ」についてはこちらの記事で解説しています。

カワハギはエサ取り名人と呼ばれることもある

カワハギ釣りは、1年間通して楽しむことができますが、実は釣るのは結構難しいお魚なんです。

カワハギの口は、とっても小さくておちょぼ口。

この小さな口には、釣り糸を噛み切るほどの鋭い歯を持っています。

カワハギの捕食方法は少し変わっていて、口から水を勢いよく吐き出すことで砂などの中から餌を探し出します。

この要領で、釣り針から上手に餌を外し、釣り針に当たることなく餌を食べます。

釣り人からすると、アタリがわからないので、リールを撒いてみたら餌だけなくなっていた・・・

なんてことが起こってしまうんですね。

なので、カワハギは「エサ取り名人」などと呼ばれることも多いです。

カワハギの釣れる時期・旬を解説

カワハギ釣りは、1年間通して釣りを楽しむことができますが、カワハギ釣りの全盛期・カワハギシーズンといえば、「秋」でしょう!

秋のカワハギは数釣りがメインで、たくさんのカワハギを釣ることが出来ます。

秋のカワハギは、冬に備えて餌を多くとるので、肝臓が特に大きく発達しています。

そのため「肝パンのカワハギ」とも言われているんです。

カワハギの肝は、脂肪分が豊富で、こってりとした旨味と甘みがあります。

秋のカワハギのパンパンに詰まった肝で、肝醤油を作って食べるカワハギの刺し身は絶品です。

しかし、カワハギの旬は、夏頃とされていることをご存知ですしょうか。

カワハギは夏に産卵するお魚なので、産卵を控えた4月~5月は良型を釣ることが出来ます。

夏のカワハギの身は、栄養を蓄えており、そんなカワハギのきれいな白身は絶品です。

カワハギの身は脂肪分が少ないあっさりとした白身で、歯ごたえがあり、非常に美味しいです。

つまりカワハギは、肝は秋、身は夏に食べると一番美味しいお魚なんです。

カワハギは煮付けに最適!

カワハギは臭みも少なく骨から身が外れやすいので食べやすく、煮物に最適なお魚です。

身の美味しい夏のカワハギは、ぜひ煮付けにしてみてください。

もちろん、秋の肝パンのカワハギを煮付けにしてもとっても美味しいです!

カワハギの肝は甘辛く煮ると、とろけるように美味しいですよ!

カワハギの煮付け

カワハギの煮付け初めて作りました。美味しかったです♪

出典:Cookpad

旦那が釣ってきたチビハゲ9匹!私も大根と煮てみました!おいし♪

出典:Cookpad

カワハギの肝で作る肝醤油が最高!

カワハギを釣ったらぜひ試してほしいのが、カワハギの肝で作る肝醤油です。

秋~冬の肝がパンパンのカワハギでぜひ試してみてください。

カワハギの刺し身を、肝を裏ごしして醤油に溶いた肝醤をにつけて食べると絶品!

カワハギの肝醤油は、お酒にぴったりの大人の味です!

ポイントは、肝醤油と絡みやすいようにカワハギの白身を薄く切ることです!

旨味と甘味が凝縮した肝醤油とカワハギの刺し身の相性は抜群ですよ!

カワハギの肝醤油

家族も絶賛!美味しかったです☆

出典:Cookpad

カワハギの捌き方!

カワハギが釣れたら、ぜひ自分で捌いて料理をしてみたいですよね!

ただ、普通の魚とは違って、少し難しそうなイメージがありませんか?

秋に釣れるカワハギは、大きいものでも全長30cm程度と小さく、捌きにくそうです・・・

そこで今回は、カワハギの簡単な捌き方をご紹介します。

まずはカワハギの胸ビレから、頭に向かって包丁を入れ、背骨を切ります。

そして頭を手で持ち、手前に向かって引き剥がします。

カワハギの頭には肝が残るので、包丁などを使いながら肝を切り離します。

このとき、小さな提灯のような苦玉を潰すと、身や肝まで苦くなってしまいます・・・

潰さないようできるだけ慎重に取り出しましょう!

カワハギのお腹の方から、膜を取り除き、血合いに切れ目を入れます。

ボールなどに水を張り、お腹の血合いを洗います。

水気をキッチンペーパーなどでよく拭き取り、皮を頭側から尾に向かって一気に引き剥がします。

カワハギと名前がつくだけあって、きれいにツルンと剥くことができるはずです。

カワハギ 手 包丁 写真

お腹から中骨に沿って包丁を入れる

出典:youtube

カワハギ 手 包丁 写真

裏面は背から中骨に沿って包丁を入れる

出典:youtube

カワハギ両面の皮剥が終わると、尾を切り落として、お腹から中骨に沿って包丁を入れて、片身をはがします。

裏返して、さらに反対側も背から中骨に沿って包丁を入れて片身を剥がします。

最後に表身と裏身それぞれに、身に沿って包丁を入れて、腹骨をすくと完成です!

これで、カワハギの三枚おろしが出来ました。

カワハギをお刺身として食べるときは、食べやすい大きさに薄く切ってくださいね!

カワハギの捌き方動画

カワハギ釣りに行く前に一度、動画で捌き方を確認しておくと、スムーズにさばけそうです!

カワハギにそっくりな毒魚もいます!

カワハギは、肝を含めて毒のない魚ですが、カワハギにそっくりで毒のある魚がいます。

ソウシハギという魚は、見た目はカワハギに似ています。

しかし超猛毒のテトロドトキシンを体内に持っている魚なので、間違って食べてしまうと命を落としてしまう危険が伴います。

釣ったカワハギを食べるときはよく確認してから食べるようにしましょう。

関連記事はこちら

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング