ヒラメ 仕掛け 写真

ヒラメの仕掛け特集!初心者が楽しめる堤防仕掛けやおすすめルアーを徹底紹介

FISHING JAPAN 編集部

ヒラメ釣りといえば、船からの横流しやライトヒラメ、ジギングなどが有名です。

本格的にヒラメを狙う釣り人にとって、最高の釣り対象魚のひとつといえるでしょう。

さまざまなアプローチが編み出されて、日本各地の釣り場で連日好釣果が記録されていますよ。

本格的なヒラメ釣りが船上で展開!

当サイトでも、ヒラメの船釣りを数多く特集してきました。

そのどれもが本格的な釣り方で、釣り人を夢中にさせる要素が満載です。

船釣りに興味が湧いてきたなら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ヒラメを落し込みで爆釣しよう!最後は根気勝負!?ベイトを食わせてから最後の一手まで気を抜かないプロのテクニックとは?

釣り人の皆さん、ヒラメの落し込みって聞いたことありますか? それは、エサが掛かるまで何度も何度も仕掛けを巻き上げては落とす行為を繰り返すという意味で生まれた呼び名です。 その…

FISHING JAPAN 編集部
ヒラメを落し込みで爆釣しよう!最後は根気勝負!?ベイトを食わせてから最後の一手まで気を抜かないプロのテクニックとは?

ヒラメの釣り方大公開!プレジャーボートから仕立船、どんな釣りでもヒラメが狙える!?泳がせ釣りからバケ釣りまでプロが徹底解説します!

皆さん、ヒラメってどうやって釣っていますか? 泳がせ釣りにノマセ釣り、バケ釣り等、いろんな釣法があるんですよ! そんなヒラメ釣りの醍醐味を徹底的にご紹介しましょう!

FISHING JAPAN 編集部
ヒラメの釣り方大公開!プレジャーボートから仕立船、どんな釣りでもヒラメが狙える!?泳がせ釣りからバケ釣りまでプロが徹底解説します!

初心者が初めてのヒラメ釣りにチャレンジするにはどうすればいいの?

ここでは、初心者の人が初めてのヒラメ釣りにトライするための、堤防・サーフでの仕掛けについてご紹介します。

「ヒラメなんて釣ったことないよぉ~、、、」

「でも釣ってみたい!見たことないけど触ってみたい!」

そういう人のために、まずはおすすめのポイントをご案内しましょう。

ヒラメ釣りのおすすめポイント

ヒラメ釣りでおすすめのポイントは、サーフ=砂浜です。

ここなら水面との高低差があまりないですから、足場の高いところが苦手な人でも、ヒラメ釣りを楽しめますよ。

餌釣りなら虫餌のイソメを使って、投げ釣りをしてみましょう。

イソメは餌屋さんで販売していますし、ヒラメの投げ釣り仕掛けも釣具屋さんで手に入ります。

ルアーをサーフで投げて、ヒラメを釣ることもできますよ。

ミノーやジグヘッド+ワームをラインに結んで、遠投しながら探ってみましょう。

ヒラメ釣るならこれですね!
コスパもよし。

出典:amazon

堤防でのヒラメ釣りに使用する仕掛けとは?

サーフで出来る投げ釣りは、実は堤防でも実践可能です。

ただし、堤防の場合は、さほど仕掛けを遠投しなくても、足元のアジが湧いているポイントの真下で、ヒラメが釣れてしまうことがあります。

そこで堤防専用の釣り方として、活きアジの泳がせ釣りをおすすめします。

アジを使ったヒラメの泳がせ釣り!必要な仕掛けは?

ヒラメの泳がせ釣りに使う活きアジは、餌屋さんでも売っていますが、できれば現場で調達したいですよね。

ですからアジング用のタックルやサビキを用意して、当日の釣り場である堤防で、アジを釣り上げてしまいましょう。

釣れた活きアジの鼻にハリをセットして、いざヒラメの泳がせ釣りのスタートです。

泳がせ釣りの仕掛けは、遠投せずに足元や10メートル沖くらいまでを探るようにしましょう。

アジの反応が竿先に出続けますが、それが大きくなったり、すっかり消えてしまったら、ヒラメが食い付いている可能性があります。

じっくり食わせて時間をかけてから、フッキングに持ち込んでくださいね。

ランディングネットで安全確実にヒラメを捕獲!

ヒラメは強烈な引きで楽しませてくれます。

仕掛けは太めのラインを使うようにしましょう。

また、捕獲用のランディングネットも必ず用意しておきたいものです。

堤防は足場が高いですから、5メートル前後の長さを持った柄を持ち込めば対応できるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング