ワーム 写真

ネコリグを極める!使い方やおすすめワーム&タックルを徹底紹介

FISHING JAPAN 編集部

ネコリグとは、村上晴彦さんが世に広めたバス釣り用リグのこと。

あまりによく釣れるので、辺り一面のバスが根こそぎ釣られてしまう!というところから、根こそぎリグ→ネコリグと呼ばれるようになったようです。

ここでは、ネコリグを極めるための使い方やおすすめワーム&タックルをご紹介しましょう。

ネコリグに適したワームとは?

ネコリグには、さまざまなワームを活用します。

例えば、ストレートワーム。

その一端にネイルシンカーを刺して、重みを持たせます。

そのまま水中へ放り込めば、ネイルシンカーが挿入されている側を下にして、底へ一直線で向かうことになります。

ネコリグのアクション

底に到達すると、まるで逆立ちしたかのように、ワームがその場で突っ立ちます。

そのとき、フックをワームの中心部にセットしておけば、トントンと底を一端で叩きながらの立ち泳ぎを演出できるわけです。

フックがワームを中心部で引っ張りますから、ややくの字になって立ち泳ぎし、引っ張るのを止めれば、その位置で着底してくの字を元の真っ直ぐフォルムへ戻すのです。

バスに一瞬で吸い込まれるネコリグ

ワームの一連の動きが生命感を溢れさせ、細長い生き物がそこにいるかのような感覚を、バスにもたらすのでしょう。

捕食本能を刺激されたバスは、迷うことなくネコリグに突進し、口の中へ吸い込んでしまいます。

それをフッキングに持ち込めば、狙い通りのバスをゲットできることになります。

カバーに強いネコリグ

ネコリグは、フックの先をワームの中に埋めることができますから、カバーに引っ掛かって根掛かりすることを抑えられます。

ということは、バスの居場所をアグレッシブに攻めることができるわけで、初心者の人にもおすすめのリグといえるのです。

ネコリグにおすすめのタックルとは?

ネコリグを操るのにおすすめのタックルは、ベイトフィネスタックルでしょう。

ベイトリールを使うことで、スピニングリールよりも太いラインを利用できます。

食い付いたバスが、カバーの中に逃げ込んだとしても、余裕を持って引きずり出せるでしょう。

10~12ポンドのフロロカーボンラインを巻いたベイトリールと、ベイトフィネスロッドでアプローチしてください。

ネコリグにおすすめのワームとは?

ネコリグにおすすめのワームをピックアップしてみました。

全体的に細長いタイプになっていますが、流行りのギルに似せたフラットタイプでも、ネコリグで活用できますよ。

しっかり底を取れるセッティングになるように、フックとネイルシンカーを選ぶようにしましょう。

最強ワームはどれか?は、自分で使ってみて判断するしかありません。

あまりにもカンタンに身切れしてしまうような素材の軟らか過ぎるワームは、やはり評価が低くなるでしょう。

シンプルに扱えるものほど、実際の釣りでもメリットは大きくなります。

やっぱり釣れますね、シザーコーム。
サイズイロイロ試しましたけどドレも釣れる。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング