ブルフラットのアップ写真

ブルフラットでビッグバスを狙おう!おすすめリグや使い方を徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

デプスのバス釣り用ワーム・ブルフラットの人気が静まりそうにありません。

扁平フラットなデザインは、ブルーギルにそっくり。

でもそれだけでバスが狂喜するはずはありません。

ブルフラットを実際に使ってみたインプレや使い方も含め、詳しくご紹介しましょう。

ブルフラットとは

ブルフラットは、バス釣り用に作られたワームです。

じゃばら状に造形されたテールは、わずかな水流でもしっかりとつかんで、独特の生命感を溢れさせてくれます。

側面から細く突き出たアームも、背びれや尻びれを彷彿とさせる微振動アクションを繰り出してくれますよ。

このワーム発売以降、さまざまなアングラーが愛用していて、特にユーチューブに釣果アップされるケースが増えていますね。

さまざまなメディアで圧倒的な釣果を生み出していることが、人気のベースを構築しているようです。

ボディ全体に刻まれた多数のリブが、水をしっかりつかんで波動を起こしますから、生命感がリアルに再現できているのかもしれませんね。

ブルフラットの設定サイズ

ブルフラットの製品設定サイズは、5種類です。

最も大きいものから、5.8インチ・4.8インチ・3.8インチ・3インチ・2インチが用意されています。

なんと5.8インチは、重さが1.6オンス=約44.8グラムもあるんですよ。

このボリューム感は、もう巨大ブルーギルそのものですから、ギルを狙っているビッグバスには格好の捕食対象となるでしょう。

「えっ?こんな平べったい体高のあるものを、本当にバスが好んで食べるの?」

確かにこれほど体高があれば、バスのノドを通らない可能性も出てきますね。

バスにはブルーギルを噛み砕くほどの鋭い歯は生えていませんから、頭の先から徐々に飲み込んでいく他は食べる方法がありません。

時間はかかっても、ブルーギルを少しずつ飲み込んでいるバスを見かけたことがあります。

なんと、口からブルーギルの尾ヒレが飛び出したままになっていて、それでもルアーにバイトしてくるという食欲旺盛なところを見せてくれました。

飲み込みやすさでいえば、2インチサイズを使えば食い付きは向上するはずです。

ブルフラットのラインナップの中では最小サイズなので、大いに期待できますよね。

2インチサイズを使って、バス釣りのオカッパリを楽しんでいる動画を見つけました。

さまざまな釣りのヒントが隠されているので、ぜひ参考に見てください。

ブルフラットの2インチサイズを使って爆釣している動画はこちら

動画ではスピニングタックルを使って、ブルフラットの2インチサイズを流れ込みや岸際のカバー周りに落とし込んでいました。

バスが寄り付く場所ではあるのですが、放り込めば釣れている状態でしたね。

これは、その場に集まっているバスの口に入りやすいサイズだったからかもしれませんし、実際に捕食しているベイトフィッシュの大きさに酷似していたからかもしれません。

試しにバスのお腹の中を調べてみると、捕食していたベイトフィッシュのサイズを知ることができます。

専用のスポイトや吸引器が、フライフィッシングのショップなどで販売されていますから、1つ購入して釣り場に持参しておくと、ワームのサイズ決めに役立ちますよ。

「バス釣りでそこまでやってる人なんているの?」という声が聞こえてきそうですが、渓流魚やフライフィッシングならやるのに、バス釣りだからと実践しない手はありません。

ブルフラットのようにサイズラインナップが豊富なアイテムを使う際には、バスが固執して食べているベイトフィッシュのサイズに合わせることができるのですから、それを活用したほうがもっと釣れるはずです。

小まめなデータ取りをすることも、バス釣り上達のために必要な行程ですから、ぜひ実践してみてくださいね。

ブルフラットの重さに注目

ブルフラットの重さが結構あるのは、含まれている塩の量が多いことに起因しています。

重くなれば、それだけ遠くへキャストすることができますし、水中での倒れ込みや水押しも強くしっかりしたものになるでしょう。

当然バスは、ブルフラットの気配に気づきやすくなり、バイトしてくる確率が上がるわけです。

また塩を含んでいない、ノンソルトマテリアルのブルフラットもラインナップされていますので、塩入りタイプとうまく使い分けてみましょう。

ちなみにノンソルトタイプは比重が低くなるので、キャスト時の距離が塩入りタイプよりも落ちてしまいます。

その辺を考慮しながら、シンカーと絡めたリグで使ってみるのがいいかもしれませんね。

フリーリグを選択すれば、シンカーが先にボトムに着いてから、ブルフラットがひらひらと舞い降りてくる感じを演出できるでしょう。

ブルフラットはらせん状に弧を描きながらフォールする!

バスが、水中のブルフラットに気づく要因がもうひとつあります。

それは、フリーフォールさせたときのアクション。

なんとブルフラットは、らせん状に弧を描きながら、ボトムに向かってフォールしていくのです。

実はブルーギルもパニックになったとき、弧を描くように泳ぎ去ることがありますから、その姿と重なってバスが強い興味を持つのかもしれませんね。

さまざまなフラット系ワームがありますが使ってみた実感として、ブルフラットほど上手くらせん状フォールするものは見当たりません。

ラインもらせん状に回ってしまうので、糸ヨレを時おり直しながらフォールさせましょう。

ボトムに着いたブルフラットを引き上げようとしたら、ロッドが大きく曲がるシーンがありましたから、らせん状フォールを追いかけて着底と同時に食い付いていたのかもしれませんね。

ブルフラットの使い方

実際にブルフラットを実釣で試してみたインプレをご紹介しましょう。

テキサスリグに各サイズを組んでみましたが、最大サイズの5.8インチは、ノーシンカーリグのほうがナチュラルにフォールしていくと感じました。

ワーム自体の重さを利用して、キャストの際の飛距離も伸ばすことができます。

リグにセットしてみたとき、テキサスリグよりも流行りのフリーリグのほうが、バスのバイトをフッキングに持ち込みやすかった印象です。

またフットボールラバージグのトレーラーにブルフラットを利用した場合も、好釣果に恵まれました。

やはりフラットな面で団扇のように水を押すような使い方が、効果的なのでしょう。

オフセットフックのフックポイントを尾ヒレの付け根辺りから刺して、通常と逆向きにセットすると、着水後スライドフォールしてくれます。

結構長い距離をナナメ前方に向かってスライドしてくれるので、濃いカバーやオーバーハングの奥の攻略に重宝するでしょう。

サイドハンドキャストすればスキッピングもやりやすいので、あらゆるカバー周りの先鋒として使ってみることをおすすめします。

ノンソルトのマテリアルタイプならフォールスピードを遅めにできるので、バスの誘い方に変化をつけることも可能です。

なかなか入手しづらいブルフラット

ブルフラットは、大人気でなかなか入手しづらい製品になっています。

通販サイトを見ても、定価より若干高めになって売られているいるケースが多々見受けられますね。

よく釣れる!という評価が人気集中を引き起こし、レアモノとして扱われる要因を作っているようです。

これからもしばらくは入手困難な状況が続くかもしれませんが、高額な転売には手を出さずに正規販売品を見つけるようにしましょう。

デプス ブルフラット3” 12グリーンパンプキン

デプス ブルフラット3” 12グリーンパンプキン

参考価格:¥1,500

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

deps(デプス) ブルフラット 3インチ #07 ブラック・ブルーフレーク

deps(デプス) ブルフラット 3インチ #07 ブラック・ブルーフレーク

参考価格:¥1,260

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

deps(デプス) ワーム ブルフラット 3.8インチ #115 グリーンパンプキン/パープル&グリーンフレーク

deps(デプス) ワーム ブルフラット 3.8インチ #115 グリーンパンプキン/パープル&グリーンフレーク

参考価格:¥880

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

deps(デプス) ワーム ブルフラット 3インチ #64 ブルーギル

deps(デプス) ワーム ブルフラット 3インチ #64 ブルーギル

参考価格:¥1,550

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

さまざまなカラーやサイズなどが用意されているブルフラット、今後も種類は増やされるかもしれません。

ユーザーからの要望がメーカーに届けば、具体的なカタチとなって店頭に並ぶというシステムは、とても理想的な展開といえるでしょう。

釣れるから使う!使うから次が欲しい!という流れが続くことは、メーカーにとってもありがたいことですから、どんどん要望を届けるようにしてください。

ブルフラットを使ってビッグバスを釣り上げよう!

デプスのブルフラットを特集しましたが、いかがでしたか?

バス釣りメーカー各社から、フラット系ワームがこぞってリリースされるようになってきました。

どれでも釣れるか?というと、実際のところかなり差があるのではないでしょうか。

そういう事実は、釣りで使っているユーザーが強く肌で感じていることでもありますから、コンセプトコピーのモノマネ製品では、本家ブルフラットに太刀打ちできません。

ホンモノ志向がバスアングラーの中に脈々と生き続けている限り、ブルフラット人気は当面維持されるものとみていいでしょう。

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング