ワーム 写真

ブルフラットでビッグバスを狙おう!おすすめリグや使い方を徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

デプスのブルフラット人気が静まりそうにありません。

扁平なデザインは、ブルーギルそっくり。

でもそれだけでバスが狂喜するはずはありません。

ブルフラットを実際に使ってみたインプレや使い方も含め、詳しくご紹介しましょう。

ブルフラットとは?

ブルフラットは、バス釣り用のワームです。

じゃばら状に造形されたテールは、わずかな水流でもしっかりとつかんで、独特の生命感を溢れさせてくれます。

細く突き出たアームも、背びれや尻びれを彷彿とさせる微振動アクションを繰り出してくれますよ。

発売以降、さまざまなアングラーが愛用していて、特にユーチューブにアップされるケースが増えていますね。

そこで圧倒的な釣果を生み出していることが、人気のベースを構築しているようですよ。

ブルフラットの設定サイズ

ブルフラットの設定サイズは、5種類。

最も大きいものから、5.8インチ・4.8インチ・3.8インチ・3インチ・2インチが用意されています。

なんと5.8インチは自重が1.6オンス=約44.8グラムもあります。

これはもう巨ギルそのものですから、そういうサイズを狙っているビッグバスには格好の捕食対象となるでしょう。

ブルフラットが重い理由

ブルフラットが重い理由は、含まれている塩の量が多いことに起因しています。

重くなれば、それだけ遠くへキャストすることができますし、水中での倒れ込みや水押しも強くしっかりしたものになるでしょう。

当然バスは、ブルフラットの気配に気づきやすくなり、バイトしてくる確率が上がるわけです。

らせん状に弧を描きながらフォールする!

バスがブルフラットに気づく要因がもうひとつ。

それは、フリーフォールさせたときのアクションにあります。

なんと、らせん状に弧を描きながらフォールしていくのです。

実はブルーギルもパニックになったとき、弧を描くように泳ぎ去ることがありますから、その姿と重ねてバスが興味を持つのかもしれませんね。

ブルフラットの使い方

実際にブルフラットを試してみたインプレです。

テキサスリグに各サイズを組んでみましたが、最大サイズの5.8インチは、ノーシンカーリグのほうがナチュラルにフォールしていくと感じましたよ。

それからテキサスリグよりも、流行りのフリーリグのほうが、バスのバイトをフッキングに持ち込みやすかったですね。

フットボールラバージグのトレーラーにブルフラットを利用した場合も、好釣果に恵まれました。

やはりフラットな面で団扇のように水を叩くような使い方が、効果的だという印象です。

なかなか入手しづらいブルフラット

ブルフラットは、なかなか入手しづらい製品になっています。

通販サイトを見ても、定価より若干高めになっているケースが多々見受けられますね。

よく釣れる!という評価が人気集中を引き起こし、レアモノとして扱われる原因を作っているようです。

これからもしばらくは、入手困難な状況が続くでしょう。

良く釣れますね。
正規に買えれば良いんですが人気商品はしかたないですね。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング