穴釣り 写真

穴釣りって何?魅力満載の仕掛けの作り方など一挙大公開!

FISHING JAPAN 編集部

アングラーの皆さんは穴釣りをしたことはありますか?

穴釣りのイメージは、エギングやサビキ釣りなどに比べると少しマイナーで地味な印象を受ける人が多いのではないでしょうか?

今回は、そんな穴釣りについて、気になる魅力や楽しみ方をご紹介していきたいと思います!

穴釣りって何?

穴釣りは、メバルやカサゴ、ソイ類などのロックフィッシュをターゲットにした釣りです。

ロックフィッシュを狙うのなら、夜釣りのイメージがあるかもしれませんが、実は穴釣りなら日中でも十分に狙うことができます。

また、1年を通して楽しむことができ、簡単に始められるので、釣り初心者にもとてもオススメな釣りと言われています。

穴釣りと言っても、氷の上に穴を開けて釣るわけではありません。

狙うのは、テトラポットや堤防の隙間です。

テトラポットや堤防の隙間には、様々なロックフィッシュが潜んでいますよ!

人気ユーチューバーも穴釣りにハマる方多いようです!

穴釣りはどんなタックルが良いの?

穴釣りは基本的にどのようなタックルでも楽しめます。

これから釣りを穴釣りを始めようと、タックルの購入を予定している方には、頑丈で短めな先調子のロッドがオススメです!

しかし、だいたいどのようなロッドでも楽しめるので、短めのロッドがあれば、改めてロッドを購入する必要はありませんよ。

30cm程度の大物サイズのカサゴなどが釣れることもあるので、穴釣りに最適な穴を探しながら仕掛けを落とせるような、頑丈かつ短めの長さのロッドが理想的です!

リールは、スピニングリールとベイトリールのどちらでも問題ありません。

ベイトリールなら仕掛けを落とす深さを簡単に操作できるので、使い勝手は良いかも知れないですね。

穴釣りの仕掛け、ワーム、餌について

穴釣りは、餌でもワームでも釣れますが、やはり餌の方がよく釣れるように感じます。

ワームを使用する時は、メバルなどのロックフィッシュ用ワームを使うようにしましょう。

また、餌を使用する時は、エビやサバの切り身やイカでももちろんOKですが、ミミズやカニでも釣れますよ。

餌のサイズが大きいと感じるものは小さめに切って、針に付けましょう!

特に、その穴釣りスポットの周辺にいるカニなどは、ターゲットのロックフィッシュが普段から食べている餌なので、より食いつきがいいです!

現地調達しても良いですね。

その他の活き餌として、釣具屋さんで購入できるミミズやイソメもオススメです。

やはり活き餌の方が圧倒的に食いが良いですが、もっと穴釣りを手軽に楽しみたい人には、スーパーやコンビニなどに売っている魚肉ソーセージでも釣ることが出来るそうです!

オススメ商品の最安値をチェック

メジャークラフト ルアー ワーム パラワーム フォール イカ #38 グローホワイト PW-IKA

メジャークラフト ルアー ワーム パラワーム フォール イカ #38 グローホワイト PW-IKA

最安値価格
¥395(楽天市場)

Amazonへ ¥432

楽天市場へ ¥395

Yahoo!へ ¥397

小エビソフトワーム 夜光シュリンプワーム ソフトルアー ルアー 海老 ワーム 1.5ー3cm 100個入り  釣りを楽しむに!

小エビソフトワーム 夜光シュリンプワーム ソフトルアー ルアー 海老 ワーム 1.5ー3cm 100個入り 釣りを楽しむに!

最安値価格
¥408(amazon)

Amazonへ ¥408

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

穴釣りの仕掛けの定番はブラクリ!

穴釣りをするひとの多くは、ブラクリという仕掛けを使っており、特に3~4号が使いやすいサイズになっているので、要チェックです。

穴釣りをしているアングラーの界隈では、ブラクリの支持率はピカイチなので、ぜひ一度は試してみてくださいね!

イチオシのブラクリはこちら

タカミヤ(TAKAMIYA) H.B concept 大漁ブラクリ 4号

タカミヤ(TAKAMIYA) H.B concept 大漁ブラクリ 4号

最安値価格
¥270(楽天市場)

Amazonへ ¥313

楽天市場へ ¥270

Yahoo!へ ¥270

穴釣りの仕掛けの作り方

穴釣りをしているとやはり悩みの種は根掛かりですよね、、、

さらに、そのたびに仕掛けを使っているとコスパも悪いですし、最悪の場合まだ釣りたいのに仕掛けがなくなったから強制終了なんてもったいなさすぎる展開になることも考えられます。

そんな時には、仕掛けを自作で作ってみるのはいかがでしょうか?

コスパも良く、その分長く穴釣りを楽しめて、結果大物が釣れたり釣果アップが見込めるかも。

難しいと思われがちな穴釣りの仕掛けの作り方ですが、この動画を観ながらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

穴釣りには危険もあるの注意が必要

ここで注意点です!

実は穴釣りの絶好スポットであるテトラポットの上は、非常に危険です。

テトラポットの隙間に一旦落ちてしまうと、そこから出るのは非常に難しく、1人は出れることは、まずないと考えましょう。

また、落ちたところに波が来てしまうと、どんどんと波に引きづりこまれてしまうことがあるそうです。

穴釣りは、お子さんや初心者の方も楽しめる簡単な釣りですが、テトラポットの上など少しでも危険と思われる場所には十分に注意してくださいね。

また、波が高い時は、テトラポットに波が押し寄せるので、大人の方でも登っての穴釣りをするのは、大変危険なので近づくのはやめましょう。

安全に楽しく穴釣りを楽しんでくださいね!

初心者から挑戦しやすい穴釣りを楽しもう

穴釣りでは、カサゴやメバルの他に、アイナメやアジ等が釣れることもあります。

どの魚も美味しくて調理もしやすい魚ですね!

また、ロックフィッシュはタフな魚なので、元気なうちにリリースすれば命を落としてしまうことも少ないです。

穴釣りをしているときに小さな魚が釣れたら、素早くリリースしてあげてください。

初心者から上級者まで虜にする穴釣りはいかがでしたか?

ぜひ一度、挑戦してみてください!

穴釣りに関する記事はコチラ!

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

DAILYランキング