ワームのアップ写真

アジングワーム【ピーカーブー】の実釣インプレ特集!使い方はどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

アジの接岸に合わせて、夜釣りでアジングゲームを楽しむ人が増えています。

さまざまなワームをジグヘッドに装着して操るのですが、とても個性的な存在感+アクションを期待できるのが、ティクトから発売中のワーム・ピーカーブー。

いったいどんな特徴が盛り込まれていて、使い方はどうすればいいのか、実釣インプレを絡めながらご紹介しましょう。

ピーカーブーとは

ピーカーブーとは、ティクトからリリースされている、アジングゲーム用のワームのことです。

サイズは、2.2inchの1種類のみラインナップされています。

パッケージから出して、手のひらに乗せてみると、ボディにリブが刻まれているのが分かります。

比較的深めのリブなので、水中ではしっかりと水をつかみ、リトリーブ時の引き抵抗を生み出してくれます。

そのボディから、まるでマルイカの触手のようなツインカーリーテールが、後方へ向けて伸びています。

ワーム素材なので柔らかく、お互いが干渉しにくいように、きっちりと隙間が空けられているのが特徴的です。

外向きに弧を描いたようなカーリーテールなので、水流に弾かれて震えるアクションになります。

それで不定期に波打つ感じで、とても生命感溢れるアピールを繰り出してくれます。

重めのジグヘッドをピーカーブーに装着すると、飛距離は伸びて着水即フォールしていきます。

結構スピーディーなフォールで、ツインカーリーテールは、素早くピリピリとアクションします。

こういう刺激に反応しやすいのが、ボトム付近に溜まっているアジの群れ。

人的プレッシャーが掛かってボトム付近に集まっているケースが多いのですが、そういう神経質な状態のアジでも、リアクションで食い付いてくれます。

まるで重めのスモラバのような使い方ができるので、タフコンディションでバイトが遠退いているときなどに有効でしょう。

1gを切る軽めのジグヘッドをピーカーブーに装着すると、着水した瞬間から水中をスローに漂い始めます。

ツインカーリーテールは、ゆったりとアクション。

水流に乗って漂うかのような、ナチュラルなアクションをキープすることができます。

まさに動物性プランクトンそのもので、捕食モードのアジを効率よくバイトに持ち込めるでしょう。

ただし、アジだけがバイトしてくるのではありません。

サスペンドしているメバルが、一気に間を詰めてきて飲み込むケースが起こり得ます。

セイゴクラスのサイズのシーバスも、こういう動物性プランクトンに似たアクションに滅法弱く、ひんぱんにバイトしてきます。

アジングタックルを手にしているので、強引に掛かった魚を引き寄せようとせず、弱るまでじゅうぶん時間をかけてください。

漁港内の各ポイントで活躍してくれるピーカーブーのジグ単!

ピーカーブーの使い方として、釣り場選びが重要となります。

おすすめは、常夜灯が配置されている漁港内でしょうか。

動物性プランクトンが、常夜灯の下に集まりやすく、それを捕食するためにアジの群れが寄ってきます。

ジグ単にセットするのですが、ジグヘッドの重さは、できるだけ軽いものにしましょう。

そのほうがキャストして着水してから、ふわふわと水中に漂わせることができます。

着底させるつもりなら、ジグヘッドは重いほうがいいのですが、常夜灯の下なら軽めのほうが、アジのタナに合うのではないでしょうか。

音をよく聞きながらピーカーブーのフロートリグで沖合いを探ろう!

ピーカーブーの使い方として、沖合いの潮目周りを叩くアプローチが有効です。

ただし、夜釣りでは潮目の位置が確認しづらいので、ピチャピチャとライズする音を頼りに、ロングキャストを敢行してください。

その際ジグ単のままでは、飛距離を稼ぐことはできません。

ジグ単にリーダーを結び、フロートリグにしてロングキャストを実践しましょう。

着水したらスローリトリーブで表層を泳がせて、バイトを待ちます。

一切止めずにただ巻きリトリーブをおこなうほうが、バイトは得られる気がします。

ピーカーブーのジグ単を操るのにおすすめのスピニングロッドを選んでみた!

ピーカーブーのジグ単を操作するのに適している、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

ティクト(TICT) SRAM UTR [スラム アルティメットチューン] UTR-61FS-T2

ティクト(TICT) SRAM UTR [スラム アルティメットチューン] UTR-61FS-T2

最安値価格
¥52,000(Yahoo!)

Amazonへ ¥54,450

楽天市場へ ¥54,450

Yahoo!へ ¥52,000

ティクトからリリースされているアジングゲーム用スピニングロッド・SRAMのUTRシリーズの中から、UTR-61FS-T2を選んでみました。

全長は、約1.86mと、扱いやすい長さのブランクスに設計されています。

1ピース仕様で、ウエイトは47gです。

カーボンソリッドティップで、ブランクスの先径:は0.6mm、元径は6.8mm。

ガイドには、トップガイド以外はトルザイトリングT2を搭載しています。

適合するルアーウェイトは、最大で2gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら0.8lbから2.5lbまでです。

実際に手に取ってみると、とても軽くて操作性の高いアジングゲーム用スピニングロッドに仕上がっていると感じました。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

ピーカーブーを使いこなして尺アジを釣り上げよう!

ピーカーブーの特徴や使い方・実釣インプレや、おすすめのスピニングロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

アジが丸飲みしてくれるので、ラインテンションに変化が表れたら、フッキング動作へ移りましょう。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング