ルアーのアップ写真

ビッグベイトでシーバスを釣りたい!使い方やおすすめロッド&リール特集

FISHING JAPAN 編集部

全長で何cmを超えると、ビッグベイトと呼ばれるか、確かな定義みたいなものはありません。

目安として、13cmから15cm程度を超えた、見た目大きなジョイント構造のルアーを、ビックベイトと呼ぶことにしましょう。

都市部近郊を流れる河川の支流や水路などで、カバーや人工ストラクチャーの多いエリアのシーバス攻略に効果的です。

そういう一面に絞り込んで、ビッグベイトの使い方やおすすめのアイテム、使いこなすのに適しているロッド&リールをご紹介しましょう。

ビッグベイトの使い方をマスターしたい!

ビッグベイトとは、大きくて長く、しっかりとウエイトのあるルアーのことです。

トラウトのトローリングゲームで使われていたものを、バス釣りのキャスティングゲームに転用したのがきっかけで、多くのアングラーが自分の釣りスタイルで試すようになりました。

当然シーバスをターゲットにして、ビッグベイトをキャストするケースも発生したのですが、初めのころは使い方が定まらず、かなり試行錯誤がおこなわれたと記憶しています。

ビッグベイトはサイズがビッグなので、シーバスの捕食対象でビッグな、コノシロに注目が集まります。

例えば、東京湾内のシーバスガイド船。

このボートデッキ上から、コノシロの群れ周辺で発生するボイルにビッグベイトを投入すると、いともカンタンにフッキングに持ち込むことができたのです。

ああ、これがビックベイトシーバスの正解かっ!と、誰もが歓喜しました。

ただし、コノシロの群れが東京湾にはっきりと現れるのが、秋から冬にかけて。

この時期にしか使えないパターンなのか?という疑問が、明確に残ってしまったのです。

そして現在、ビッグベイトは通年使えるルアーとして、脚光を浴びるようになってきました。

コノシロのいない時期・場所でも、しっかりと釣果を引き出せます。

そのひとつとして、都市部近郊を流れる河川の支流や水路でのビッグベイトの使い方をご紹介しましょう。

まずは、おすすめのビッグベイトをひとつ。

エレメンツブランドから発売中のダヴィンチ190です。

全長19cmと大きい割りには、ウエイトは56gとキャストしやすく作られています。

ジョイント構造が斜めカットで、独特の水流受けと受け流しを得意としたビッグベイトです。

フローティング仕様なので、板オモリを手持ちしておけば、沈み込み状態を現場で切り換えることができます。

エレメンツ ダヴィンチ190 SW #EGG

エレメンツ ダヴィンチ190 SW #EGG

最安値価格
¥6,380(amazon)

Amazonへ ¥6,380

ビッグベイトを威嚇攻撃の対象に見立ててアクションさせよう!

ビッグベイトを都市部近郊を流れる河川の支流や水路で使うとき、そこに存在するカバーや人工のストラクチャーを利用します。

例えば、排水溝や水門・堰など。

そういうポイントに、大きなサイズのシーバスが、自らのテリトリーとして潜んでいるからです。

都市部近郊という環境から、あまり大きなベイトフィッシュは泳いでいません。

居るのは、ハクやイナッコといった、マイクロベイトです。

「えっ、マイクロベイトパターンなら、ルアーを極小にしなきゃシーバスは食わないんじゃないの?」

それは、エサ釣りの発想です。

ルアー釣りの考え方なら、マイクロベイトを捕食している魚を投入する!という切り口でいいのではないでしょうか。

その役割をビッグベイトに任せれば、自分のテリトリー内のマイクロベイトを奪いに、魚が侵入してきた!とシーバスは判断するに違いありません。

そうです、ビックベイトに威嚇攻撃をさせればいいのです。

そのためのボリューム感、そのための泳ぎっぷり、そのための強い水押しが、ビッグベイトには備わっているのです。

前述のエレメンツ・ダヴィンチ190は、シーバスに威嚇攻撃されやすい要素満載で、まさに浮かせておくだけでも排水管の中から、シーバスが飛び掛かってくるはず。

ぜひキャストして、試してみてください。

シーバスに効果的なおすすめビッグベイト・ジョインテッドクローシリーズ!

ビッグベイトをシーバスに威嚇攻撃させるのに適した、おすすめのアイテムをもうひとつご紹介しましょう。

ガンクラフトから発売中の、ジョインテッドクローシリーズです。

豊富なラインナップの中には、20cmをはるかに超えるサイズも用意されています。

フローティング仕様を選択できるので、カバーや人工ストラクチャー周りで浮かせて誘うことも可能です。

できるだけボリュームのあるものを選択すれば、シーバスの威嚇攻撃が激しくなるはず。

キャストすると、大きな着水音と波が発生しますから、それらが収まってからゆっくり動かしてみましょう。

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー ジョインテッドクロー 128 F #23 朧月光鮎

GAN CRAFT(ガンクラフト) ルアー ジョインテッドクロー 128 F #23 朧月光鮎

最安値価格
¥3,273(楽天市場)

Amazonへ ¥3,569

楽天市場へ ¥3,273

Yahoo!へ ¥3,273

ビッグベイトを操るのにおすすめのロッド&リールを選んでみた!

ビッグベイトをキャストして操るのに適している、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう。

ロッドは、重いビッグベイトを背負えるパワーを持った、太いベイトロッドがマッチします。

リールは、太いラインを大量に巻けるベイトリールがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) フリースタイルロッド 23 ディスラプション BIG BAIT C610-XX

シマノ(SHIMANO) フリースタイルロッド 23 ディスラプション BIG BAIT C610-XX

最安値価格
¥56,045(Yahoo!)

Amazonへ ¥56,200

楽天市場へ ¥56,754

Yahoo!へ ¥56,045

シマノからリリースされているビッグベイト用ベイトロッド・ディスラプションシリーズのラインナップから、C610-XXを選んでみました。

全長は2.08mと、狭い場所でも取り回ししやすい長さに設計されています。

2ピース仕様ですが、グリップジョイント方式を採っているので、仕舞寸法は171.9cmと長めです。

ウエイトは160gで、ブランクスの先径は2.2mm。

適合するルアーウェイトは、18gから72gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大25lbまでです。

グリップの長さは313mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、89.1%になっています。

実際に手に取ってみると、とても張りのあるブランクスに仕上がっているという印象を受けました。

キャストフィールはバッチリで、狙ったピンポイントへビッグベイトを送り込みやすいでしょう。

もっと重いビッグベイトを操りたいときは、このディスラプションシリーズにもっと硬いアイテムが用意されています。

気になる人は、そちら=ディスラプションC78-XXXXもチェックしてみましょう。

実売価格は5万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 カルカッタコンクエスト MD 300XG (右ハンドル) ルアーキャスティング

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 カルカッタコンクエスト MD 300XG (右ハンドル) ルアーキャスティング

最安値価格
¥48,900(楽天市場)

Amazonへ ¥49,307

楽天市場へ ¥48,900

シマノからリリースされている丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストMDシリーズのラインナップから、300番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は7.5対1なので、ハンドル1巻きにつき101cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は8.0kgで、ハンドルの長さは45mm。

ウエイトは335gで、スプール寸法は直径/幅が43/22mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを135m、PEラインなら6号を120m巻けます。

ボールベアリングは、11個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても剛性感があって、クラッチの切れはスムーズ。

スプール回転は滑らかそのもので、ハンドルの巻き心地も軽快です。

2つのブレーキによって制動がかかりますから、バックラッシュトラブルを恐れずに、キャストを繰り出せます。

実売価格は4万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

ビッグベイトを駆使してカバーやストラクチャーに潜むシーバスを釣り上げよう!

ビッグベイトの特徴や使い方、シーバスゲーム用のおすすめロッド&リールを取り上げましたが、いかがでしたか?

かなり体格のあるシーバスが、尾ヒレから真っ直ぐに排水管に収まっていることがあり、こんな場所で80cmクラスは食ってこないだろう!などと判断しないほうがいいでしょう。

ビッグベイトのシーバスを引き付けるチカラは、アングラーが想像するより強烈だと考えてください。

シーバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング