ワームのアップ写真

ブレーバーⅡは2024年新発売のストレートワーム!ボディバランスやアクションをリメイク

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用のストレートワームとして、アングラーから支持を受けているボトムアップのブレーバーが、2024年リメイクされます。

その名は、ブレーバーⅡ。

どんなところに手が加えられたのか、詳しくチェックしてみましょう。

ブレーバーⅡとは

ブレーバーⅡとは、2024年ボトムアップからリリースされる、バス釣り用のストレートワームのことです。

既存モデルとして、ブレーバーが先に発売されていましたが、そのリメイクバージョンとして新登場します。

全長は、5.4inch=13.716cmですから、水中でよく目立ち、バスを広範囲から集めてくれるようになっています。

ブレーバーⅡの特徴としてまず挙げられるのが、ディープリブ化です。

全身に刻まれているリブが、深くなっているので、水をしっかりとつかんで水押し効果が強化されています。

また深く刻まれたことで柔軟性が増し、フォール中に独特な身震いを発生。

サスペンドしているニュートラルテンションのバスに対して、しっかりとアピールできます。

ロッドワークにレスポンスよく反応するので、ラインテンションを張る程度の繊細な誘いが可能になっています。

艶めかしい生命感が宿り、身をくねらせながらバスを誘えるわけです。

ブレーバーⅡをトップとサイドから見ると、ハチマキ部分のデザインが異なるように作られています。

トップ=上下方向から見ると深いリブが入っていて、ハチマキの無い一体感のクロールアクションにつながっていきます。

サイド=左右方向から見るとリブが刻まれていないので、肉厚が確保できています。

例えば、ネコリグでマスバリをセットするのに、目安となりやすく、針持ちも向上するハチマキがそこに存在しています。

フックをセットする位置を判別しやすいブレーバーⅡ!

ブレーバーⅡには、センターラインとワッキー掛けする位置に、シボ加工が施されています。

正確なフックセットをカンタンにおこなうためのセンターラインによって、スナッグレスネコリグに対応しやすくなっています。

ノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキーでベストなアクションを生むフックセット位置は、リブが太くなっていて、シボ加工が施されています。

ワームを取り出してひと目見るだけで、位置を特定できるのはありがたいです。

素早くフックをセットして、キャストを繰り出してみましょう。

ブレーバーⅡは、2WAY仕様になっています。

シャッドテールをカットすれば、ストレートワームタイプとして使えます。

使いたいワームリグやフィールドのコンディションによって、好みの使い方ができるわけです。

合計10種類のカラーバリエーションからシチュエーションにマッチしたものを選ぼう!

ブレーバーⅡには、全部で10種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ダークシナモンブルー&ペッパーカラー

●グリーンパンプキンペッパーカラー

●ダークグリパンネオンフレークカラー

●ライトパンプキンマジックカラー

●ウィードギルカラー

●グリパンチャートカラー

●BUミミズカラー

●スモーキークローダッドカラー

●KUWASEカラー

●生ワカサギカラー

ナチュラルな保護色系のカラーが豊富に揃っていて、ベイトフィッシュにも見えますし、エビにも虫にも見えます。

濁り水質に対応できる配色も用意されているので、さまざまなシチュエーションで使ってみましょう。

ブレーバーⅡを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

ブレーバーⅡをネコリグやジグヘッドワッキーリグなどにセットして操るのに適している、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、しなやかで適度な張りのある、スピニングロッドがマッチします。

リールは、2500番サイズのスピニングリールなら、ライトラインを豊富に巻いて対応できるでしょう。

0.6号程度にPEラインに、2号前後のショックリーダーラインをつないで、ワームリグを結んでみてください。

とても繊細なアタリでも、しっかり手元に伝わってくるはずです。

モノフィラメントラインなら、比重の高いフロロカーボンラインの4lb前後がおすすめ。

しっかりと水中にラインを沈めて、微細なアタリをとらえるようにしましょう。

ロッドワークによるアクションを加えるのも、フロロカーボンラインならカンタンにおこなえるでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド スピニング ホーネットスティンガープラス HSPS-652ML-PS MGS バス釣り 釣り竿 スピニングロッド 2ピース

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド スピニング ホーネットスティンガープラス HSPS-652ML-PS MGS バス釣り 釣り竿 スピニングロッド 2ピース

Amazonへ 売り切れ

アブガルシアブランドからリリースされているバス釣り用スピニングロッド・ホーネットスティンガープラスシリーズのラインナップから、HSPS-652ML-PS MGSを選んでみました。

2ピース仕様で、全長は1.96mですから、仕舞寸法は101.1cmにまで縮まります。

とても操作性の高いスペックなので、さまざまなフィールドへ持ち出して使えるでしょう。

ウエイトは103gと、軽いブランクスに仕上がっています。

ブランクスの先径/元径は、1.5/8.7mmと細め。

適合するルアーウエイトは、1/16ozから5/16ozまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから12lbまで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.0%に設計されています。

実際に手に取って継いでみると、とても張りがあるものの、負荷に対してはしなやかに曲がり込むテイストに作られていると感じました。

突っ張り過ぎず、柔軟性を持ち合わせているスピニングロッドといえるでしょう。

ガイドは小径なので、ラインが絡まりにくく、トラブルレスでキャストを続けられそうです。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

これならバス釣りを始めたい初心者アングラーも、購入を検討しやすいでしょう。

継目部分も美しいベントカーブを描いていますから、大物が掛かっても安心してやり取りを楽しめるはずです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード 2500S バス釣り用スタンダードモデル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード 2500S バス釣り用スタンダードモデル

最安値価格
¥22,770(楽天市場)

Amazonへ ¥23,000

楽天市場へ ¥22,770

シマノから発売されている軽量で扱いやすいスピニングリール・ヴァンフォードシリーズの中から、2500番サイズのノーマルギア仕様を選んでみました。

ギア比は5.3対1なので、ハンドル1巻きにつき78cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力は2.5kgで、最大ドラグ力は4.0kg。

ウエイトは175gと軽めで、ハンドルアームの長さは50mmです。

スプール寸法は、直径が47mm、ストロークが17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを110m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて操作しやすく、各種ロッドワークを軽快におこなえると感じました。

ハンドルの巻き心地は滑らかで、ローター回転もスムーズに回り続けます。

これなら糸フケが発生しても、素早く回収して次のキャストにつなげやすいでしょう。

ドラグのレスポンスも良好ですから、ライトラインをスプールに巻いて大型魚とのやり取りを楽しめるはずです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

PEラインの2.0号程度を巻いて、ショックリーダーラインを結ばずに使う、パワーフィネスというアプローチにも対応できそうです。

ブレーバーⅡの気になる発売日はいつ?

ブレーバーⅡの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、880円です。

バス釣りに効き目のあるさまざまなワームリグにセットして、最も反応のいいアプローチを見つけ出してください。

フックの刺し位置を時折変えると、長めに使い続けることができます。

新製品の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング