ランディングネットのアップ写真

ラバーランディングネットは2024年新登場の軽量カーボンシャフトを採用したネット!

FISHING JAPAN 編集部

バスボートやレンタルボート・カヤックなどに乗ってバス釣りをおこなうときに、ランディング用のネットは必須アイテムです。

せっかく掛けたビッグバスを、安全に取り込むためにも、信頼できるネットを積み込んでおきたいもの。

2024年ジャッカルからリリースされる、ラバーランディングネットなら、スムーズに取り込み作業をおこなえるでしょう。

その特徴について、詳しくご紹介します。

ラバーランディングネットとは

ラバーランディングネットとは、2024年ジャッカルからリリースされる、掛けたバスを取り込む際に使うネットのことです。

サイズ設定は、2種類用意されています。

小さいほうが、シャフトの長さ50cm。

シャフトのウエイトは、約65g。

これなら、レンタルボートやカヤック・カヌーなどに積み込んでも、場所を取らずに置いておけるでしょう。

大きいほうか、シャフトの長さ80cm。

シャフトのウエイトは、約86g。

これだけの長さがあれば、バスボートやアルミボートのデッキからでも、バスをすくうことができます。

ラバーランディングネットのシャフトに注目してください。

素材は、なんとカーボンを採用していて、とても軽く仕上がっているのが特徴です。

強度も高いカーボンですから、ロクマルサイズをすくうことも可能です。

フレームは、特殊な形状にデザインされていて、外側に向けて角度が付いています。

これにより、素早い取り込みをおこなうことができるでしょう。

ネットの素材は、PVC製で、縫い目がありません。

網目ひとつも大きいですから、トレブルフックの付いたルアーごと取り込んでも、トレブルフックがネットに引っ掛かってしまうことはないでしょう。

カンタンにルアーを取り出せるので、ランディングの作業そのものがスムーズ・スピーディーになります。

ラバーランディングネットの効果的な使い方をチェック!

ラバーランディングネットの効果的な使い方は、次の通りです。

例えば、クランクベイトやバイブレーションルアーをキャストしている場合。

バスか食い付いてきたら、ルアーのトレブルフックがどこに引っ掛かっているか判別しにくいです。

そのままの状態で取り込もうと思ったら、素手では危険過ぎます。

最悪の場合、手の指などにフックが刺さってしまうかもしれません。

釣り場でケガをすれば、釣りを一旦止めて治療することになります。

病院へ向かう展開になるケースもあり、そうなると釣りはそこまででしょう。

そんな状況にならないようにするためにも、ラバーランディングネットは必要なのです。

ルアーごとバスを取り込んだら、すぐにネットに手を伸ばしてはいけません。

バスの口をフィッシュグリップで挟んで、暴れるのを止めてください。

その次にプライヤーを用いて、ルアーを外しにかかりましょう。

ネットを少し持ち上げておくと、バスは自分の体重によって暴れにくくなります。

丁寧に慎重にフックを外したら、ルアーを別の場所に置いて、バスをネットから取り出してください。

合計2種類のコスメが用意されているラバーランディングネット!

ラバーランディングネットのコスメには、2つのタイプが用意されています。

ノーマルモデルは、シャフトが艶あり仕上げで、グリップにPVC素材を使っています。

リボルテージモデルは、シャフトがマット仕上げです。

ラバーランディングネットを駆使してビッグバスを釣り上げたい!おすすめのタックルを選んでみた!

ラバーランディングネットを駆使してカヤックに乗りながらバスを釣るのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

あまりに長いブランクスのロッドだと、取り込みの際に邪魔になります。

6.6ftぐらいまでのベイトロッドなら、操作性は高いといえるでしょう。

Mパワー前後のブランクスなら、使えるルアーの範囲が幅広くなります。

リールは、太いモノフィラメントラインを豊富に巻けるベイトリールがマッチします。

14lb前後のモノフィラメントラインを、100mも巻ければじゅうぶんかもしれません。

キャストを繰り返しているうちに、ラインの表面が傷んできたら、一旦釣りを止めてその部分をカットしてください。

そのまま使い続けると、不意に破断するトラブルが発生しやすくなり、せっかく掛けたビッグバスをランディングできなくなる恐れがあります。

シマノ(SHIMANO) バス ベイトロッド 22 エクスプライド 166M-2 2ピース 2023追加モデル

シマノ(SHIMANO) バス ベイトロッド 22 エクスプライド 166M-2 2ピース 2023追加モデル

最安値価格
¥19,534(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,022

楽天市場へ ¥19,970

Yahoo!へ ¥19,534

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・エクスプライドシリーズのラインナップから、166M-2を選んでみました。

全長が1.98mとショートレングスなので、カヤックに乗った状態で取り回ししやすいのがメリットです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は102cmにまで縮まります。

ウエイトは97gと軽めで、ブランクスの先径は1.8mmです。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでで、PEラインを巻く場合は、最大3.0号まで対応することが可能です。

グリップの長さは235mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、98.4%になっています。

実際にフィールドで使ってみると、とても軽くて張りがじゅうぶん備わっているブランクスだと感じました。

グリップはスリムで握りやすいですから、さまざまなロッドワークを繰り出しやすいです。

ガイドには、モノフィラメントラインもPEラインも絡まりにくく、手返しのいい連続アプローチを繰り出すことができます。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

2ピースで携行性も高いベイトロッドですから、おすすめの1本といえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム HG RIGHT

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム HG RIGHT

最安値価格
¥28,400(amazon)

Amazonへ ¥28,400

楽天市場へ ¥31,532

シマノから発売されているロープロファイルデザイン型ベイトリール・バンタムシリーズの中から、ハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1巻きにつき78cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、5.0kgです。

スプール寸法は、直径/幅が35/19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントライン16lbを100m巻けます。

ウエイトは220gで、ハンドルの長さは42mm。

ボールベアリングは、8個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、とても手のひらで保持しやすく、全体的に剛性感の高いベイトリールだと感じました。

クラッチの切れはスムーズで、スプール回転の立ち上がりは軽快そのもの。

ハンドルノブはつまみやすく、水に濡れた指でも滑りにくくなっています。

実売価格は2万円台と、とても購入を検討しやすい価格帯に収まっているのが嬉しいです。

強引にバスを引き寄せて、ランディング作業を円滑におこなってみましょう。

このベイトリールなら、巻き取りがパワフルなので、安心して手元までバスを寄せられるはずです。

ラバーランディングネットの気になる発売日はいつ?

ラバーランディングネットの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、15,389円から16,489円です。

バスをすくうと、結構な量の水も一緒に拾ってしまいます。

ボートデッキやカヤックの内側に水が溜まってしまうことがあるので、スポンジやタオルなどを載せておいて、水の拭き取り作業をおこなってください。

そのままにしておくと、服装などが濡れてしまい、釣りを続けるための集中力に影響か出てしまうかもしれません。

準備万全でバス釣りに臨み、これまで釣ったことのないレコードフィッシュをゲットしてください。

新製品の関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング