ルアーのアップ写真

ワーミングクランクショット ディープは2023年新登場のカバー攻略用クランクベイト!

FISHING JAPAN 編集部

複雑で濃いカバーに対して、テキサスリグなどのワームリグを投入するケースは多いですが、それでは口を使わないバスがいます。

そんなときに頼りになるのが、2023年ノリーズから新登場するクランクベイト・ワーミングクランクショット ディープです。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

ワーミングクランクショット ディープとは

ワーミングクランクショット ディープとは、2023年ノリーズからリリースされる、バス釣り用クランクベイトのことです。

フローティング仕様でラトル入り、全長は小粒な44mmに設計されています。

ウエイトは5.7gなので、ベイトタックルでギリギリキャストできるでしょうか。

潜行深度は、モノフィラメントラインの12lbで引っ張ったら、水深1mまで達する程度です。

つまり、ディープと名付けされていますが、既存のディープクランクベイトとは異なるのです。

ワーミングクランクショットシリーズよりもリップが長いので、カバーに対して引っ掛かりにくくなっています。

2つのトレブルフックが、カバーからより一層離れることになるからでしょう。

実はこのワーミングクランクショット ディープ、13年前に一度リリースされています。

そこから見直しがかけられ、新しいカラーバリエーションで2023年に再リリースとなったのです。

カバーの釣りといえば、本来ならワームの独壇場です。

ワームリグなら、フックが1つしかなく、カバーに引っ掛かりにくいからです。

でも、そのフック1つが、大きなデメリットでもあります。

バスがワームを見つけて、しっかり飲み込んだり噛み付いたりしないと、フッキングには持ち込めないのです。

バスのバイトには、フッと口でついばむような、甘噛み程度のものが結構多いです。

特に低水温期になると、ガッチリ噛み付いてくるケースは減るでしょう。

そこで、カバー周りを攻める釣り方でも、甘噛みをきっちりフッキングできる方法が求められたのです。

さまざまのな釣り方の中で、クランクベイトによって解決を試みたのが、ノリーズのワーミングクランクショットシリーズといえるでしょう。

そのリップの長さを伸ばしたのが、今回のワーミングクランクショット ディープということに。

カバーに引っ掛かりにくく、甘噛みバイトをフッキングに持ち込みやすいのであれば、数少ない冬のバイトを効率よく活かせるはずです。

ワーミングクランクショットの実釣インプレ!

既存モデルのワーミングクランクショットシリーズを、実際にカバー周りでキャストしてみました。

倒木と草が重なっていて、複雑なカバーが水際にびっしりと並んでいます。

ルアーを着水させるのは、その沖合いからキャストして、カバーの真ん中辺り。

当然ラインがカバーに拾われるものの、丁寧にぶら下がっては乗り越え、外していきます。

リップが上手い具合にカバーに接触し、フックが真っ先に触れるのを防いでくれます。

あまりに濃いカバーだと、リアフックが引っ掛かってしまうことがありました。

それでも慌てずに、沈めては浮かしを繰り返しながら、なんとかリアフックを外すと、その次の瞬間!バスが飛び付いてきました。

間近で眺めていたのか、上手く引っ掛かりを外せば、その動きに反応してバイトしてくることもあるのです。

しっかりと水深のあるところで、カバーが水没しているケースでも、ワーミングクランクショットシリーズは、引っ掛かりを抑えた泳ぎを見せてくれました。

合計10種類のカラーバリエーションから状況にマッチしたものを選ぼう!

ワーミングクランクショット ディープには、全部で10種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●レイバンレッドⅡカラー

●スパークルパープルチャートカラー

●ホログラムフラッシングギルカラー

●ナチュラルゴールドカラー

●USグリーンシャッドカラー

●クリスタルオーロラゴーストカラー

●グリーンパンプキンブルーシャッドカラー

●シトラスシャッドカラー

●パールリアルギルカラー

●ディケーターシャッドカラー

派手でよく目立つ配色もあれば、ナチュラルで背景に溶け込むような配色も用意されています。

ワーミングクランクショット ディープを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

ワーミングクランクショット ディープをキャストしてカバーを攻略するのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、硬過ぎないブランクスのベイトロッドがマッチします。

リールは、14lb前後のモノフィラメントラインをたっぷり巻けるベイトリールがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ センターカット2ピース ベイト 166ML-2 ライトバーサタイル ハードベイト ライトテキサス ワーム

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ センターカット2ピース ベイト 166ML-2 ライトバーサタイル ハードベイト ライトテキサス ワーム

最安値価格
¥32,380(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥32,380

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・ポイズンアドレナシリーズのラインナップから、166ML-2を選んでみました。

全長は1.98mなので、とても操作性の高いブランクスになっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は101.5cmにまで縮まります。

ウエイトは97gと軽めで、ブランクスの先径は1.8mm。

適合かるルアーウエイトは、5gから15gまで。

これならワーミングクランクショット ディープをロングキャストするのに、特に問題はないでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから14lbまで。

グリップの長さは220mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は99.2%に設計されています。

実際に手に取って継いでみると、とても軽くてシャープな張りを伴なったブランクスに仕上がっていると感じました。

グリップは細身で握りやすく、手元感度もかなり高いものになっています。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっているのではないでしょうか。

ワーミングクランクショット ディープをキャストして、リップやフックをカバーに接触させながら、上手く振りほどいて通してくることを、実践しやすい1本といえそうです。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム RIGHT バーサタイル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム RIGHT バーサタイル

最安値価格
¥29,950(amazon)

Amazonへ ¥29,950

楽天市場へ ¥31,813

シマノから発売中のロープロファイルデザイン型ベイトリール・メタニウムシリーズの中から、ノーマルギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき66cmのラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは175gと軽め。

スプール寸法は、直径34mmで、幅19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを90m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは10個採用しています。

実際に釣り場で使ってみると、とても軽くてパーミングしやすく、クラッチの切れも軽快そのものです。

リトリーブの際の巻き心地も滑らかで、とても安定したクランキングをおこなえるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

カチッとした剛性感が備わっていますから、バスが掛かってからのやり取りも、スムーズにおこなうことができます。

ワームリグもキャストしながら、ワーミングクランクショット ディープとのローテーションを楽しんでみてください。

ワーミングクランクショット ディープの気になる発売日はいつ?

ワーミングクランクショット ディープの気になる発売日は、2023年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,300円です。

リアフックのほうがサイズが大きいので、掛かったバスがバレにくいのが、ワーミングクランクショットシリーズの特徴でもあります。

フックポイントのチェックは常におこなうようにして、鈍っていたらその場で取り換えましょう。

新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング