釣り人とロッドのアップ写真

スワッガーに2024年新モデル登場!ダイワのアイスグレー色バスロッド

FISHING JAPAN 編集部

ロッドのブランクスには、とても珍しいアイスグレーカラーを採用している、ダイワのバス釣り用ロッド・スワッガー。

2024年には、新たなベイトロッド3本とスピニングロッド2本の、合計5機種が追加ラインナップされます。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

スワッガーとは

スワッガーとは、ダイワからリリースされているバス釣り用ロッドのことです。

トーナメント志向のロッドシリーズとは一線を画していて、バスとどう向き合ったか、どれだけ釣ったかではなく、どう釣ったかを楽しめる作り込みが施されています。

ロッドブランクスの配色が、これまで見たことのないアイスグレーカラーになっているのも、そういう目的を持ったアイテムであることの証しでしょう。

既存モデルを実際に手にしたことがありますが、オールラウンドにさまざまな釣りシーンで使える印象を持ちました。

オカッパリはもちろん、ボートやカヤック・カヌー・フローターからでも、アプローチしやすいのではないでしょうか。

もっといえば、バス釣りにとどまらず、汽水域でチヌ・シーバスなどのソルトウォーターゲームにも、積極的に転用しようとするアングラーが現れるはず。

そんなフリーゲーム感覚を志向したくなるスワッガーシリーズに、2024年新機種が登場することになりました。

ダイワテクノロジーのX45フルシールドや、HVFナノプラス・HVFカーボン・カーボンファイバーの入ったエアセンサーシートが採用されています。

2024年追加モデルのスペックを、個別に取り上げてみましょう。

●スワッガー2024年モデル・C66L-LM

全長1.98mと、取り回ししやすい長さのブランクスに設計された、低弾性カーボンのベイトロッドです。

2ピース仕様ですが、グリップジョイント方式を採用しているので、仕舞寸法は172cmと長めです。

クルマから取り出す際には、ロッドティップやガイドなどが接触しないように注意しましょう。

ウエイトは105gと軽めで、ブランクスの先径/元径は1.8/12.8mm。

適合するルアーウエイトは1.8gから14gですから、小型のシャロークランクベイトやシャッドなどをキャストするのに、適しているのではないでしょうか。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbから12lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

とはいえガチガチに硬い仕様ではなく、低弾性カーボンならではのしなやかさを体感できるでしょう。

スワッガーの2024年追加ベイトロッドをチェック!

●スワッガー2024年モデル・C66ML+

こちらも全長1.98mのベイトロッドで、ML+パワーとやや硬めの張りが備わっているのが特徴です。

例えば、オーバーハングの下へルアーを送り込むのに、じゅうぶんなパワーを備えているといったところでしょうか。

グリップジョイント方式採用で、仕舞寸法は172cm。

ウエイトは100gで、ブランクスの先径/元径は2.1/12.8mm。

適合するルアーウエイトは、4gから25gまでで、適合するモノフィラメントラインは、6lbから14lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

●スワッガー2024年モデル・C68MH-SB

ベイトロッドの3機種めは、スイムベイトやビッグベイトを操るのに適したモデル。

全長は2.03mとやや長めで、グリップジョイント方式による仕舞寸法は、173cm。

ウエイトは120gで、ブランクスの先径/元径は2.6/14.8mmと太め。

適合するルアーウエイトは、7gから84gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから25lbまでで、PEラインなら最大5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%に設計されています。

スワッガーの2024年追加スピニングロッドはこちらの2本!

●スワッガー2024年モデル・S64L

新しい機種には、スピニングロッドも追加されています。

こちらは全長1.93mとショートレングスで、グリップジョイント方式を採用しています。

仕舞寸法は171cmで、ウエイトは90gと軽め。

ブランクスの先径/元径は1.6/10.8mmで、適合するルアーウエイトは0.9gから11gまで。

となると、各種ワームリグや小型ハードプラグを柔軟にキャストできるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2.5lbから6lbまでで、PEラインなら最大1号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

●スワッガー2024年モデル・S66ML

MLパワーブランクスが与えられているスピニングロッドで、ハードプラグのキャスト&リトリーブや、軽量メタルジグでボトムを取るアプローチなどに向いています。

全長は1.98mでグリップジョイント方式を採用していますから、仕舞寸法は173cmです。

ウエイトは95gで、ブランクスの先径/元径は1.7/10.8mm。

適合するルアーウエイトは1.8gから18gまでで、適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lb、PEラインなら最大1.2号まで使えるようになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

スワッガーに装着したいおすすめのリールを選んでみた!

スワッガーに装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトリールスピニングリールをご紹介しましょう。

ベイトリールは、16lb前後のモノフィラメントラインを大量に巻けるタイプなら、さまざまな釣り場で扱いやすいでしょう。

スピニングリールは、2500番サイズなら、ライトラインを使いこなすのに便利です。

ダイワ(DAIWA) ブラックバス ベイトキャスティングリール 22 ジリオン TW HD 1000H

ダイワ(DAIWA) ブラックバス ベイトキャスティングリール 22 ジリオン TW HD 1000H

最安値価格
¥37,224(amazon)

Amazonへ ¥37,224

楽天市場へ ¥37,224

Yahoo!へ ¥37,224

ダイワから発売中のロープロファイルデザイン系ベイトリール・ジリオンTW HD1000Hです。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は6.0kgで、ウエイトは200g。

スプール寸法はも直径/幅が、34/24mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

ハンドルの長さは100mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されているといえるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 23レグザ(LEXA) LT2500-XH

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 23レグザ(LEXA) LT2500-XH

最安値価格
¥14,650(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,000

楽天市場へ ¥14,799

Yahoo!へ ¥14,650

ダイワから2023年にリリースされた汎用型スピニングリール・レグザシリーズの中から、2500番サイズのエクストラハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1回転につき87cmのラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は10kgで、ウエイトは220g。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

深溝スプールなので、ラインキャパが多めなのが強みといえるでしょう。

スワッガー追加モデルの気になる発売日はいつ?

スワッガー追加モデルの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、既存モデルも合わせると、45,000円から49,000円です。

自分なりの使い方を組み入れて、バス釣りに対するアプローチをもっと楽しんでみましょう。

新しいスワッガーが手元にあれば、さまざまな工夫が活きてくるのではないでしょうか。

新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング