ロッドのアップ写真

テンカラ竿ってどんなふうに選べばいいの?おすすめ渓流釣りアイテムもチェック

FISHING JAPAN 編集部

渓流で毛針を用いた釣りといえば、フライフィッシングをイメージしがちですが、日本古来から親しまれている釣り方といえば、テンカラ釣りになります。

川幅の狭い渓流ですから、それにマッチしたコンパクトなロッドが必要です。

ここでは、テンカラ竿の特徴や選び方について、分かりやすくご紹介しましょう。

併せて、渓流で身に着けたいおすすめアイテムも取り上げます。

テンカラ竿ってどんなロッドなの?

テンカラ竿とは、日本古来からあるテンカラ釣りで用いる延べ竿のことです。

延べ竿なので、リールは装着できません。

川幅の狭い渓流で使うことが多く、長さはさほど長くないのが特徴です。

実際にテンカラ竿を使ってみて、操作しやすいな!と感じたのは、全長3.6m前後のものでしょうか。

3.6mもあれば、対岸のポイントまで毛針を届けやすく感じました。

それ以上長いと、頭上に伸びる木の枝に引っ掛かってしまいますし、短いとポイントまで届かないケースが出てくるでしょう。

それから、ロッドの軽さにも注目してください。

重過ぎるテンカラ竿だと、一日中振り続けるのが辛くなってしまいます。

釣りに対する集中力を高めるためにも、できるだけ軽いロッドブランクスのものを選ぶようにしましょう。

もうひとつ、気にしたい要素があります。

それは、テンカラ竿のブランクスに与えられた調子です。

6対4ぐらいの調子が起こす曲がりなら、さまざまなシチュエーションで扱いやすいでしょう。

7対3のテンカラ竿も使ってみた経験がありますが、こちらもブレの収まりが素早く、正確に毛針をピンポイントへ送り込めました。

調子に関しては、使うアングラーの好みで評価が分かれます。

どちらも手に持って確認してから、選ぶようにしたいものです。

掛けた魚のバラシが少ないのは、6対4調子のような気もしますが、これもアングラーによって印象が変わります。

複数のアングラーに尋ねてみて、調子に対するこだわりを聞くことができたら、それを参考に自分の1本を絞り込んでみてください。

初心者の人が初めてのテンカラ竿を選ぶ場合は、長さを3.6m前後にして、6対4調子のものが扱いやすいかもしれません。

ウエイトは、100g未満のものなら、長時間の使用にもじゅうぶん耐えられるでしょう。

手首やヒジ・腕・肩などに、あまり負担を感じずに、テンカラ釣りを展開したいものです。

テンカラ竿のロッドティップやグリップに注目!

テンカラ竿の各部パーツに注目してみましょう。

まずは、ロッドティップから。

チューブラー構造のブランクスなら、ある程度の張りが発生します。

毛針にロッドワークをきっちり伝えたいときや、フッキングレスポンスを高めたいときなどに重宝するでしょう。

ロッドティップがソリッド構造のブランクスなら、魚からの負荷に対して一瞬で曲がり込んでくれます。

ブランクスの張りが極めて柔軟なので、魚のアタリを弾いてしまう展開にはなりにくいでしょう。

当然バラシも抑えられるので、手に取る魚の数は、徐々に増えていくかもしれません。

これはアングラーによって変わるので、できればチューブラー・ソリッドどちらのロッドティップも、一度使ってみることをおすすめします。

それからもうひとつ、グリップ部分もチェックしてみましょう。

手のひらに接触する部分が、立体的に膨らんでいます。

こういうグリップ形状にすることで、支えやすくなり、ロッドワークも繰り出しやすくなります。

おすすめのテンカラ竿をピックアップ!

おすすめのテンカラ竿を取り上げてみました。

多くのロッドメーカーから、数多くの種類のテンカラ竿がリリースされています。

長さ・軽さ=ウエイト・調子などに注目しながら、自分の好みに合ったものを選んでください。

高額なロッドもあれば、購入を検討しやすいロッドもあります。

予算に合わせて購入すれば、無理なくテンカラ釣りを楽しめるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 渓流竿 テンカラRT 36 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 渓流竿 テンカラRT 36 釣り竿

最安値価格
¥7,860(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,478

楽天市場へ ¥8,470

Yahoo!へ ¥7,860

シマノ(SHIMANO) 渓流竿 渓峰テンカラ 36NR

シマノ(SHIMANO) 渓流竿 渓峰テンカラ 36NR

最安値価格
¥21,660(楽天市場)

Amazonへ ¥22,018

楽天市場へ ¥21,660

Yahoo!へ ¥21,660

アルファタックル(alpha tackle) (Alpha Tackle) ロッド WIZZ テンカラ ST 36 68151

アルファタックル(alpha tackle) (Alpha Tackle) ロッド WIZZ テンカラ ST 36 68151

最安値価格
¥4,395(amazon)

Amazonへ ¥4,395

楽天市場へ ¥5,038

Yahoo!へ ¥4,506

テンカラ釣りを渓流で楽しむのにおすすめの釣りアイテムを選んでみた!

テンカラ釣りを渓流で楽しむのに使ってみたくなる、おすすめの釣りアイテムをご紹介しましょう。

まずは、ヒザ下までの長さのウェーダーから。

カバーする範囲の大きい長靴ですが、安心して快適に歩を進めるのに、ウェーダーは必携でしょう。

防水性能が高く、足首などが柔軟に動かせるものがベターです。

靴底のソールにもこだわって、滑りにくいフェルトソール・ラジアルソールのものを選んでください。

プロックス(PROX) テフロンポリエステルウェダーブーツ(フェルト) M サイズ PX3372M

プロックス(PROX) テフロンポリエステルウェダーブーツ(フェルト) M サイズ PX3372M

最安値価格
¥4,296(amazon)

Amazonへ ¥4,296

プロックスからリリースされている、防水性能に優れたショート丈のウェーダーです。

可動範囲が大きい、ヒザ下までのウエーダーなので、釣り場で重宝するでしょう。

ショート丈のブーツ部分には、テフロン撥水加工を施した生地を採用しています。

ウェーダーの履き口にはコードストッパーか付いていて、引っ張りながら絞り込んで調節することが可能です。

フェルトソールとラジアルソールの2種類から選べるので、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてみましょう。

ちなみに、フェルトソールなら、ヌメリのある岩の上でも滑りにくいです。

ただし、土の上を歩くと、目詰まりが起こって滑りやすくなりがちです。

ラジアルソールの場合は、逆にヌメリのある岩の上などが苦手です。

土の上を歩くのは得意なので、2種類ともクルマに積んでおくといいかもしれません。

7つのサイズバリエーションがありますから、3S/SSサイズなら、女性や子供が履いて渓流を歩くのに適しています。

実際に履いてみると、素晴らしいフィット感を味わうことができました。

滑りにくいので、安心して歩を進められるでしょう。

実売価格は4千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

[DRESS]チェストハイウェーダー AIRBORNE【ラジアルソール】【XL】【マットブロンズ】 釣り 胴長 長靴 ブーツ 防水 海釣り 渓流 ウェーディング フローティング 多機能

[DRESS]チェストハイウェーダー AIRBORNE【ラジアルソール】【XL】【マットブロンズ】 釣り 胴長 長靴 ブーツ 防水 海釣り 渓流 ウェーディング フローティング 多機能

最安値価格
¥5,979(楽天市場)

Amazonへ ¥8,200

楽天市場へ ¥5,979

Yahoo!へ ¥8,580

ドレスから発売中のチェストハイタイプのウエーダー・AIRBORNEの、ラジアルソールです。

土や砂地などを歩く際に、とても便利でしょう。

軽くて動きやすいナイロン生地が採用されていて、擦れ対して強いのが特徴です。

冷たい渓流の水に当たっても、保温性が高いので安心です。

もし誤って渓流で転倒しても、ウエストベルトが装備されていますから、水の浸入を抑えてくれます。

装着していると内側がベタつくものですが、このウェーダーにはインナーメッシュが施されているので、しっかり防いでくれます。

ショルダーベルトはエラスティックHハーネス仕様なので、肩への負担を軽くし、動きやすいのが特徴です。

ブーツは、PVC一体成型ラジアルブーツで、日本人の足のカタチに合わせた甲高幅広のアジアンフィットを採用しています。

実際に着込んでみると、とても動きやすく快適に過ごせる印象を持ちました。

チェストハイタイプだと、押さえ付けられるような感触のものが多かったのですが、このウェーダーは楽に装着できそうです。

フロント部分には、ファスナー付きポケットを搭載しているので、貴重なものはここに収納しておきましょう。

実売価格は6千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

この仕様なら、渓流はもちろん、ソルトウォーターゲームでもじゅうぶん活用できるでしょう。

テンカラ竿を使いこなして渓流に潜む美しい魚を釣り上げよう!

テンカラ竿の特徴や選び方、おすすめの渓流釣り用アイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

渓流には、きっちりと守らなければならないルールが定められています。

遊漁券の購入時に、漁協や販売窓口で詳しく教えてもらうようにしましょう。

また乗ってきたクルマの駐車スペースにも、配慮が必要です。

地元住民の邪魔にならない場所を見つけて、クルマを停めてからテンカラ釣りに向かうようにしてください。

ロッドの関連記事はこちら

エサ釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング