ルアーのアップ写真

可変フリーズアクションが得意なオネスティ125Fに2023年新カラー登場!

FISHING JAPAN 編集部

ハイプレッシャーエリアのシーバスを釣ろうとしたら、余計な刺激はバイト誘発の邪魔になることがあります。

エバーグリーンからリリースされているオネスティ125Fなら、可変フリーズアクションで食わせの要素を膨らませることが可能です。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップの予定。

その特徴や有効な使い方について、詳しくご紹介しましょう。

オネスティ125Fとは

オネスティ125Fとは、エバーグリーンから発売されている、シーバスゲーム用のフローティングミノーのことです。

特徴的なのは、その潜行深度とアクション。

なんと最大で水深30cm程度しか潜らず、水面をリトリーブすることもできます。

全体的に浮力が高いこともありますが、ボディのボリュームに対してリップがかなり小さいのです。

このリップに水流が当たっても、積極的に潜行するのは難しいでしょう。

そしてこのリップを動力源としたアクションは、ローリング+ウォブリングがベース。

ただし、それはファストリトリーブのときだけで、スロースピードにシフトしていくと、ほとんど泳がなくなってしまいます。

単なる横移動するだけのミノー、それが可変フリーズアクションを演出できるオネスティ125Fなのです。

全長は125mmで、ウエイトは12.5g。

フックは、8番サイズのトレブルフックが、3つ連なっています。

オネスティ125Fのリップは、抵抗面が小さく、スイムアクションを抑得ます。

浮き上がりを制御して、ごく浅いレンジをキープしてくれるでしょう。

またオネスティ125Fの最後尾に注目してください。

下へ突き出したフィンが付いています。

このフィンには、水の流れを整える効果があり、リトリーブの際のふらつきを抑えます。

キャストの際には、オネスティ125Fの飛行姿勢を安定させて、飛距離をしっかり伸ばしてくれます。

そしてボディ内部には、タングステン重心移動システムが標準装備されています。

アングラー個々のスキルを問わず、誰もがロングキャストを実践できるのは嬉しいことです。

それから、リトリーブスピードをスローにしていくだけで、ほとんど動かないフリーズアクションを引き出せるのは、かなりの強みといえるでしょう。

追従はしてくるけれど、バイトせずにUターンしてしまうシーバス

それを丁寧に誘うには、このフリーズアクションがとても頼りになるのです。

オネスティ125Fの可変フリーズアクションをチェック!

実際にオネスティ125Fを、フィールドでキャストしてみました。

速めにリトリーブすると、ローリングしたりウォブリングしたりを繰り返します。

でも一旦スローにスピードを落とすと、その瞬間からアクションそのものが消え去ってしまいました。

時折ボディを揺らしているようにも見えますが、本当に僅かな瞬間だけ。

そしてシーバスのバイトは、ローリングやウォブリングアクションをしているときよりも、フリーズアクションにシフトしたときのほうが多い気がします。

甘噛みのような、なかなかフッキングしにくいバイトも含めると、結構な数になるのではないでしょうか。

藻場と隣接しているような浅瀬は、元々水深があまり無いので、オネスティ125Fをリトリーブするアプローチが効果的といえそうです。

合計4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

オネスティ125Fには、2023年に全部で4種類の新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●マットチャートカラー

●銀粉ミドキンカラー

●レッドヘッドソリッドパールカラー

●トウゴロウマニアカラー

シーバスゲームで人気のある配色が、しっかり選ばれています。

自分の釣りスタイルの中で、爆釣体験のあるカラーから使ってみましょう。

オネスティ125Fをキャスト&リトリーブを繰り返すのにおすすめのロッドを選んでみた!

オネスティ125Fをキャストしてリトリーブを繰り返すのに適している、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

ダイワ(DAIWA) シーバスフラット X 86ML

ダイワ(DAIWA) シーバスフラット X 86ML

最安値価格
¥9,000(amazon)

Amazonへ ¥9,000

楽天市場へ ¥10,010

ダイワからリリースされているシーバスヒラメ・マゴチゲーム用スピニングロッド・シーバスフラットXシリーズの中から、86MLを選んでみました。

ウエイトは130gで、全長は2.59m。

2ピース仕様で、仕舞寸法は134cm。

適合するルアーウエイトは、7gから35で、適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

ブランクスの先径/元径は、1.8/12.4mmになっています。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

オネスティ125F追加カラーの気になる発売日はいつ?

オネスティ125F追加カラーの気になる発売日は、2023年の9月に発売予定です。

メーカー希望販売価格は、1,800円です。

キャストしてからリトリーブスピードを切り換えながら、シーバスを丁寧に誘ってみましょう。

さまざまな釣り場で試してみると、スピードをシフトするタイミングが分かってくるはずです。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング