ワームのアップ写真

ボウワームヌードルに2022年新サイズ12inch登場【エバーグリーン】

FISHING JAPAN 編集部

ストレート系のロングサイズワームといえば、エバーグリーンのボウワーム・オリジナルを使っているアングラーは多いでしょう。

2022年には、より細身に絞り込まれたフォルムのボウワームヌードル・12inchが登場します。

そのスペックや使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ボウワームヌードル12inchとは

ボウワームヌードル12inchとは、2022年エバーグリーンからリリースされる、細身のストレートロングワームのことです。

すでに8inchが発売されているので、今回はそれよりも長いサイズに設計。

12inch=30.48cmですから、かなり長くてアピール度は満点。

ボディマテリアルには、塩を多めに含んでおり、ノーシンカー状態でも飛距離を伸ばすことができます。

張りを持たせてあるので、曲がっても元通りのカタチに戻ろうとします。

ということは、ロッドワークのシェイクなどにとても敏感で、クネクネ曲がってはピーンと伸び、その反動で震える感じでしょうか。

水中でそういうアクションが不規則に発生するわけですから、生命感溢れる演出が可能になります。

長いボディの任意の場所に支点を作れば、そこを中心にクネクネ・ヘコヘコ動かせます。

リグは、ノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキーが効果的。

やや大き目のガード付きマスバリやジグヘッドを用いれば、ボトムを広範囲に渡って探れるでしょう。

ボディのハチマキ部分を境にして、前後逆向きのリブが刻まれています。

こうすることで、ハチマキをワッキー掛けしたときに、水をつかみやすいでしょう。

またダウンショットリグやネコリグも、ボウワームヌードル12inchをしっかり活かすことができます。

オフセットフックやマスバリを用意して、アクションレスポンスが良くなるところにセットします。

フックのサイズが大きくなり過ぎると、ダルいアクションになれやすいので注意してください。

濃いカバーやストラクチャー周りを丹念にトレースするつもりなら、ハリ先をワームの中に隠せるオフセットフックのほうが、メリットは大きいでしょう。

ダウンショットシンカーやネイルシンカーの重さは、落とし込む水深やカバーの濃さに合わせて切り換えてください。

スペシャルフォーミュラが配合されているボウワームヌードル12inch!

ボウワームヌードル12inchのボディマテリアルには、シュリンプ・イカ・ベイトフィッシュの成分を配合したスペシャルフォーミュラが含まれています。

味とニオイによる刺激は、バスにとても有効です。

バイトしてくる確率をアップしてくれますし、バイトしてからの吐き出しも抑えられます。

パッケージを開けると強めのニオイが漂うので、1本取り出したらしっかりとパッケージを閉めるようにしてください。

密封タイプのルアーケースに保管してしまうのも、いいかもしれません。

合計10種類のカラーバリエーションから状況にマッチしたものを選ぼう!

ボウワームヌードル12inchには、合計10種類のカラーバリエーションが用意されています。

●グリーンパンプキン・BKカラー

●スカッパノンカラー

●うなぎカラー

●グリーンパンプキン・BLカラー

●ソリッドシナモンカラー

●ヌマエビカラー

●ナチュラルイールカラー

●ツリミミズカラー

●フジイロミミズカラー

●レッドウーロンカラー

ナチュラルな保護色系の配色が多くなっているのが特徴で、タフコンディション下で積極的に活用してみましょう。

ボウワームヌードル12inchを操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

ボウワームヌードル12inchをキャストして操るのに適している、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

フリーにフォールさせたい場合は、スピニングロッドのほうが扱いやすいです。

細やかなアクションをロッドワークによって発生させたいので、あまりに硬過ぎるブランクスはNGではないでしょうか。

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERS-64L

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERS-64L

最安値価格
¥16,900(amazon)

Amazonへ ¥16,900

楽天市場へ ¥17,200

Yahoo!へ ¥18,687

アブガルシアブランドの中から、ベルサートシリーズのスピニングロッドを選んでみました。

全長は1.93mで1ピース仕様ですから、仕舞寸法は変わりません。

標準自重は89gと、とても軽く作られています。

適合するルアーウエイトは、1.8gから10gまでなので、ボウワームヌードル12inchのワッキーリグやダウンショットリグ・ネコリグなどを、軽快にロングキャストできるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3lbから6lbまで。

ブランクスはLパワーで、ファーストテーパーアクションになっています。

実際に手に取って振ってみると、とてもシャープで張りがある印象です。

ロングシェイクを敢行しながら、ボウワームヌードル12inchで濃いカバー周辺やボトムの地形変化をトレースしてみましょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ボウワームヌードル12inchの気になる発売日はいつ?

ボウワームヌードル12inchの気になる発売日は、2022年の8月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、850円です。

複数のカラーをタックルボックスに用意して、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてください。

エバーグリーンの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング