ルアーのアップ写真

アベンジャー125Fに2023年NEWカラー追加!エバーグリーンのシーバス用リップレスミノー

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームで流れをルアーに横切らせるとき、継続していたローリングアクションがイレギュラーに崩れると、バイトトリガーになる確率が高いです。

エバーグリーンから発売中のリップレスミノー・アベンジャー125Fなら、ローリングアクションから自動的にバランスを崩してくれるでしょう。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップ。

ますますフィールドでキャストしたくなる、アングラー納得のおすすめアイテムです。

アベンジャー125Fとは

アベンジャー125Fとは、エバーグリーンから発売中のシーバスゲーム用ミノーのことです。

リップか突き出していないタイプ=リップレスミノーで、フローティング仕様になっています。

全長は125mmで、ウエイトは14.5g。

潜行するレンジは、0.1mから0.4mと、シーバスが表層を意識しているときに、ドンピシャのレンジに設定されています。

フックは、8番サイズのトレブルフックが、3つ連なっているのが特徴です。

これならどの方向からシーバスに食い付かれても、フッキングに持ち込みやすいでしょう。

アベンジャー125Fの使い方は、とてもシンプルです。

流れのある河川にロングキャスト、着水から丁寧にスローリトリーブを敢行します。

ボディウォーターに差し掛かったら、なんとアベンジャー125Fが自動的に水をとらえて、バランスを崩すアクションに移行。

それまでは、シーバスが大好きなローリングアクションを発生させているので、追従してくる個体が居ても不思議ではありません。

その状態からのバランス崩しですから、凝視しているシーバスにスイッチが入るのは当然でしょう。

捕食スイッチがオンになり、猛然と飛び掛かってくるシーバス

アングラーは手元でその強烈な負荷を感じ取り、ラインテンションが張り詰めたらフッキング動作へ移るようにしましょう。

流れの中で発生するリアクションバイトを、アベンジャー125Fで意図的に作り出す感じでしょうか。

使い方が理解できれば、あとは実践あるのみ。

ロングキャストがおこなえるスピニングタックルを用意して、流れを視認しやすい河川へ足を運んでみましょう。

アベンジャー125Fの実釣インプレをチェック!

アベンジャー125Fの既存カラーモデルを携えて、実際にフィールドへ出かけてみました。

河川の下流域で、チャラ瀬が隣接する緩やかなカーブになっている場所です。

アベンジャー125Fをロングキャストして、着水を確認したらスローにリトリーブ。

手元に引き抵抗が伝わってくるので、それに変化が発生したら、河川の流れに突入したことになります。

シーバスがバイトしてくるのは、この瞬間なので、集中力を高めながら、次なる変化を待ちましょう。

流れをさまざまな角度で輪切りにしていく感じが、丁度このミノーにマッチするのではないでしょうか。

バイトは、夕マズメに近くなるほど回数が増え、大小さまざまなサイズのシーバスがチェイスしてきました。

アタリをとらえたら即フッキング!では、すっぽ抜けてしまうので、ラインがしっかり引っ張られるまでリトリーブを続けてみましょう。

合計7種類のカラーバリエーションを追加ラインナップ!

アベンジャー125Fには、2023年7種類の新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●デイライトイワシカラー

●マットパープルパールカラー

●マットチャートカラー

●ゴールドキャンディカラー

●銀粉ミドキンカラー

●レッドヘッドソリッドパールカラー

●トウゴロウマニアカラー

人気の高いシーバスゲーム専用配色が、豊富に揃っているのが嬉しいです。

時間帯や水質などに合わせて、複数のカラーを上手く使い分けてみましょう。

アベンジャー125Fをキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

アベンジャー125Fをロングキャストしてリトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

ダイワ(DAIWA) 20 モアザン ブランジーノ EX AGS 87ML

ダイワ(DAIWA) 20 モアザン ブランジーノ EX AGS 87ML

最安値価格
¥64,400(楽天市場)

Amazonへ ¥64,430

楽天市場へ ¥64,400

ダイワからリリースされているシーバスゲーム用スピニングロッド・モアザン ブランジーノEX AGSシリーズの中から、87MLを選んでみました。

全長は2.62mで、継数は2本。

仕舞寸法は135cmで、ウエイトは111gと軽めになっています。

ブランクスの先径/元径は、1.7/10.8mm。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

実売価格は6万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

アベンジャー125F追加カラーの気になる発売日はいつ?

アベンジャー125F追加カラーの気になる発売日は、2023年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,800円です。

流れの位置を見極めてからロングキャスト、上手くアベンジャー125Fを流れに乗せていくようにトレースしてみましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング