ワームのアップ写真

アジボッコ2.5inchは2023年新発売のアジング用超極細ピンテールワーム【ティクト】

FISHING JAPAN 編集部

アジングゲーム用のアイテムを豊富にリリースしているティクトから、2023年新しいワームが登場します。

その名は、アジボッコ2.5inch。

あまり見たことのない凸凹が、ボディ表面に施されているのが特徴的。

超極細のピンテールも、アジを効果的に誘うのは間違いないでしょう。

詳細スペックについて、分かりやすくご紹介します。

アジボッコ2.5inchとは

アジボッコ2.5inchとは、2023年ティクトからリリースされる、アジングゲーム用ストレートワームのことです。

全長は2.5inchですから、6.35cmの長さになります。

じゅうぶんなアピール度が備わっている長さなので、アジに見つけてもらいやすいでしょう。

アジボッコ2.5inchの体表に注目してください。

何やら凸凹な表面にデザインされています。

リングワームにありがちな溝の深いリングでもなく、リブのように均等に分かれているわけでもありません。

水中を通すと、そのまま水をつかみやすいカタチをしている感じです。

似ているのは、松の木にぶら下がっている、マツボックリ。

その傘が開いたときの形状にそっくりで、ランダムに凹凸が散らばっているのが特徴的です。

これが水中に伸びているのですから、軽めのジグヘッドに装着した場合、操作性がすこぶる向上するのではないでしょうか。

当然横移動させれば、独特な波動を発生させるはずです。

不規則な波動が起これば、ワーム全体のアクションに影響を与えるのは必定で、より生命感溢れる動きを引き出せそうです。

既存のワームは、どれも規則正しくリブが刻まれているものばかりなので、それとは異なる波動が存在すれば、アジが気づいてくれるかもしれません。

タフコンディション下でのワームローテーションで、効果的な役割を期待できるのではないでしょうか。

ステディリトリーブはもちろん、スローリトリーブやフォール・リフトアップなど、さまざまなロッドワークを実践してみたくなります。

どれが効くか判明した瞬間、数釣りや大物狙いにシフトできそうです。

超極細のピンテールを装備しているアジボッコ2.5inch!

アジボッコ2.5inchの最後尾にも注目してください。

超極細にデザインされたピンテールが、ストレートに伸びています。

とても弱い水流に触れたとしても、ピリピリっと機敏にアクションしてくれるでしょう。

それがベイトフィッシュのアクションと重なったら、アジの捕食スイッチはオンに切り換わるはず。

キャストの際には空気をまといやすく、水中に入ったら水平に近い姿勢をキープする役割を果たしてくれます。

水平姿勢はアジのバイトを誘発させますから、数釣り狙いにとても有効です。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

アジボッコ2.5inchには、全部で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●C-6 オキアミカラー

●C-10 クレイジーシルバーカラー

●C-15 アミレッドカラー

●C-16 ナノラメしらすカラー

●C-18 ナノラメグローピンクカラー

●C-22 金粉チャートUVカラー

●C-26 銀粉ジャコブルーUVカラー

●C-37 ドリーム★チームカラー

人気の定番カラーが豊富に揃っていますし、エビ粉入り・夜光・ケイムラ発光・金粉・銀粉・点発光から選べるようになっています。

複数のカラーをキャストしてみて、アジの反応の良いものを絞り込み、釣り当日のプランを立ててみましょう。

アジボッコ2.5inchをキャストして操作するのにおすすめのロッドを選んでみた!

アジボッコ2.5inchをキャストしてフォールさせながらアジを誘うのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

比較的ショートレングスなブランクスのほうが、繊細なロッドワークを仕掛けやすいです。

高い感度はもちろん、尺アジなどの大型サイズが掛かっても耐えられる張り・強度を兼ね備えているものがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ XR S48UL-S

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ XR S48UL-S

最安値価格
¥26,628(amazon)

Amazonへ ¥26,628

楽天市場へ ¥26,882

人気のソアレXRシリーズの中から、全長1.42mのスピニングロッドを選んでみました。

2ピース構造で、仕舞寸法は73.8cmですから、さまざまな釣り場まで持ち込むのがとても楽でしょう。

ウエイトは52gと、とても軽く作られています。

先径は0.8mmと細めで、適合するルアーウェイトは0.4gから8gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまで、PEラインなら0.1号から0.6号まで対応可能です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97.6%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな印象を持ちましたが、負荷が掛かると一瞬で曲がり込んでくれます。

これならアジのショートバイトを弾いてしまう展開には、なりにくいでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

アジボッコ2.5inchの気になる発売日はいつ?

アジボッコ2.5inchの気になる発売日は、2023年の2月上旬を予定しています。

ジグ単で活用しながら、フロートリグで沖合いの潮目などをチェックするのにも効きそうです。

ティクトの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング