タックルバッグのアップ写真

人気のシステムバックパックに2023年NEWカラーバリエーション登場【アブガルシア】

FISHING JAPAN 編集部

背中に担げることで、両手がフリーな状態になるデイパックやリュック。

それが大型サイズなら、釣り場に持ち込めるタックルがかなり増やせることになります。

アブガルシアから発売中のシステムバックパックは、そんなアングラーの要望をカタチにした便利アイテムです。

2023年には新しいカラーバリエーションが追加で登場、詳細スペックをチェックしてみましょう。

システムバックパックとは

システムバックパックとは、アブガルシアからリリースされている、釣り用バックパックのことです。

サイズは、幅が28cmで奥行きが18cm。

高さがなんと52cmもあるので、収納可能な容量が約25Lになっています。

これだけの容量があれば、かなりのタックルを詰め込むことができるでしょう。

しかも背負えますから、両手が完全フリー状態に。

ロッドを持って移動できますし、キャストや各種ロッドワークも無難にこなせます。

システムバックパックの表生地には、強度と軽さを兼ね備えている900デニールのポリエステル糸を織り上げて使っています。

その表面には、劣化しにくく防水性能の高いPUコーティング加工を施しています。

また防水性能を高めるために、ボディ下部分の裏地には薄手のPVCシートを使っています。

もし急な雨に降られたり、濡れたものを収納しても滲みにくい構造です。

ただし、完全防水ではないので、縫い目などから浸水する場合があります。

ボディのフタ部分には、ウエア等を挟むことのできるフック付きゴムスピンドルが付いています。

内側には、メッシュポケットを配置しているので、さまざまな小物類を収納できるでしょう。

その他サイドポケットを2ヵ所に、フロントファスナーポケットも装備しています。

デザインがおしゃれで服装にもあわせやすく、タウンユースに違和感なく使うことができます。

当然本格的なフィッシングスタイルにも対応していて、さまざまな拡張性を備えているのが嬉しいです。

常に収納物をチェックしてクルマに積んでおくと、思わぬタイミングで出会った釣り場でも、すぐに釣りを始められるでしょう。

トラウトゲームで渓流を歩く際には、杖やラジアルソールシューズなども常備しておきたいものです。

システムバックパックの内部構造に注目!

システムバックパックの本体内部にも注目しましょう。

内部はなんとファスナーを用いて、1気室と2気室に使い分けすることができます。

上部気室は深さ32cmで、下部気室は深さ18cmになります。

またフックやシンカーなどをパッケージのまま収納できる、取り外し式のクリアポケットが配備されています。

ワームなどの収納に便利な、ジッパー付きポケットも用意されています。

小物類を購入したパッケージのまま収納できるのは、識別しやすくとてもありがたいです。

2023年に追加されるカラーバリエーションは1種類のみ!

システムバックパックのショルダーベルトや各部に、別売のシステムミニショルダーバッグやオープントップポーチ・ロッド&ボトルホルダーなどを装着することができます。

自分好みのカスタマイズを施して、より扱いやすいバッグに仕上げてみましょう。

またブランドネームは、ライトの光で夜間に反射するリフレクタープリントになっています。

他の場所で釣りをしているアングラーに、こちらの居場所を伝える役割を果たしてくれるでしょう。

2023年に追加されるカラーバリエーションは、1種類のみです。

●グレーカラー

落ち着いた配色なので、さまざまな場所へ持ち出せそうです。

釣りのフィールドはもちろん、タウンユース用としても人気が出るかもしれません。

キャップのカラーなどもバックと合わせると楽しいでしょう。

システムバックパックの取り扱いを分かりやすく解説している動画はこちら

システムバックパックに収納しておきたいおすすめのタックルを選んでみた!

システムバックパックに収納しておきたい、釣りに役立つおすすめアイテムをご紹介しましょう。

バッグの高さを活かせば、予備用のモバイルロッドを持ち運べるはずです。

側面にロッドホルダースペースがありますが、仕舞寸法が50cm以内なら、中に収納することも可能です。

釣り場ではどんなアクシデントが発生するか分かりませんから、予備のロッドかあれば安心してキャストを続けられるでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) パックロッド ベイト ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSC-665M

アブガルシア(Abu Garcia) パックロッド ベイト ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSC-665M

最安値価格
¥10,000(楽天市場)

Amazonへ ¥10,370

楽天市場へ ¥10,000

アブガルシアブランドからリリースされている、マルチピースのベイトロッドです。

全長は1.98mで、継数はなんと5本。

仕舞寸法は、たったの44.6cmにまで縮まりますから、システムバックパックの中にきっちり収まってしまいます。

ウエイトは151gで、適合するルアーウエイトは9gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbになります。

ブランクスのカーボン素材含有率は95%です。

実際に手に取って継いでみると、とても張りがあって負荷に対してはしなやかに曲がろうとします。

継目が多いのが気になるところですが、曲がりは美しく、ギクシャクしたところは見られません。

ガイドバランスも良好で、ラインが絡まっても外れやすいのが嬉しいです。

細身のコルクグリップで握りやすく、滑りにくいのが大きなメリットでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ガイド周りに継目付近に付着したウィードなどは、必ず取り除くようにしましょう。

キャストの際にラインが引っ掛かって、思わぬトラブルに見舞われるかもしません。

特にトップガイドの状態には常に気を配って、ガイドリングに傷が付いていないか確認しましょう。

負荷のかかる箇所の破損は、釣りが続けられなくなる原因となります。

予備用のロッドを持参ていれば、すぐに取り換えて使うようにしたいものです。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ゾディアス (パックロッド) S64L-5

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ゾディアス (パックロッド) S64L-5

最安値価格
¥16,400(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,500

楽天市場へ ¥16,577

Yahoo!へ ¥16,400

こちらはシマノから発売中の、携行に便利なパックロッドです。

5ピース仕様のスピニングロッドになるので、仕舞寸法はなんと43.1cmにまで縮まります。

これならシステムバックパックにじゅうぶん収まりますし、専用ロッドケースに入れてバッグの側面に設置することも可能です。

全長は1.93mで、ウエイトは105gと軽め。

先径は1.5mmで、適合するルアーウェイトは3gから10gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3lbから6lbまでです。

グリップの長さは203mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は97.6%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな印象を持ちました。

オールラウンドに使える長さなので、ソルトウォーターゲームはもちろん、淡水エリアでの釣りに持参したくなります。

継数が多いので、繊細なロッドティップやガイドの取り扱いに注意が必要でしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

幅広い釣り方に対応可能なので、バックに入れておきたいおすすめの1本といえそうです。

スピニングロッドなので、同時に2000番前後のサイズのスピニングリールも持ち歩くことになります。

システムバックパック追加カラーの気になる発売日はいつ?

システムバックパック追加カラーの気になる発売日は、2023年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、9,400円です。

完全防水のバッグではないので、急な雨に当たったら拭き取りを忘れないようにしましょう。

ポケットなどの底部もくまなくチェックして、濡れたままにしないのがベターです。

タックルバッグの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング