ロッドのアップ写真

多魚種対応ロッド【ハートランド リベラリスト】2023年追加ラインナップ3機種登場

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用ロッドとして絶大な人気を誇るのが、ダイワのハートランドシリーズです。

そのチューブラーパワースリムなブランクスをベースにして、魚種を選ばないマルチパーパスな味付けを施したハートランド リベラリストに、2023年追加モデルがラインナップ。

合計3種類の新しい機種について、詳しくご紹介しましょう。

ハートランド リベラリストとは

ハートランド リベラリストとは、ダイワから発売中のマルチパーパスなキャスティングゲーム用ロッドのことです。

一誠の村上晴彦さんが監修しているバス釣り用ロッド・ハートランドシリーズのエッセンスを引き継ぎつつ、バスに限定しない他の魚種も狙えるアイテムに昇華しています。

チューブラーパワースリムなブランクスではあるものの、肉厚・細身のレギュラースローテーパーに仕上げられているのが特徴です。

ダイワのオリジナル技術であるESS・SVFナノプラス・X45フルシールド=X45コブラシールド・V-ジョイント アルファなどが、惜しげもなく採用されています。

2023年に追加されるのは、3つの新しいベイトロッド。

その詳細スペックを、個別に取り上げてみましょう。

●ハートランド リベラリスト・763M+RSB-23

全長2.29mと比較的扱いやすい長さの、レギュラースローテーパーベイトロッドです。

バットジョイント方式の3ピース仕様になっていて、仕舞寸法は96cmにまで縮まります。

専用のロッドケースが付属していますから、持ち運びはとても便利。

あらゆる釣り場に持ち込めることが、このロッドシリーズの可能性を飛躍的に拡大させています。

ウエイトは149gで、先径/元径は1.8/12.9mm。

適合するルアーウエイトは、7gから50gまで。

メタルジグなら、最大60gまで背負えるようになっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから30lbまで、PEラインなら最大2.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%に設計されています。

淡水エリアなら、バスやナマズなどのフィッシュイーターたちを巻き物系ルアーで誘うことが可能です。

海水エリアなら、カサゴ・アイナメ・ソイ・アコウなどのロックフィッシュやシーバス・小型青物をターゲットにできます。

ボートデッキからのアプローチにも、じゅうぶん役に立ってくれるでしょう。

グリップのフォアハンド部分が長めなので、フッキングした後ロッドを立てたいときに握り直してみましょう。

ハートランド リベラリスト・763MH+RSB-23の詳細スペック!

●ハートランド リベラリスト・763MH+RSB-23

全長は2.29mと同じで、3ピース構造になっています。

仕舞寸法は95cmに設計されていて、ウエイトは167gです。

先径/元径は、2.1/13.4mmとやや太め。

適合するルアーウエイトは、10gから70gまで。

メタルジグなら、最大80gまで操ることができるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら14lbから30lbまで。

PEラインなら、最大3.0号まで扱えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

バス釣りでは、カバーゲームからビッグベイトゲームまで実践可能で、海水エリアではロックフィッシュゲーム・ショアジギングゲーム・シーバスのビッグベイトゲームを楽しめるでしょう。

ボートデッキから青物とのやり取りを楽しめますし、強い負荷が掛かってもねじ伏せるだけのバットパワーが備わっています。

ハートランド リベラリスト・863M+RSB-23の詳細スペック!

●ハートランド リベラリスト・863M+RSB-23

飛距離を圧倒的に伸ばしたい人に、ぜひ手に取ってもらいたい1本に仕上がっています。

全長は2.59mと、やや長めに設計されているのが特徴です。

3ピース構造なのは変わりなく、仕舞寸法は111cmにまで縮まります。

ウエイトは160gで、先径/元径は1.8/13.4mmです。

適合するルアーウエイトは、7gから50gまで。

メタルジグなら、最大60gまで操れます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから30lbまで、PEラインなら最大2.5号までマッチするでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

ロングレングスのバーサタイルベイトロッドで、バスはもちろん、海水エリアでは青物狙いのショアジギングゲーム・ロックフィッシュゲーム・シーバスゲームなどを楽しめるでしょう。

ベイトロッドでどこまでの釣り方をカバーできるか、チャレンジするのにぴったりなアイテムではないでしょうか。

ハートランド リベラリストに装着したいおすすめベイトリールを選んでみた!

ハートランド リベラリストに装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトリールを取り上げてみましょう。

まずは、コンパクトでPEラインをメインに操れるものから。

ウエイトも軽めので、長い時間釣りを続けるのにも適しているでしょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトキャスティングリール 22 ジリオン TW HD 1000HL

ダイワ(DAIWA) ベイトキャスティングリール 22 ジリオン TW HD 1000HL

最安値価格
¥34,122(amazon)

Amazonへ ¥34,122

楽天市場へ ¥39,809

Yahoo!へ ¥39,809

ダイワから発売中のベイトリール・ジリオンシリーズの中から、HDのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、6.0kgです。

ウエイトは200gと軽めで、スプール寸法は直径が34mm、幅が24mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

ハンドルの長さは100mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽快な巻き心地を味わえます。

クラッチの切れもスムーズで、つながりも安定しています。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

飛距離をしっかり伸ばしながら、リトリーブも安定しやすいのが嬉しい1台です。

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

最安値価格
¥28,000(amazon)

Amazonへ ¥28,000

楽天市場へ ¥28,374

Yahoo!へ ¥29,643

太いラインを大量にスプールに巻いてアプローチしたときに、とても重宝するベイトリールです。

ギア比は8.1対1になっているので、ハンドル1巻きにつき109cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は11.0kgもありますから、青物などの激しい引きにも耐えてくれるでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを145m、PEラインなら5.0号を160mも巻けます。

ウエイトは325gとやや重めで、スプール径は43mm。

ハンドルの長さは110mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、ボリュームがある割りにはパーミングしやすい印象でした。

ハンドルはスムーズに回せますし、スプール回転も滑らかそのもの。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

太いモノフィラメントラインなら根ズレに強いので、岩礁帯やテトラなどを直接攻めるのに向いています。

流行りのフリーリグなどをラインに結んで、大胆にアプローチを繰り返してください。

ハートランド リベラリスト追加ラインナップの気になる発売日はいつ?

ハートランド リベラリスト追加ラインナップの気になる発売日は、2023年の1月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、62,500円から66,500円です。

釣り場移動が3ピース構造のおかげで、とても楽になるでしょう。

実釣ではラインのチェックを怠りなくおこなって、少しでもザラつきが発生しているようなら、その部分をカットして次のキャストを実施してください。

ダイワの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング