魚のアップ写真

冬の堤防で釣れる魚ってどれなの?おすすめの釣り方特集

FISHING JAPAN 編集部

春から夏の時期にかけて、サビキ釣りなどで賑わっていた堤防も、冬が近づいてくると人影が落ち着いてきます。

魚が釣れなくなってしまうのかというと、実はそうではありません。

釣れる魚が切り替わっているだけで、冬の堤防は攻め甲斐のある釣り場なのです。

ここでは、冬の堤防で狙ってみたい魚や、その釣り方について詳しくご紹介しましょう。

冬の堤防で釣れる魚ってどうやって見つければいいの?

冬の堤防では、どんなところに魚が潜んでいるのでしょうか?

パッと見た感じでは、春・夏のようなイワシ・アジの群れの姿が見当たりません。

それもそのはず、低水温になると、イワシもアジも深場の沖合いへ落ちてしまい、堤防に接岸してくるのは稀になります。

厳密には、底ベタで水深のある岸際なら、アジの姿を見つけることができますが、数は圧倒的に少ないでしょう。

となると、もっと冬に釣りやすい魚を探したほうが、得策に感じます。

冬の堤防に接岸している魚は、ズバリ!低水温に強い魚です。

磯場から回遊してきたのか、グレ=メジナがエサ釣りで掛かってくることがあります。

尾長グレよりも口太グレのほうが多い印象を受けますが、それは地域によって変わるでしょう。

口太グレは、エサ以外にミノーなどのルアーを追いかけることも知られるようになってきました。

まだ専用の釣り方は、シーバスやチヌのように開発されていませんが、ルアー釣りの面白い対象魚になってくれるかもしれません。

堤防でミノーをキャストしていると、前述のシーバス・チヌが掛かってくることがありますが、堤防よりも河川エリアのほうに集まっている確率が高いでしょう。

とにかく小型サイズのミノーをキャストして、堤防の周囲で反応してくる魚を探してみてください。

コノシロやサヨリなどが、ミノーのフックに引っ掛かって釣れるようなら、それらを狙っている大型のフィッシュイーターが潜んでいるかもしれません。

にしてもこのアプローチでは、拾えるバイトの数が極端に減ってしまいそうです。

もっとポイントや魚を絞り込んで、冬の堤防での釣りを充実したものに切り換えてみましょう。

冬の堤防に吹き込んでくる季節風に注目!

冬の堤防には、特有の冷たい季節風が当たります。

でもその季節風の風裏は必ず存在し、水面がとても穏やかな状態になっていることが。

その水面にさまざまな浮遊物が浮いていたら、メバルが集まってきているかもしれません。

浮遊物にはプランクトンなどが混ざっていて、メバルにとって格好のエサ場となっているからです。

メバリングゲームに用いる軽めのジグ単を用意して、メバリングタックルでキャスト。

浮遊物の間をスローにフォールさせては誘いをかけてやると、メバルのバイトがポンポンと続くかもしれません。

日中はもちろん、夜釣りになってもメバルを狙えるので、冬の堤防におけるメインの釣り場と成り得るでしょう。

もし堤防から離れた沖合いに、そういう浮遊物を発見したら、流行りのフロートリグでジグ単を届けると、好釣果が期待できるかもしれません。

冬の堤防の主役はロックフィッシュ!

冬の堤防では、波消しブロックなどの隙間を狙う、穴釣りアプローチも効果的です。

そこに潜んでいるのは、アイナメ・ソイ・カサゴといった、ロックフィッシュたち。

エサは、サバの皮付き切り身にすると、エサ盗りに奪われることなく、ロックフィッシュを釣り上げることができるでしょう。

当然サバの切り身の代わりに、ワームなどのルアーでアプローチしても、じゅうぶん反応があります。

ロックフィッシュのカサゴに関しては、12月ごろから産卵時期を迎えますから、堤防エリアに隣接しているスロープをチェック。

水深は浅いものの、コンクリートでしっかり固められていて水通しが良好なので、このスロープに産卵するケースがあります。

産卵を終えてもしばらくはその場を離れませんから、ルアーでアプローチしてバイトを取ってみてください。

もし産卵前の個体を釣り上げてしまったら、そのまま丁寧にリリースしてあげましょう。

冬の堤防で使ってみたいおすすめのタックルを選んでみた!

それでは冬の堤防で使ってみたくなる、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

キャスティングで遠くのポイントへアプローチできるほうがいいのですが、バーチカルに穴釣りへシフトできる要素も欲しいところです。

ブランクスに適度な張りがあって、軽いものから重いものまで操ることができ、ボトムの感知能力も高いロッドとなると・・・、やはりエギングゲーム用スピニングロッドがマッチしそうです。

リールは、2500番前後のスピニングリールにPEラインを巻いて、柔軟に使ってみましょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 22 セフィアBB S80ML

シマノ(SHIMANO) ロッド 22 セフィアBB S80ML

最安値価格
¥12,870(楽天市場)

Amazonへ ¥13,059

楽天市場へ ¥12,870

2022年にシマノからリリースされたセフィアBBシリーズの中から、8.0ftと取り回ししやすい長さのエギングゲーム用スピニングロッドを選んでみました。

全長は2.44mで、継数は2本。

仕舞寸法は125.5cmにまで縮まりますから、堤防まで持ち運ぶのにとても便利です。

ウエイトは105gと軽めで、先径は1.8mmあります。

適合するエギサイズは、最大で3.8号までなので、20gを超えるウエイトまで操れるでしょう。

ジグ単をセットしたフロートリグを、ロングキャストして沖合いに届けるのに向いています。

また足元をバーチカルに攻めるのにも、じゅうぶん対処できるでしょう。

適合するPEラインは、0.4号から1.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、94.9%になります。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな張りを体感できるブランクスです。

負荷がロッドティップにかかると、しなやかに曲がり込む特性も持っています。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

セフィアBBシリーズには、ソリッドティップ搭載モデルもラインナップされているので、より軽いルアーを使いたい人は、そちらも手にしてみるといいでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22 サハラ 2500SHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22 サハラ 2500SHG

最安値価格
¥6,935(楽天市場)

Amazonへ ¥7,092

楽天市場へ ¥6,935

Yahoo!へ ¥7,085

同じく2022年にリリースされたサハラシリーズの中から、オールラウンドに使える2500番のハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき91cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は2.5kgで、最大ドラグ力は4.0kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを100m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ウエイトは240gで、ハンドルの長さは55mm。

ボールベアリングは、4個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、軽快な巻き心地をキープできる印象です。

ローター回転も滑らかなので、ラインスラックはカンタンに回収してしまえるでしょう。

実売価格は7千円と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

価格が安いので購入を決断しやすく、積極的に大胆に活用できるおすすめの1台となります。

バーチカルにリフト&フォールを繰り返しても、ラインローラーやローターから軋み音が鳴ることはなく、長く釣りに使えそうな印象を持ちました。

冬の堤防で釣れる魚を探し出して食わせてみよう!

冬の堤防で釣れる魚の特徴や釣り方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

寒い季節に釣り場へ向かうことになるので、防寒対策はじゅうぶんに取るようにしましょう。

ジャケットやパンツは厚手のものにして、インナーも保温機能の高いものを選んでください。

夜釣りになるようなら、携行用の照明も忘れないようにしてください。

魚の関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

釣り場」カテゴリの人気記事

DAILYランキング