魚のアップ写真

ニベってどんな魚か知ってる?釣り方や食べ方+おすすめのタックルをチェック

FISHING JAPAN 編集部

ニベという名前の魚を釣った経験はありますか?

海岸線からジグやミノー・バイブレーションルアーをキャストすると、結構な割合で反応してくれるフィッシュイーターです。

ここでは、ニベの特徴や釣り方。食べ方についてご紹介しましょう。

「ニベは塩焼きにすると美味しいよね!」

まさにその通り!白身で旨味が滲み出るような、独特の食感がたまらないですね。

ニベとは

ニベとは、スズキ目ニベ科の海水魚のことです。

体長は、成魚になって50センチ前後に至るぐらいでしょうか。

沿岸からあまり離れていない泥底周辺に生息していることが多いですね。

生息エリアは、日本海側なら新潟県から島根県辺りでよく確認されていて、東北エリアや瀬戸内海・九州までの太平洋沿岸でも釣れることがあります。

ニベの産卵時期は春の4月ごろに集中していて、秋の9月ごろにも抱卵する個体がいます。

サーフエリアでヒラメをターゲットにしているときに、ジグやミノーによく掛かってきますよ。

内湾よりも外洋に面しているサーフのほうが、遭遇する確率が高く感じますね。

砂地で泥の混じっているようなシチュエーションで、そこに棲む甲殻類や小魚・ゴカイ・アオイソメなどを捕食しています。

特徴的なのは、釣り上げた瞬間にグーグーと音を立てること。

まるで釣られたことを怒っているような鳴き声に聞こえますが、これはニベの体内にある浮き袋を使って音を発生させているのです。

ちなみに内湾でよく釣れるのが、シログチです。

ニベとよく似ているので混同しがちになりますが、漁の対象で加工品として我々の食卓に届けられている魚ですね。

ニベを加工品にしたものは、あまり見かけませんから、鮮魚としてスーパーや魚屋さんに並んでいるニベを発見するケースのほうが多いでしょう。

「でもあんまり食べないというか、馴染みがないよね!」

とても旨味のある白身魚なのに、その点はちょっともったいなく感じます。

ぜひ釣り上げて、美味しく食べてみたいですね。

紀伊半島の和歌浦では、クチと呼ばれている魚で、食用として人気が高いですよ。

釣り方は船釣りで、イソメなどの虫餌を胴付き仕掛けに装着して、オモリで底を叩くようにして誘います。

ショアからなら、投げ釣りやジギングによるアプローチが有効でしょう。

ニベ専門で狙ってみると、結構楽しめるのでぜひチャレンジしてみてください。

ニベの釣り方に注目!

ニベの釣り方は、手返しの良さを考慮すると、ショアジギングがおすすめです。

ショートタイプのボディにして、ウエイトも軽めのほうが食いは良さそうです。

サーフエリアからキャストしても釣れますが、防波堤などのある程度水深のあるところからキャストするほうが、ニベの棲み処を直撃できるかもしれません。

リフト&フォールで底をとりながら、ラインテンションの変化に注目してください。

ニベの口はさほど大きくはないので、丸飲みバイトというよりはスレ掛かりのような場合が多発します。

フックポイントを鋭い状態にして、バイトがあればラインテンションを保ったまま、素早く引き寄せるようにしたいですね。

ニベの食べ方は塩焼き・刺身がおすすめ!

ニベの食べ方は、なんといっても塩焼きがバツグンです。

火を入れても身があまり硬くならないのがいいですね。

血合いは弱めで、実は生食にとても向いている魚でもあります。

ニベの刺身を一度食べたら、その美味しさ・旨味の深さを忘れられなくなるでしょう。

生身を湯引きにしても美味しいですから、さまざまな料理に仕上げてみたいですね。

その他煮付けやフライ・味噌汁の具にも、とてもマッチする魚です。

ニベをショアから釣るのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではニベをショアからのキャスティングで釣るのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロングキャストを想定すると、ライトショアジギング用ロッドがベストマッチかもしれませんね。

そこに4000番程度のスピニングリールを装着すれば、イメージ通りの飛距離を叩き出せるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ショアジギング コルトスナイパーBB 2021 S100MH ショアジギング ショアプラッキング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド ショアジギング コルトスナイパーBB 2021 S100MH ショアジギング ショアプラッキング

最安値価格
¥14,550(楽天市場)

Amazonへ ¥16,170

楽天市場へ ¥14,550

Yahoo!へ ¥15,246

シマノから2021年にリリースされた、ショアジギング専用のスピニングロッドです。

低価格に設定されているので、ショアジギングをこれから始めたいと考えている人にも、強く響くロッドに仕上がっていますよ。

スペックバランスも申し分なく、緩やかなスイングでロッドのパワーや調子に慣れていくようにしましょう。

全長は3.05メートルと、3メートル超えの長めの設定です。

継数は2本で、仕舞寸法は157.0センチにまで縮まるようになっています。

自重は293グラムと重めで、先径は2.3ミリとしっかり太目。

剛性感が伝わってくるので、強い負荷が掛かっても安心して扱えそうなのがいいですね。

適合するルアープラグウェイトは、最大で65グラム。

適合するメタルジグのウェイトは、最大で80グラムまでとなっています。

適合するPEラインは3号までカバーできるので、ラインの強度はバッチリでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.9パーセントです。

実際に手に取ってみると、しっかりした作り込みでパワー・トルクともに安定している印象です。

曲がり込みに対する復元はスムーズで、ブレがいつまでも続いてしまうような味付けではありません。

サイドハンドキャストでゆるりとキャストしながら、どれくらいの負荷に耐えられるかはかってみましょう。

ガイドの配列やバランスもよく出来ていて、糸絡みを抑えてくれるのも嬉しいですね。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格設定になっています。

ショアからのニベ釣りに、ぜひ使ってみたくなるおすすめの1本です。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ 4000XG ヒラメ ショアジギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サハラ 4000XG ヒラメ ショアジギング

最安値価格
¥7,182(amazon)

Amazonへ ¥7,182

楽天市場へ ¥7,315

Yahoo!へ ¥7,242

シマノから発売中の汎用型スピニングリールです。

4000番ならラインキャパもじゅうぶんなので、ロングキャストに対応できますよ。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きで99センチのラインを巻き取れるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0キロもありますから、大きな負荷がかかってもじっくり対処可能です。

自重は295グラムとやや重め、スプール寸法は直径が51ミリでストロークが17ミリ。

ラインキャパは、PEラインなら2号を210メートル巻けます。

実際に使ってみると、頑丈な印象そのままのリールで、ゴリゴリ強引に巻き取れてしまうのがいいですね。

ハンドルもローターも軽快に回ってくれますから、ラインローラーにきっちりラインをとらえて、巻き始めるようにしましょう。

実売価格は7千円前後と、とても安い価格帯に収まっています。

この機種からショアのキャスティングゲームを始めてみるのも面白いかもしれませんね。

メジャークラフト メタルジグ ジグパラ ライブベイトカラー JPS-30L #80 30g

メジャークラフト メタルジグ ジグパラ ライブベイトカラー JPS-30L #80 30g

最安値価格
¥571(Yahoo!)

Amazonへ ¥735

楽天市場へ ¥607

Yahoo!へ ¥571

メジャークラフトから発売されている、リアルなカラーリングのメタルジグです。

ライブベイトカラーと名付けられていて、イワシ・サバ・アジなどの捕食対象となる小魚そっくりに仕上げられていますよ。

こんなに似ていたらニベもびっくりで、思わず食い付いてしまうでしょう。

ウエイト設定は、30グラム前後のものが扱いやすいですよ。

キャストして底まで落とし込み、ラインにスラックが出たのを確認してから、リフト&フォールで誘ってみましょう。

フックは自分の好みに交換してかまいませんが、フロントアイにアシストフックを2本付けておくと、フッキング効率はアップします。

根掛かりもきっちり抑えられるので、このセッティングでキャストを繰り返してみてください。

実際に使ってみると、よく飛びよく誘ってくれる印象ですね。

実売価格は400円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

複数の魚のカラーを揃えておけば、釣り場に居るベイトフィッシュに合わせて釣りを展開できますよ。

ニベの習性を理解して数釣りにチャレンジしよう!

ニベの特徴や釣り方・食べ方、おすすめの釣りタックルを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

シーバスゲームをしていても、たまに掛かってくるニベ。

居場所を絞り込んで、メタルジグを投入してみましょう!

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング