ジグのアップ写真

リアルブレードTGは2022年新発売の高比重キャスティングブレードジグ【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

ボートデッキからのキャスティングゲームで、サワラやサゴシをターゲットにしたブレードジギングが注目されています。

2022年ダイワからリリースされるジグ・リアルブレードTGなら、ロングキャスト&リトリーブで、好釣果を期待できるでしょう。

そのスペックや使い方について、詳しくご紹介します。

リアルブレードTGとは

リアルブレードTGとは、2022年にダイワから新発売される、キャスティングゲーム用ブレードジグのことです。

設定ウエイトは、2種類用意されています。

軽いほうが、30g。

飛距離はじゅうぶんですし、表層をハイスピードで引っ張ってくるのに向いているでしょう。

重いほうが、40g。

圧倒的に伸びる飛距離を駆使して、広範囲から活性の高いサワラ・サゴシ・青物などを呼び込めるはずです。

ボートデッキの上からキャスティングを実践して、広範囲をスピーディーに探るのが、このジグの活かし方となります。

ダイワオリジナルのデザインが施された、最後尾のフィン構造に注目してください。

キャストの際はもちろん、着水してからのフォール時にも、ライントラブルを回避するカタチに仕上がっています。

リトリーブの安定化も引き出してくれるので、フッキング性能の向上にもつながっています。

リアルブレードTGのボディ素材には、高比重タングステンを採用しています。

サイズ感はコンパクトに抑えられているので、マッチ・ザ・ベイトの方向性を崩さずに、飛距離を伸ばすことが可能です。

動きの素早い群れに対して、一気に到達させるためには、高比重タングステンボティは不可欠といえるでしょう。

リアルブレードTGのブレードには、コロラドタイプが1枚装備されています。

大きくて強い波動を発生させることができ、アピール度は満点。

フックは、こだわりの掛けタイプデザインで、軸の太いものを採用。

ブレードと一緒に回転することになるので、掛かりの良さと強さを兼ね備えています。

当然豪快なフッキング動作にも耐えられますから、サワラなどの上アゴをしっかり貫いてくれるでしょう。

リアルブレードTGをボートシーバス船に持ち込んでみよう!

リアルブレードTGは、ボートシーバスのガイド船でも活用しやすいアイテムではないでしょうか。

コノシロパターンで大型シーバスをボートから狙うとき、同じようなタイミングでサワラの群れも入ってくるはず。

どちせの魚もサーチできるように、リアルブレードTGを用意しておけば、チャンスを逃さない釣りを展開できるでしょう。

当然リアルブレードTGにシーバスが掛かってくることも想定し、フッキングのタイミングを練習しておきたいところです。

タックルは、サワラもシーバスも同じボートシーバス用スピニングタックルで対応可能でしょう。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

リアルブレードTGには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●ピンクカラー

●アカキンカラー

●グリーンゴールドカラー

●ケイムライワシカラー

●ブルピンカラー

●ブルピンゴールドカラー

●ブルピンゼブラカラー

●ゼブラグローカラー

ケイムラ系やグロー系がラインナップされているので、日照の届きにくいレンジをトレースするときも安心して攻めることができます。

サワラは、横方向にレンジをいきなり切り換えずにトレースするほうが、ミスバイトを抑えられるでしょう。

リアルブレードTGを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

リアルブレードTGをフルキャストして高速リトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ボートシーバスゲーム用に設計されたもので、ある程度の張り・硬さの備わったスピニングロッドなら、じゅうぶん兼用できるはずです。

リールは、ロングキャストすることを考慮すれば、3000番から4000番前後がマッチするのではないでしょうか。

テイルウォーク(tailwalk) BOATGAMER SSD S73M 16714

テイルウォーク(tailwalk) BOATGAMER SSD S73M 16714

最安値価格
¥21,120(楽天市場)

Amazonへ ¥23,439

楽天市場へ ¥21,120

Yahoo!へ ¥23,439

テイルウォークからリリースされている、ボートシーバスゲーム用のスピニングロッドです。

こちらはMパワーブランクスですが、もっと硬いXHパワーのものもラインナップされているので、重いほうのリアルブレードTGをヘビーユースするなら、そちらも検討してみてください。

全長は7.2ftもあるので、軽く振り切るだけで飛距離を伸ばせるようになっています。

継数は2本ですから、仕舞寸法は114cmにまで縮まります。

ボートデッキへ持ち込むのに、短く仕舞えるのはとても便利です。

ウエイトは115gと、とても軽く仕上げられています。

長い時間ロッドを振り続けても、この軽さならさほど疲れを感じずに釣りを楽しめるでしょう。

適合するルアーウエイトは、最大で35gぐらいまで。

適合するPEラインは、最大で2号までとなっています。

実際に継いで手に取ってみると、ベリーからバットにかけて、じゅうぶんなパワーを保持している印象を受けました。

これならサワラがいきなり食い付いてきても、その走りにしっかり対処できるはずです。

ガイトバランスは良好で、PEラインが絡み付きにくい並びに整えられています。

グリップ周りは細身で、しっかりと握り込めるのがありがたいです。

実売価格は2万円前後と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ボートシーバスゲーム用に購入して、サワラや青物などのブレードジギングゲームに転用してみることをおすすめします。

ショックリーダーラインのチェックはマメにおこなうようにして、ザラ付きが確認できたら、すぐにカットしてください。

ボートデッキ上でショックリーダーラインを結び換えるのにも、慣れておく必要があるでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 4000-CXH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 カルディアSW 4000-CXH(2022モデル)

最安値価格
¥20,998(amazon)

Amazonへ ¥20,998

楽天市場へ ¥23,040

2022年にダイワから新発売された、カルディアSWシリーズの4000番モデルです。

エクストラハイギア仕様なので、高速リトリーブを実践するのに向いています。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき99cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は、余裕のある12kg設定。

ウエイトは290gと軽めなので、あまり疲れを感じずに、ロングキャストを続けられるでしょう。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽やかな巻き心地に仕上がっています。

エクストラハイギア独特の負荷の掛かり方は、あまり強くない印象ですから、滑らかさが際立っていると感じました。

ローター回転も軽やかなので、キャストしてスピーディーな手返しを期待できるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

SWタイプの剛性・耐久性のあるスピニングリールで、大型のサワラや青物をガッチリ仕留めましょう。

リアルブレードTGの気になる発売日はいつ?

リアルブレードTGの気になる発売日は、2022年の11月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,900円から2,100円です。

サワラ・サゴシや青物などをターゲットにしたブレードジギングゲームは、まだ産声を上げたばかりです。

今後どのようなカタチに成長していくかは、今実践する釣りスタイルにかかっているでしょう。

リアルブレードTGを上手く活用しながら、サワラをガンガン釣り上げて、新しい釣り方を模索してみましょう。

フックポイントは常にチェックして、鈍っているようなら新しいものに交換することをおすすめします。

ジギングの関連記事はこちら

キャスティング」カテゴリの人気記事

ボートシーバス」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング