ワームのアップ写真

パフネークの実釣インプレ特集【アジング】34の節付きストレートワーム

FISHING JAPAN 編集部

34のインジェクションワーム・パフネークを、フィールドで使ってみました。

複数の節で構成されているデザインは、節でカットしてもジグヘッドに装着しやすく、静止状態で微かに震えてくれる自発アクションを備えています。

使ってみた感想や、操作するのにおすすめのロッドをご紹介しましょう。

パフネークとは

パフネークとは、34からリリースされている、アジングゲーム用のストレート系ワームのことです。

サイズ設定は1種類のみ、2.2inch=5.588cmに設計されています。

他のアシング用ワームと比べると、やや長くて大きめなので、水中でよく目立つ印象を持ちました。

パフネークの特徴は、何といっても節が設けられていること。

リブのような小規模な造形ではなく、しっかりと身をうねらせているので、水流が僅かでも存在すればそれをとらえようとします。

節の形状に沿って水が流れますから、最後尾に伝わるにつれて、プルプルと微振動に変わります。

ワームを横方向へ移動させなくても、ほぼ静止した状態で、プルプル。

これが実践できるのであれば、例えば潮目に存在するプランクトンの群れの中にぶら下げて、プルプルと身を震わせることができるはず。

横移動が伴なわないので、プランクトンの群れに引き寄せられたアジの目にも、その微細なプルプルが届くでしょう。

アジという魚は、思わず口を使う習性があります。

目に届いた情報が最優先で、それ以上の刺激をあまり求めていないような気がします。

プランクトンの群れの中でのプルプル、潮目でなくても常夜灯の下でも、カンタンに実践できますから、そのときのアジの反応をチェックしてください。

既存のストレート系ワームとは異なる、アジのリアクションバイトを目の当たりにできるはずです。

パフネークをジグ単にセットして、アジをフッキングすると、ワームの頭部分にヒビなどが入ってきます。

そうなったら一旦ジグヘッドから外して、傷んだ部分をカットしてから、再度ジグヘッドに装着してください。

当然2.2inchよりは短くなるものの、さほど釣果に変わりなく使い続けられるでしょう。

豆アジが沸いているようなポイントなら、最初からパフネークの節カットをおこなって、小さなボリュームでアプローチしてみることをおすすめします。

パフネークの実釣インプレ!

パフネークを実際にフィールドでキャストしてみました。

0.6gより軽いジグヘッドにセットした場合、フォールスピードは極端に落ちます。

比重の低いラインやショックリーダーラインを用いると、よりその傾向は顕著に。

ロッドティップを立ててラインテンションを与えれば、同じ層に漂わせることが容易におこなえます。

もし常夜灯の下でプランクトンの群れを発見したら、その群れの中でパフネークのジグ単を存在させ続けてみてください。

ひんぱんにシェイクする必要は無く、存在させておくだけでしっかりとアジか食い付いてきました。

カラーローテーションは実践したほうが、バイトは続くでしょう。

漂わせる層は、時間とともに下げていくつもりでアプローチ展開してください。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

パフネークには、全部で6種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●あめいろカラー

●ともしびカラー

●こうはくカラー

●ひまわりカラー

●開運おれんじカラー

●あおりんごカラー

上記の他にスペシャルショップ限定カラーとして、そらカラーやさくらふぶきカラーがリリースされています。

釣り場のシチュエーションに応じて、複数のカラーを使い分けてみましょう。

パフネークの水中アクションを収めている動画はこちら

パフネークを操作するのにおすすめのロッドを選んでみた!

パフネークをキャストしてプランクトンの群れの中で止め置くのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

硬過ぎるブランクスでは、意図せず移動させてしまう可能性が高まるので、繊細で柔らかいロッドティップのスピニングロッドがマッチします。

34 ガイドポスト LHR-57

34 ガイドポスト LHR-57

最安値価格
¥25,300(amazon)

Amazonへ ¥25,300

楽天市場へ ¥25,300

Yahoo!へ ¥26,059

34から発売中の、アジングゲーム用スピニングロッドです。

全長は1.71mで2ピース仕様、仕舞寸法は88.5cmにまで縮まります。

適合するワームリグウエイトは、0.3gから2.0gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら0.9lbから2.0lbまでです。

ウエイトは74gと、とても軽く仕上げられています。

実際に手に取って継いでみると、ブランクスのベリー部分がしなやかに曲がり込んでくれるのが分かります。

バットパワーはそれなりに張りがありますから、軽量なジグ単を飛ばしつつ、ピシッ!としたフッキングを決めることができるでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

パフネークを使いこなしてアジングゲームを楽しもう!

パフネークの特徴や使い方・実釣インプレ、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣り場の変化に合わせてアジングゲームをおこないたいとき、信頼できるワームが存在すると、釣果が自然に安定します。

パフネークをじっくり使いこなして、自分の釣りスタイルを大きく膨らませてみましょう。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング