ルアーのアップ写真

アジングをマスターして数釣りを楽しみたい!初心者におすすめの釣り方特集

FISHING JAPAN 編集部

漁港に出向くと、数多くのアングラーがロッドを振っています。

実践しているのは、流行りのアジングゲーム。

カンタンに始められるとのウワサですが、まだアジを釣り上げていない人が結構いるかもしれません。

ここでは、アジング初心者の人向けに、アプローチしやすい釣り方をご紹介します。

昼と夜で若干の違いはありますが、基本ラインはさほど変わりませんので、ぜひマスターしてください。

アジングゲームでアジを釣るにはどうすればいいの?

アジングゲームをスタートさせるには、まずアジの居場所を探り出さなくてはいけません。

漁港ならどこでもいる!というわけではないのです。

群れで移動するアジは、プレッシャーがかかると底に向かって沈む習性があります。

昼も夜もこの性格だけは変わらないので、立っているアングラーの多い釣り場なら、底を探ることから始めてみましょう。

その際に使いたいルアーは、ワーム+ジグヘッドのジグ単ではありません。

ジグ単は、アジの居場所が絞り込めるまで、あえて封印しておきましょう。

理由は、どうしてもフォールしていくのに時間が掛かってしまい、手返しが悪くなるからです。

できるだけ時間をかけずにアジの居場所を探し出すなら、ハードルアーのほうが適任でしょう。

おすすめは、浮力の無いスプーンやメタルジグです。

アジの口のサイズを考慮して、マイクロサイズのものを選ぶようにしましょう。

コンパクトでも飛距離は伸びますし、着水後のフォールも早め。

底に到着するまでの時間も短くなるので、アジの群れに遭遇する確率は、飛躍的にアップするでしょう。

着底したスプーンやメタルジグは、ズル引きせずにリトリーブで回収します。

その際に発生するフラッシング効果や水押し効果で、そばにアジが居れば食い付いてくるでしょう。

何のアタリも手元で感じない場合は、別の場所の底を探ります。

手返しよく広範囲を探ることで、軽く引っ張られるようなアタリをとらえられるようになるはずです。

そのままフッキングできればいいのですが、乗り切らない場合は、結んでいるルアーを取り換えます。

ボディに浮力とボリュームを持たせて、沈みはするけれどゆっくり、そしてウォブリングなどのアクションを発生させるルアーでアジを誘います。

アジングゲームで実践したい誘いと食わせのアプローチ!

アジングゲームのスタート段階で、バイトが頻発する場所を見つけ出すことができたら、そこから離れないようにして、次の段階へ移ります。

ハードルアーによる誘いの次に繰り出したいのは、食わせのアプローチです。

ここでようやく、ワームに登場してもらいましょう。

ジグヘッドのウエイトは、1gを下回る軽いものから、3gぐらいまでを用意すればOKです。

用意するワームは、ピンテール系やカーリーテール系を複数用意しておくと、ローテーションしながら食い付きの差を推し量れます。

カラーバリエーションも、やはり複数種類並べておくほうが、ベストのカラーを見つけやすいかもしれません。

フォールしている最中にアタリか出るケースがありますから、注意深く底まで落とし込んでみてください。

ハードルアーに施された工夫がアジを惹き付ける!

アジングゲーム用のルアーには、さまざまな工夫が盛り込まれています。

特にハードルアーに関しては、装着するフックも凝っているものが増えてきました。

例えば、ジギングのようにアシストフックを装着し、ショートバイトでも何とかフッキングに持ち込めるようにしてあります。

あまり強めのウォブリングアクションを、発生させないルアーもあります。

アクションによる刺激よりも、同じ層を無防備な感じを出しながら泳ぐ様子のほうが、アジに効果的なことが分かってきたからです。

スキだらけです!と自称しているようなハードルアーほど、アジの反応は良い傾向になりがちです。

アジングゲームで使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

それではアジングゲームで使ってみたくなる、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

オールラウンドに使いたいなら、ある程度の長さを持ったブランクスのほうが、広範囲を探りやすいものです。

あまり張りやパワーを重視せずに、バイトを弾かないレベルの柔らかさを、ロッドに求めてみましょう。

メジャークラフト ファーストキャスト FCS-S642AJI アジングロッド

メジャークラフト ファーストキャスト FCS-S642AJI アジングロッド

最安値価格
¥5,104(楽天市場)

Amazonへ ¥5,742

楽天市場へ ¥5,104

Yahoo!へ ¥5,104

メジャークラフトからリリースされている、アジングゲーム専用のスピニングロッドです。

全長6.4ftとやや長めなので、ロングキャストしやすい特性に仕上がっています。

適合するルアーウエイトは、0.6gから10gまで。

これならジグ単からマイクロメタルジグまで、しっかりとカバーすることができます。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら最大5lbまで、PEラインなら最大0.6号まで対応可能です。

実売価格は5千円台と、とても低価格な設定になっています。

アジングゲームをきっちりマスターしてアジを釣り上げよう!

アジングゲームのアプローチ方法や、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

ハードルアーを使いこなしながら、食わせの釣りへ移行できるようになりましょう。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング