タコのイラストの写真

タコ釣りの時期を調べてみよう!おすすめタコ釣りアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

タコ釣りは近年非常に人気で、もはやブームになってきています!

オクトパッシングなどという新しいフレーズも生まれて、波止や船から竿を出す人が増えてきましたね。

みなさんも流行に乗って、タコ釣りを始めてみてはいかがでしょうか?

今回は、タコ釣りに適した時期や始め方、おすすめアイテムをご紹介します!

タコ釣りのルール

タコ釣りとは、その名の通りタコがターゲットの釣りなのですが、近年流行っているタコ釣りは、エギングのように、専用のロッドやリールなどのタックルを使用して行います。

注意したいのが、タコには漁業権の対象になっている地域があること、つまり勝手に釣りをして持って帰ってはいけない場合があります。

漁業権の対象となっているエリアでは、タコ釣りは原則禁止となっているようですが、漁協によっては1本のロッドを使って家庭で消費する程度のタコ釣りならOK!と言ってくれるところもあるようなので、実際に釣り場に向かう前に最寄りの漁協に連絡して、タコ釣りの可否を確認してから、釣りを行ってくださいね。

トラブルを起こすような行為は、楽しい釣りを楽しめなくなってしまう原因になってしまうので、釣り人のマナーとして心に留めておきましょう!

タコの生態

タコ釣りをおこなう時に、まず知っておきたいのはその生態です。

タコは、岩陰に潜んでいるイメージがありますが、意外と大胆な行動に出るタイプのタコもいて、昼間でもその姿を波打ち際で見かけることがあります。

目は非常によく、砂浜でユラユラと揺られているので、捕まえようと近づくと、一瞬で逃げられてしまいますから、視野が広いのは間違いなさそうです。

姿勢を低くして動かずにいると、またタコが戻って来ることも多いので、その様子をじっくり観察しながら、釣り方を練るのも楽しいかもしれませんね。

タコが好んで捕食するのは貝類や甲殻類

タコは、貝類や甲殻類に覆いかぶさるようにして捕食しています。

複数の吸盤の付いた腕で巻き付いてくるのですから、捕食される側は逃げようがありませんよね。

そういうタコの狩りを逆に利用して、タコ釣りの道具・仕掛けがいろいろと考え出されました。

その中のひとつが、タコ専用のエギ=タコエギです。

イカで使うエギよりも、カンナ=フック部分が大きいのが特徴です。

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ(タコ): タコやん 3.0号 HGOG: ホロゴールドオレンジ

YO-ZURI(ヨーヅリ) エギ(タコ): タコやん 3.0号 HGOG: ホロゴールドオレンジ

最安値価格
¥675(Yahoo!)

Amazonへ ¥955

楽天市場へ ¥708

Yahoo!へ ¥675

マルシン漁具 オクトパスタップ 4.0号 ホワイトグロー

マルシン漁具 オクトパスタップ 4.0号 ホワイトグロー

最安値価格
¥198(Yahoo!)

Amazonへ ¥485

Yahoo!へ ¥198

ヤマシタ(YAMASHITA) タコゆらハンター 鉛なし FK

ヤマシタ(YAMASHITA) タコゆらハンター 鉛なし FK

最安値価格
¥341(amazon)

Amazonへ ¥341

楽天市場へ ¥341

Yahoo!へ ¥341

タコエギは、カンナ部分が大きいだけでなく、アゴ下に付いているウエイトも独特の形・サイズをしています。

このウエイトが、真っ先に底に着いて砂煙を巻き上げるわけですが、タコはこの砂煙が大好き。

好奇心の強いタコは、「何か食べ物が居るんじゃないの?」と、強い興味を持って、トップスピードで近づいて確認しようとします。

そこに目立つ配色の物体(タコエギなんですけど・・)を見つけたら、一目散に駆け寄って抱き付くのは予想できますよね。

したがってタコエギのカラーは、タコが遠くからでも視認しやすいものが用いられています。

タコ釣りに適した時期

次に知っておきたいのが、タコ釣りに適した時期です。

タコは、水温が上昇してくると接岸して活発に捕食を繰り返すようになりますから、5月から9月の終わりにかけてが釣りやすいといえます。

特に6月から8月の夏場は、タコ釣りに最も適していますが、冬にタコが釣れないわけではありません。

漁港の入口から内部にかけて走っている、通称・ミオ筋と呼ばれる深場は、水温が安定しているので冬でもタコが集まっていることがあります。

そこ目がけてタコエギなどの仕掛けを投入すれば、大型サイズの越冬ダコが釣れるかもしれません!

イイダコの接岸は冬前後

タコの種類によっては、接岸の時期が異なるものがいます。

例えば、本州全域で釣れるイイダコは、産卵による接岸が冬から春にかけてなので、10月から12月ごろに岸からのキャストで釣りやすくなります。

イイダコ釣りに絞って楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

ショアからのイイダコ釣りを楽しんでいる動画はこちら

タコは夜行性なので夜釣りで狙うのもOK!

タコは夜行性の生き物ですから、夜に活発に動き回る習性があります。

ですから波止でタコ釣りをする場合、夜釣りも試してみると釣れる確率は上がるでしょう。

携帯用のヘッドライトを釣り場へ持ち込んで、波止の壁際などにくっ付いているタコを見つけ出してください。

夜釣りは周囲の様子が見えにくく大変危険ですから十分注意して、ライフジャケットの着用はもちろん、複数の釣り人とともに行動するよう心がけてください。

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 小型 【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】 単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠

GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 小型 【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】 単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠

最安値価格
¥987(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,433

楽天市場へ ¥1,083

Yahoo!へ ¥987

Tomo Light LEDヘッドライト 充電式 長時間型 防災特化型モデル リチウムイオン蓄電池 2本付 CMA-1005LT

Tomo Light LEDヘッドライト 充電式 長時間型 防災特化型モデル リチウムイオン蓄電池 2本付 CMA-1005LT

最安値価格
¥2,640(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥2,640

冨士灯器 LEDライト ZX-R700 (充電タイプ)

冨士灯器 LEDライト ZX-R700 (充電タイプ)

最安値価格
¥9,900(楽天市場)

Amazonへ ¥11,000

楽天市場へ ¥9,900

Yahoo!へ ¥9,900

冨士灯器 ヘッドライト ゼクサス ZX-350

冨士灯器 ヘッドライト ゼクサス ZX-350

最安値価格
¥5,327(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,620

楽天市場へ ¥5,610

Yahoo!へ ¥5,327

タコ釣りは昼間でも夜でも楽しめる釣りです。

基本的には、エギなどの仕掛けを投入して底をズル引きするようにしましょう。

ロッドティップがグイグイ引き込まれるようなアタリの出方は、あまり期待できません。

「あれ、根掛かったかな?」と感じてしまうような、重い感触がまず手元に伝わってきます。

それでロッドを振ったり水平に引っ張ったりすると、せっかく仕掛けを抱いているタコがスポッと抜け落ちてしまいますよ。

釣り方は、ロッドを真横に持って来て、その曲がりを維持します。

ゆっくり後方へ向かってロッドを回しながら、それでも曲がりが続いていたら、ガツンと力強くアワセてみましょう。

アワセた後も重みを感じたら、タコが付いている証しですから、素早くリールハンドルを回して取り込んでください。

大型サイズが掛かる可能性もあるので、長めの柄の付いたランディングネットを用意することも忘れないようにしましょう。

近くの釣り場でタコ釣りを楽しもう!

自宅近くの海にもタコはいるはずです。

根掛かりが多発するような場所はおすすめしませんが、漁港内で底が砂地なら、タコ釣りを実践してみる価値は大いにあるでしょう。

まずは昼間に出かけて、漁港のミオ筋を調べるところから始めてください。

当然漁港内が釣り禁止でないことを確認してから、タコ釣りをしましょう。

家族や友達と一緒に出かけて、休日を過ごすイベントとして活用するのもいいかもしれませんね。

釣り上げたタコは、陸上に置いてもしっかり歩いて逃げようとしますよ。

きちんとシメて、クーラーボックスに保管しておけば問題はありません。

足の付け根には鋭い歯が隠れていますから、むやみに指を近づけると怪我を負います。

じゅうぶん取扱いに気をつけて、タコ釣りを満喫してくださいね!

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング