ルアーのアップ写真

好評デラクーに2022年NEWカラー登場!使い方&おすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

軽くロッドを振るだけで飛距離を伸ばせるスピンテールジグは、とても扱いやすく、ただ巻きリトリーブでカンタンに釣れるルアーです。

ジャッカルのデラクーなら、コンパクトなサイズでロングキャストを実現。

2022年には、新しいカラーバリエーションが追加されます。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめタックルをご紹介しましょう。

デラクーとは

デラクーとは、ジャッカルからリリースされている、バス釣り用スピンテールジグのことです。

ウエイト設定は、2022年の新しいカラーバリエーションなら3種類に絞られています。

1/4oz・3/8oz・1/2ozの中から、選んで使ってください。

それぞれにトレブルフックが装備されていて、1/4ozには10番サイズが、3/8oz・1/2ozには8番サイズが付いています。

デラクーには、メタルジグと同じように、メタル素材のボディが与えられています。

それをギュッ!と絞り込んだようなコンパクトフォルムに仕上がっているので、キャストしたときの空気抵抗がしっかり抑えられます。

飛距離がアングラーのイメージよりも伸びてくれますから、ビックリするほどの広範囲を探ることができるでしょう。

またジャッカルのオリジナルブレードを採用しているので、回転の立ち上がりが素晴らしく、フォールでもリトリーブでもきっちり誘いかけられます。

その際の引き抵抗は軽めで、リトリーブで疲れてしまう展開にはなりにくいでしょう。

ボディとブレードの連結には、ベアリングスイベルが使われています。

しかも接続箇所に、チューブを配置。

これによってスプリットリングのバタつきを抑え、ブレードがフックやラインと絡まってしまうのを防いでいます。

デラクーをよく見てみると、ウエイトによって腹部の厚みが異なります。

全体的なシルエットはコンバクトさを保ちながら、お腹の厚みでウエイトを増減しているので、飛距離は落ちませんし、食わせ要素も高いままをキープ。

実際に既存モデルの3/4ozや1ozタイプをベイトタックルでキャストしてみると、どこまで飛ぶんだ?と感じるぐらい、遠くのポイントを叩けます。

河川なら対岸を狙うこともできるでしょうし、池なら沖合いの最深部を丁寧にトレースすることも可能でしょう。

自由自在に攻めのアプローチを組み立てられるのが、デラクーの強みではないでしょうか。

フォール中のアタリを取ることができるようになれば、釣れるバスの数は飛躍的にアップするでしょう。

デラクーの実釣インプレ!

デラクーの既存ウエイトモデルを携えて、山あいのリザーバーに出向いてみました。

フラットなシャローエリアや、どん深な垂直岩盤エリアなど、起伏に富んだところでもデラクーなら攻略可能です。

フルキャストした後は、必ずボトムを取ってラインを張ります。

そのままロッドティップを立てて、リトリーブを開始。

ヘッド部分がボトムの地形変化や沈下物に接触したら、リールハンドルを早めに回して乗り越えさせます。

ほとんどの場合引っ掛かりませんし、越えた瞬間にバスがリアクションバイトしてくる確率が高かったです。

バイトのときは、ほぼ丸飲みなので、強めのフッキングをおこなわなくてもフックはガッチリ掛かっていました。

リールハンドルを回し続けて、そのままランディングに持ち込むようにしましょう。

フックの先端は、接触の度合いが増えると鈍ってきます。

指先でチェックして、早めのタイミングで交換するようにしてください。

合計8種類の追加カラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

デラクーには、2022年新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●マッディブラックカラー

●チャートバックギルストライプカラー

●ギルストライプカラー

●銀分キンクロカラー

●クリアアップワカサギカラー

●ピンクバッククラウンカラー

●ライムルミナスカラー

●デラチャートカラー

前述の通り、これらの新しいカラーバリエーションは、1/4oz・3/8oz・1/2ozのウエイトにのみ適用されます。

どれも個性的でインパクトがあり、リアクションバイトを望めるものに仕上がっています。

さまざまなシチュエーションでロングキャストして、丁寧に探ってみましょう。

デラクーをキャストして操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

デラクーをフルキャストして広範囲からバスを呼び込むのに使いたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、MLからMパワーのブランクスを持ったベイトロッドが丁度いいでしょう。

リールは、12lb以上のモノフィラメントラインをたっぷり巻ける、ベイトリールを選んでみてください。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト 2ピース 166ML-2 ミディアムライト バーサタイル オカッパリ ボート

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト 2ピース 166ML-2 ミディアムライト バーサタイル オカッパリ ボート

最安値価格
¥12,936(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,337

楽天市場へ ¥12,937

Yahoo!へ ¥12,936

シマノから発売中のゾディアスシリーズの中から、MLパワーブランクスのベイトロッドを選んでみました。

全長は1.98mなので、取り回しがよく、飛距離も伸ばしやすいでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は101.7cmまで縮まります。

ウエイトは100gと軽めで、先径は1.6mm。

適合するルアーウェイトは、5gから15gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから14lbまでとなっています。

グリップの長さは229mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、98.6%です。

実際に手に取って振ってみると、とても軽くて適度な張りがあり、ロッドティップに負荷をかけると、しなやかに曲がり込んでくれます。

デラクーなら、しっかりバックスイングを取ってから、前方へ押し出すようなキャストをすると、飛距離を伸ばせるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

2ピース仕様なので、オカッパリシーンであちこち持ち運ぶのに丁度いい印象です。

クルマに積み込む際には、ロッドティップが干渉しないように注意して載せてください。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンDC 2021 151HG LEFT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンDC 2021 151HG LEFT バス釣り

最安値価格
¥25,977(楽天市場)

Amazonへ ¥26,200

楽天市場へ ¥25,977

シマノからリリースされているスコーピオンシリーズの中から、DCブレーキ搭載モデルを選んでみました。

ギア比は7.4対1ですから、ハンドルを1回回すと79cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.5kgに設定されていて、ウエイトは215gと軽め。

スプール寸法は、直径が34mmで幅が25mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは7個搭載されています。

実際にハンドルを回してみると、軽快に回転を維持できます。

クラッチの切れもスムーズなので、連続してキャストするのに向いているでしょう。

パーミングしやすいロープロファイルデザインで、ラインキャパも多め。

DCブレーキによるライントラブルの少なさが、釣りにテンポとリズムを与えてくれます。

実売価格は2万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

どんどんキャスト数を増やして、数釣りをしていく中でビッグサイズに遭遇したいものです。

デラクー追加カラーの気になる発売日はいつ?

デラクー追加カラーの気になる発売日は、2022年の10月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、935円から1,034円です。

デラクーが発売を開始してかなりの年月が経っていますが、ファーストインパクトが強く、よく釣れるルアーとしてタックルボックスに常駐させているアングラーは多いでしょう。

ブレードの回転によるフラッシングや水押し効果を体験したいなら、デラクーを投げまくるのがベストです。

根掛かりしにくいウエイトバランスも、人気が高い理由のひとつかもしれません。

ジャッカルの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング