ワームのアップ写真

レインズワームでアジングを楽しみたい!おすすめアイテムをチェック

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りやロックフィッシュゲーム用のアイテムが充実しているのが、レインズのワームラインナップです。

最近の注目は、アジングゲーム用に作られたワーム群。

種類がとても豊富で、釣り方をイメージしやすいものばかりです。

ここでは、レインズワームのアジングゲーム用アイテムの中から、おすすめのものをピックアップしてみましょう。

レインズワームとは

レインズワームとは、レインがプロデュースしている豊富なワームラインナップのことです。

形状やカラーはもちろん、バス釣りメーカー・デプスとのコラボアイテムが充実しているのも見どころでしょう。

フックに装着しやすく、水を攪拌するリブ構造のものか多いのも特徴です。

豊富なラインナップの中から、アジングゲームでぜひ使ってみたいアイテムを3種類取り上げてみましょう。

●レインズワーム・3inchアジリングシェイカー

このワームの細身ボリュームは、ほんの少しのロッドワークによる入力で、微細なアクションを発生させることができるものになっています。

ハイプレッシャーなフィールドでは、こういうアクションによるアピールが必要不可欠。

自分なりにシェイキングテクニックが付いてきたな!と感じたら、ぜひ3inchアジリングシェイカーにチャレンジしてみましょう。

このワームにシェイクを与えてみると、強めの波動とウネウネしたアクションを発生させます。

生命感溢れるアクションによって、アジへのアピール度はバツグン。

アジがひんぱんに捕食しているエサのサイズが、大きくなりがちな時期に合わせて使ってみましょう。

ボートデッキからのバチコンアジング用ワームにも適しています。

3inchアジリングシェイカーにマッチするリグは、ジグ単やダウンショットリグがベースになります。

広範囲を探りたいなら、スプリットショットリグやキャロにセットしてみましょう。

ボトムの地形変化が激しかったり、濃いウィードエリアをトレースするなら、オフセットフックを用いたキャロがおすすめです。

実際にフィールドで使ってみると、アジに引っ張られても身切れしにくいですし、ワームを丸飲みしてくれるケースも多く感じました。

リブがしっかりと刻まれているので、ワームの周囲に独特の反転流が発生している可能性があります。

その中をウネウネアクションが通り過ぎていくわけですから、アジが見逃すはずはないでしょう。

レインズワームのチビヒラアジアダーを使いこなしてみよう!

●レインズワーム・チビヒラアジアダー

全長が1.5inchと、とてもコンパクトなサイズに仕上げられているのが、チビヒラアジアダーです。

ジグヘッドにセットして、フォールさせて誘うのに特化したワームです。

キャストして着水、そのままフォールさせてからリフトを繰り返します。

そのリフトの際に、ボディに刻まれた細かなリブが、効率よく水をつかんでくれるでしょう。

最後尾のテール部分が震えて、しっかりとアジにアピールします。

そこからのフォールで、フラットなボディがきっちり水の抵抗を受け、リフト時とは異なる波動を起こします。

1.5inchというひと口サイズは、低活性のアジでも思わず吸い込んでしまうかもしれません。

実際に使ってみると、確かにフォールとリフトでボディの震えが異なる気がしました。

誘いに変化が生じることで、後追いしてきたアジに捕食スイッチが入るかも。

何度もリフト&フォールを繰り返しながら、食わせのテクニックを磨いてみましょう。

レインズワームのアジスレンダーはデプスとのコラボアイテム!

●レインズワーム・アジスレンダー

デプスとのコラボ企画で製作された、アジングゲーム用のワームです。

全長は2inchですから、約47mmになります。

独特な偏平ボディによる強い水押し効果が期待でき、それによって発生した水流がテール部分を動かすように作られています。

フォールの際は、スパイラル・ダートなどのアクションを発生。

さまざまな使い方を試すことで、アジの反応も切り換わるでしょう。

実際にジグ単で使ってみると、フックを突き出す位置を変えるだけで、フォールの仕方に変化が生まれます。

機敏にシャクリやシェイクを入れても面白いですし、底ベタに置いてもアジが食い付いてくることが。

他のワームで良い反応が得られないときなどに、ローテーションの一角を担わせてみましょう。

レインズワームを使ってアジングを楽しむためのおすすめタックルを選んでみた!

レインズワームをジグ単やキャロにセットして操るのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、極端に短いものを避ければ、オールラウンドに使えるでしょう。

リールは、2000番前後でドラグ機能が充実しているスピニングリールなら、安心してやり取りを楽しめます。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ XR S64UL+-S

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ XR S64UL+-S

最安値価格
¥28,457(楽天市場)

Amazonへ ¥28,778

楽天市場へ ¥28,457

シマノのソアレXRシリーズの中から、6.4ftとやや長めブランクスのスピニングロッドを選んでみました。

全長は1.93mで継数は2本。

仕舞寸法は99.2cmにまで縮まりますから、さまざまな釣り場まで持ち込むのにとても便利でしょう。

ウエイトは67gと軽めで、先径は0.8mmに設定されています。

適合するルアーウェイトは、0.5gから12gと幅広いものになっています。

これならジグ単からキャロまで、柔軟に使いこなすことが可能でしょう。

適合するPEラインは、0.1号から0.6号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97.9%です。

実際に手に持って継いでみたら、とても軽くて振り回しやすい印象でした。

グリップ周りは細身で、しっかりとチカラを込めて握り込むことができます。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

細部に渡って作り込まれた感のある、ソアレXRシリーズ。

長く手元に置いて、ライトソルトウォーターゲームをやり込みたい衝動に駆られるロッドといえそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2000SSHG アジング メバリング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2000SSHG アジング メバリング

最安値価格
¥25,680(amazon)

Amazonへ ¥25,680

楽天市場へ ¥26,455

シマノのソアレXRシリーズには、スピニングリールもラインナップされています。

こちらの機種は、ギア比6.1対1なので、ハンドル1巻きにつき82cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は2kgで、最大ドラグ力は3kg。

ウエイトは155gと軽めで、スプールサイズは直径43mmでストロークが13.5mm。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を140m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実際に手に取ってみた感想は、とても軽いのひと言。

ハンドル回転はスムーズで滑らかですから、ただ巻きリトリーブを実践するのに向いています。

ローター回転の追従性も良く、ドラグレスポンスもハイレベルな仕上がりです。

0.4号以下の極細PEラインやエステルラインを使っても、このドラグ性能ならラインブレイクを防ぎながらアジングを楽しめるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

レインズワームを駆使して尺アジを釣り上げよう!

レインズワームの特徴や使い方・実釣インプレ、マッチしそうなおすすめタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

実際に釣り場でキャストしてみて、アジの釣れっぷりに驚くばかりです。

種類はもちろん、カラーバリエーションも豊富なので、釣り場移動する前に異なるカラーを試すことを忘れないでください。

釣れたピンポイントからまだまだ多くのアジが、しっかり引き出せるでしょう。

特にラメ入りカラーをシェイクしながら誘うと、最後の1匹が食い付いてくれるかもしれません。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング