ロッドのアップ写真

ブレイゾン2022年追加モデルのインプレ特集!【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用ロッドのエントリーモデルとして、初心者アングラーを中心にユーザーを増やしているのが、ダイワのブレイゾンシリーズです。

2022年には追加機種を8種類ラインナップ、オールラウンドに使えるものがより一層選びやすくなっています。

その中から実際に手に取ってみたロッドを、詳しくインプレしてみましょう。

ブレイゾンってどんなロッドなの?

ブレイゾンとは、ダイワから発売中の、バス釣り用ロッドのことです。

ブランクスには伝統のHVF、グリップ周りにはエアセンサーシートやカーボンモノコックのリアグリップを採用しています。

バット部分はカーボンテープでX状に締め上げて補強、ガイドはアルコナイトリングで低価格化に成功しています。

既存モデルのヘビーユーザーですが、この仕様で快適にバス釣りを楽しむことができています。

2022年にはメガトップ=カーボンソリッドティップを搭載した機種が、8種類追加されました。

メガトップは、船釣り用のロッドなどで使った経験がありますが、細やかなロッドワークをルアーやワームリグに伝えることができ、尚且つ魚のアタリを弾いてしまうことなく、フッキングに持ち込みやすい特性を持っています。

それでは実際に手に取ってみた最新機種から、3本をご紹介しましょう。

●ダイワブレイゾンC66M-ST

カーボンソリッドティップのメガトップが搭載された、6.6ftのMパワーブランクスベイトロッドです。

全長は1.98mなので、長過ぎず短過ぎない長さに設計されています。

ヤブコギしながらオカッパリポイントを巡るつもりなら、ベストマッチなサイズ感といえるかもしれません。

ウエイトは113gと軽めで、先径/元径は1.4/12.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、5gから21gまでです。

これなら軽量リグから重めのスピナーベイト辺りまで、柔軟に使いこなせるでしょう。

適合するモノフィラメントラインは、8lbから16lbまで。

ブランクスはエクストラファーストテーパーデザインで、カーボン素材の含有率は89%になっています。

メーカー希望販売価格は、19,000円です。

実際に手に取ってみた印象は、ロッドティップが硬めだということ。

素直に曲がり込む味付けというより、ボトムなどの地形変化をしっかりとらえて情報化するのに適しています。

テキサスリグやフリーリグを装着して、ボトムをトレースしながら適度にスタックさせ、バスのバイトを待つのに丁度いいかもしれません。

ブレイゾンの新しいベイトフィネスロッドに触れてみた!

●ダイワブレイゾンC64L-2・ST・BF

2ピース仕様のLパワーブランクス・ベイトフィネスロッドです。

全長は1.93mで仕舞寸法は100cmと短めですから、オカッパリで持ち歩くには好都合な長さになっています。

ウエイトは98gと軽めで、先径/元径は1.2/8.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、1.8gから11gまで。

適合するモノフィラメントラインは、5lbから12lbになっています。

ブランクスはエキストラファーストテーパーで、カーボン素材含有率は88%です。

メーカー希望販売価格は、18,500円に設定されています。

軽めのワームリグをキャストしやすいですし、極端に曲がり込んで扱いにくいというイメージはありません。

張りがあってコントロールしやすい仕様に作られている、高感度なベイトフィネスモデルです。

ブレイゾンのカーボンソリッドティップ搭載スピニングロッド!

●ダイワブレイゾンS61ML-2・ST

カーボンソリッドティップを搭載したスピニングロッドです。

全長は1.85mと短めなので、操作性に優れています。

仕舞寸法は96cmにまで縮まりますから、携行するのに便利です。

ウエイトは95gと軽めで、先径/元径は1.2/9.4gと細め。

適合するルアーウエイトは、1.8gから11gまで。

適合するモノフィラメントラインは、4lbから8lbまでとなっています。

ブランクスはエクストラファーストテーパーで、カーボン素材含有率は88%です。

メーカー希望販売価格は、19,300円です。

繊細なティップと張りのあるバットが共存しているおかげで、ショートバイトをとらえつつ素早いフッキングレスポンスも持ち合わせています。

ロッドがショートレングスであるということも、ハイレスポンスを生み出す起因になっている1本です。

ブレイゾンに装着してみたいおすすめリールを選んでみた!

ブレイゾンに装着して使ってみたくなる、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、ベイトリールから。

軽めのルアーやワームリグをキャストできるもののほうが、活用範囲は広がります。

ラインキャパは、あまり少なくないほうが長く使えるかもしれません。

テイルウォーク フルレンジアベイルカスタム 81 AC-F12 ベイトリール Tailwalk Avail 81R/右巻 AC-F12

テイルウォーク フルレンジアベイルカスタム 81 AC-F12 ベイトリール Tailwalk Avail 81R/右巻 AC-F12

最安値価格
¥23,672(amazon)

Amazonへ ¥23,672

楽天市場へ ¥27,400

Yahoo!へ ¥24,024

テイルウォークからリリースされている、ロープロファイルデザインのベイトリールです。

スプールは、渓流ベイトフィネス用パーツで有名なアベイルが担当していて、12lbラインを60mまで巻ける実用重視のセッティングになっています。

ギヤ比は8.1対1で、ハンドル1回転につき86cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

ボールベアリングは、10個搭載しています。

自重は173gと極めて軽く、長い時間使っていても疲れを感じずに済むでしょう。

ラインキャパは、前述の通りモノフィラメントラインなら12lbを60mまでストックできます。

ベイトフィネスリールほどもラインキャパが少なくないので、近距離戦を効率よくおこないたい人にバッチリでしょう。

最大ドラグ力は6.5kgで、マグネットブレーキでバックラッシュを制御する仕組みになっています。

実際に釣り場で使ってみると、ブレーキ力の変更は4つのマグネットチップを指でスライドさせながらおこないます。

とてもシンプルでダイレクト感がスゴイのですが、ブレーキの利きはしっかり表れます。

パーミングしやすいボディデザインは、トゥイッチやジャークといったロッドワークを、軽快かつ丁寧に実践できることに直結しています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ダイワ・シマノ以外で扱いやすいベイトリールを探しているなら、ぜひ手に取って確かめて欲しい1台です。

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2500MSH

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール ロキサーニ (ROXANI) 2500MSH

最安値価格
¥10,906(amazon)

Amazonへ ¥10,906

楽天市場へ ¥11,100

Yahoo!へ ¥10,908

アブガルシアブランドから発売中の、コスパ優秀なスピニングリールです。

自重は226gで、ギア比は6.2対1に設定。

ハンドル1巻きにつき、87cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.2kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら12lbを120m、PEラインなら2号を150m巻けます。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に使ってみると、余裕のあるラインキャパなので、さまざまな釣りスタイルに転用可能な印象です。

ハンドル回転は滑らかで、ローターもレスポンスよく回りますから、ライトリグ中心のアプローチを無難にこなせるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格に設定されています。

ブレイゾンを使いこなしてバス釣りを満喫しよう!

ブレイゾンの特徴やインプレ、装着するのにおすすめのリールをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

まだカーボンソリッドティップのロッドを使ったことのない人なら、この機会に試してみるといいでしょう。

独特の感度と張りを体験すれば、自分の釣りスタイルに幅が生まれるかもしれません。

特にショートバイトをフッキングミスしてしまうトラブルから、きっちり解放される可能性が高まります。

チューブラーティップのロッドと比較しながら、使い分けができるようになりたいものです。

バス釣りの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング