魚のアップ写真

タマン竿はどれにすればいいの?ロッドの選び方ポイントをチェック

FISHING JAPAN 編集部

タマンは、沖縄エリアを中心に人気の高い釣り対象魚です。

その強烈無比な引きを体験してしまうと、タマンの魅力に憑りつかれてしまうのかもしれません。

タマンの引きに耐えられる竿=ロッドには、どのようなスペックのものが選ばれるのか、詳しくチェックしてみましょう。

タマン竿ってどんなスペックを持っているの?

タマンとは、沖縄エリアを中心に釣ることが可能な、大型の海水魚のことです。

ハマフエフキの別称で、独特な外観をしていますから、釣り上げるとタマンであることがすぐ分かるでしょう。

小魚や貝類、エビ・カニなどの甲殻類を、好んで捕食しています。

成長すると体長は1mほどに達するので、生半可なロッドでは太刀打ちできません。

そこでタマン竿に求められるスペックを、ひとつずつ挙げてみましょう。

①タマン竿の長さ

タマン竿の長さは、4.5mから5mくらいのものが数多く販売されています。

これは、磯竿の長さとよく似ていて、磯竿でパワーのあるブランクスのものなら、タマンの釣りに転用できそうです。

投げ釣り用のロッドの長さが、大体4mほどですから、それよりは長めの設定のものが使われていると考えてください。

長いブランクスのロッドを選ぶことで、タマン釣り用の仕掛けをロングキャストすることが可能になりますし、掛かったタマンに逃げられないように粘ることも容易です。

沖縄エリアなどの南方の釣り場では、岩場が点在しているケースが多く、そういう隙間にタマンが逃げ込んでしまわないように、長い竿のほうが有利なのです。

②タマン竿の錘負荷

タマンを釣る際によく用いるオモリは、20号前後から40号ぐらいまでがポピュラーです。

ウエイトでいえば、70g弱ぐらいから150g程度になるでしょうか。

それにマッチするように、40号程度の負荷に耐えられるものを手に取るようにしてください。

オモリがとても重くなるということは、仕掛けを投入する際に指先に負担がかかります。

釣り用のグローブやプロテクターを装着して、指にケガを負わないように配慮したいものです。

タマンの強い引きに耐えるためにも、グローブは装着しておいたほうがいいでしょう。

ロープをつなぐリングが付いているタマン竿!

③リングがグリップに付いているタマン竿を選ぼう

タマンの強烈な引きに耐えられるブランクスのロッドを選んだら、今度はロストを防ぐための仕様に注目です。

あまりに強い引きなので、ロッドが海の中へ引きずり込まれるケースが考えられるのです。

最悪の場合を想定して、タマン竿にロープを結び付けておきましょう。

そのためのロープ掛けリングが装着されているロッドを、しっかりと選んでください。

普通の磯竿や投げ釣り用ロッドを選んでしまうと、このロープ掛けリングが装備されていません。

そのまま使うとトラブルに対処できなくなるので、注意してください。

パイプシートのタマン竿なら安心してやり取りを楽しめる!

④パイプシートのリールシートが付いているタマン竿を選ぼう

タマン竿のリールシート部分に注目してください。

ドラグ性能のいい大型スピニングリールを装着することになりますが、パイプシートタイプのリールシートなら、安定感がバツグンに向上します。

リールフットをしっかりと固定できますから、タマンとの格闘中に動いてしまうようなトラブルも防げるでしょう。

大型スピニングリールを使って釣りをしていると、リールシートが緩みやすくなるので、強い引きが加わったら緩みチェックをおこなってください。

タマンが掛かっている最中でも、パイブシートの締め付けリング部分に手を持っていって、ギュッ!と締め付ける習慣を身に着けたいものです。

おすすめのタマン竿を選んでみた!

ダイワ・シマノ・がまかつなどから、数多くのタマン竿がリリースされています。

それらの中から、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

長さや錘負荷・各種スペックや装備に注目しながら、1m級のタマンが掛かっても対処できるものがいいかもしれません。

パイプシートやロープ掛けリング、滑りにくいグリップコーティングなどに注目しながら、使いやすそうな1本を選びたいものです。

プロックス(PROX) グラヴィスタマンエアーK 10号/5.0M GTAK1050

プロックス(PROX) グラヴィスタマンエアーK 10号/5.0M GTAK1050

最安値価格
¥20,020(Yahoo!)

Amazonへ ¥23,800

楽天市場へ ¥23,800

Yahoo!へ ¥20,020

プロックスブランドからリリースされている、タマン釣り専用ロッドです。

振出式構造になっていて、全長は5.00mとじゅうぶんな長さが与えられています。

継数は5本なので、仕舞寸法は115cmととてもコンパクトに縮まります。

これならさまざまな釣り場へ持ち込みやすいですし、離島遠征する際に航空機へ積み込むのも楽でしょう。

標準自重は652gと重めで、先径は2.7mmと太目に作られています。

元径は28mmもありますから、少々の負荷が掛かってもしっかりと耐え続けてくれるでしょう。

錘負荷は、25号前後から45号まで。

適合するハリスは、10号から16号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%になります。

実際に手に取ってみましたが、かなり重厚感のあるタマン竿に仕上がっている印象でした。

ガイド周りも頑丈に作られていて、強い引きでドラグが稼働しラインが勢いよく引き出されても、スムーズに対応できるでしょう。

曲がり込みはしなやかで、柔軟性は高い感じがしますが、剛性・耐久性ともにバッチリ。

このロッドなら大型のタマンが掛かっても、安心してやり取りを楽しめるでしょう。

金属製の尻手環がグリップ側面から突き出しているので、ロープを装着して万全を期してください。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

これほどのハイスペックなのにここまで安いと、予備用に複数本同時購入してしまいそうです。

Fuji製のDPSバイプシートが標準で装備されていますから、大型でパワフルなスピニングリールを装着することができます。

シマノ(SHIMANO) ロッド 磯竿 打ち込み ボトムキング S520

シマノ(SHIMANO) ロッド 磯竿 打ち込み ボトムキング S520

最安値価格
¥7,807(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥7,807

シマノから発売中の、磯のビッグサイズな魚をターゲットにした振出式ロッドです。

全長は5.20mと、じゅうぶんな長さを備えているので、根に潜ろうとするタマンの走りを止められるでしょう。

継数は5本で、仕舞寸法は121.4cmにまで縮めて持ち歩くことが可能です。

これなら130cm未満のコンパクトサイズですから、公共交通機関や航空機の利用もスムーズにおこなえます。

自重は485gに絞られていて、先径は2.0mmです。

錘負荷は、20号から35号程度までに設定。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.5%になっています。

実際に手に持ってみると、とても張りのあるブランクスに仕上がっています。

ガイドシステムも頑丈そのもので、強い負荷が掛かってもズレない工夫が施されています。

グリップの側面には、金属製の尻手環が付いているので、ロープをつないでおきましょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

着脱式のファイティングボトムやエラストマーグリップも標準装備されていますから、大胆なロッドワークをこなすことができるでしょう。

オールSiCガイドリングを装備、ラインに負荷が掛かり続けても、安心してやり取りをおこなってください。

納得スペックのタマン竿をゲットして大型サイズを釣り上げよう!

タマン竿の特徴や搭載スペック、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

沖縄エリアの情報を事前によく調べて、遠征釣行を計画するようにしましょう。

タマンは、かなり大きな魚になりますから、その他備品もきっちり揃えてから現地へ向かうようにしたいものです。

ロッドの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング