ワームのアップ写真

【2022年新製品】ハリースライド実釣インプレ特集!バス釣り用高比重ワーム

FISHING JAPAN 編集部

2022年春にリリースされたボトムアップのハリースライドを、早速フィールドで試してきました。

バックスライドフォールしながら誘いの要素を膨らませる、独自の工夫が盛り込まれています。

特徴の詳細や使い方、マッチしそうなおすすめタックルも併せてご紹介しましょう。

ハリースライドってどんなワームなの?

ハリースライドとは、ボトムアップから新発売された、バス釣り用の高比重ワームのことです。

全長は3.3inch=8.382cmと、バスにとってはひと口サイズ。

ウエイトは、約9.5g以上もあるので、ノーシンカーリグによるキャスタビリティもじゅうぶん。

通常のベイトタックルで、しっかりと飛距離を伸ばすことができます。

ハリースライドのデザインに注目してみましょう。

まずは、大きなツメから。

パッケージに入っている状態では、ファクトリーロックされていてつながったままです。

これを実釣で用いるときに、アングラー自らカットして使うように設定されています。

そのほうが曲がりやクセなどが付きにくく、水中でのスイミングで安定したパタつきを出せるからです。

実際にオフセットフックを装着したノーシンカーリグでキャストしてみました。

カットしたツメは、左右どちらも絶妙なパタパタアクションを発生。

しかも斜め下に向かってフォールしていくスロースピードにも、ビビッドに反応してメリハリのあるアクションを継続します。

これなら離れた場所に居るバスも、気づきやすいでしょう。

ヒゲやレッグも付いているので、着底後に再度ピックアップしてからフォールさせる際のアピール度が増します。

またボディの中心部には、スリットと肉盛りが設けられていて、フックを真っ直ぐ装着したり、フックポイントを隠してスナッグレス効果を高めるのに役立っています。

手に取った感触は、じっとりとした柔らかいもので、ニオイはフォーミュラによって強めです。

塩の配合が高いですから、もっと崩れやすい素材なのかな?と想像していたのですが、じゅうぶんな張りを持ち合わせている印象です。

ハリースライドの水中アクションを収めている動画はこちら

ハリースライドの実釣インプレ!

ハリースライドをフィールドで使ってみました。

オフセットフックの4/0番を、バックスライドセッティングで装着。

ラインアイがヒゲの土台に上手く乗るようになっていて、リールからのラインが各パーツに絡みにくくなっています。

サイドハンドキャストをおこなうと、射出されるスピードはかなり早め。

ハリースライドの重心バランスが、飛距離の伸びる方向に上手く設計されている証しでしょう。

着水音は静かで、着水と同時に奥へ向かって、つまり進行方向のまま斜め下へフォールしていきます。

ラインがどんどん引っ張られていくので、着水点より進行しているのが、手に取るように分かります。

特筆したいのは、ツメがきっちりとアクションしていること。

通常の高比重ワームだと、パラシュートのように垂直にフォールしようとするので、ツメのアクションはスポイルされがちですが、ハリースライドはしっかりと斜め下に向かいますから、ツメがパタパタしてくれるのです。

着底してからラインを引っ張って、中層から再度斜め下フォール。

短い移動距離ですが、ツメのパタパタアクションは健在。

これならカバーの中へ送り込んでから、何度もアクションを発生させて誘いをかけることができるでしょう。

合計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

ハリースライドをギル多めなポイントへ投入してみました。

ツメやヒゲ・レッグを口で引っ張っているようですが、フッキング動作に入らなければ千切られてしまうケースは稀でした。

ハリースライドのカラーバリエーションは、全部で10種類。

釣り場のシチュエーションに合わせて、保護色系やリアル系を投入しつつ、バスの反応を見てみましょう。

●M004 ダークシナモンブルー&ペッパー

●M005 グリーンパンプキンペッパー

●M010 モエビ

●M017 ブラックブルーフレーク

●M021 ウォーターネオン

●M022 エビミソ

●T205 グリパンチャート

●T213 スモーキークローダッド

●T219 KUWASE

●T228 脱皮シュリンプ

実釣で用いたのは脱皮シュリンプカラーで、小粒なブルーのラメが水深のある層でも存在感を際立たせてくれました。

ハリースライドを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではハリースライドをキャストしてバックスライドフォールで誘うのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ウエイトは約9.5gもあるので、Mパワー前後のブランクスならキャストしやすいです。

ベイトリールには、14lb前後のフロロカーボンラインを巻いておくと、カバーに擦れても安心してやり取りを楽しめます。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MRB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 6102MRB 釣り竿

最安値価格
¥17,897(amazon)

Amazonへ ¥17,897

楽天市場へ ¥19,013

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワからリリースされている、2ピース仕様のバス釣り用ベイトロッドです。

全長は2.08mとやや長めなので、飛距離を伸ばすのに向いているでしょう。

仕舞寸法は109cmまで縮まりますから、さまざまな釣り場へ持ち込むのに便利です。

自重は109gと軽めで、先径/元径は2.0/12.4とやや太目。

適合するルアーウエイトは、5gから21gまでなので、ハリースライドのノーシンカーリグにマッチします。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取って振ってみると、継目は安定していてブレの収束も早めな印象を持ちました。

適度なしなりは、ノーシンカーリグのキャストに適していますし、フッキングの際のバットパワーもじゅうぶんです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ガイドバランスも良好で、ラインが絡み付いてしまうようなトラブルは、ほとんどありませんでした。

グリップ周りのぜい肉は落とされていて、握りやすくチカラを込めやすいものに仕上がっています。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XH(2022モデル)

最安値価格
¥14,660(amazon)

Amazonへ ¥14,660

楽天市場へ ¥16,214

Yahoo!へ 取扱なし

2022年に新発売されたタトゥーラTWシリーズの80モデル、エクストラハイギア仕様です。

ギア比は8.1対1なので、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は4.5kgで、自重は180gと軽め。

スプール寸法は、直径が32mmで幅は21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを85m巻けます。

ハンドルの長さは85mmで、ボールベアリングは7個搭載されています。

とてもコンパクトでパーミングしやすく、巻き心地も軽やかになっています。

ライン放出の際もスムーズで、バックラッシュトラブルを気にする必要はなさそうです。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ソルト対応なので、流行りのチニングゲームやロックフィッシュゲームにも転用しやすいでしょう。

ハリースライドを駆使しながらカバーに潜むビッグバスを釣り上げよう!

ハリースライドの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、891円です。

2022年のゴールデンウィークには、釣具店や通販サイトに並ぶ予定になっています。

実釣の際、何度も引き上げては水面からフォールさせてみましたが、しっかりと斜め下に向かいながら各パーツがアクションするのには驚かされました。

ギルを寄せるのが早いので、微細なアタリはフッキング動作に移らないようにしましょう。

バスのアタリは、コッ!と明確に手元に伝わってきます。

ラインも走り出すので、たるみを取り除いてから豪快にフックアップしてください。

ボトムアップの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング