ワームのアップ写真

フリッシュ3.5inchの実釣インプレ特集!ボトムアップからリリースされた新シャッドテールワーム

FISHING JAPAN 編集部

ボトムアップからリリースされたワーム・フリッシュ3.5inchを釣り場に持参して、バス釣りを実践してみました。

ベイトフィッシュそっくりの外観やアクションが、どれくらいバスを呼び込んでバイトを発生させたのか、詳しくご紹介します。

丁寧なボディラインの造形やシャッドテールの繊細さ、そしてボディ素材そのものの張りが、期待感を膨らませてくれます。

フリッシュ3.5inchってどんなワームなの?

フリッシュ3.5inchとは、川村光大郎さんが主宰するボトムアップからリリースされた、シャッドテール系ワームのことです。

サイズ設定は1種類で、3.5inch=8.89cmの長さになっています。

このサイズは、さまざまなリグにセッティングしてアプローチしたとき、フックサイズを極端に小さくしなくてもかまわないギリギリの線を確保しています。

ワームの長さが短くなると、どうしてもフックもそれに合わせなければなりません。

子バスを釣るだけならそれでいいのですが、40cm以上のバスを掛けることを想定すると、短過ぎるワームは逆効果です。

フリッシュ3.5inchのボディを、カットしてみました。

よくありがちな塩が、こぼれ出てきません。

つまり、全体的に低い比重の素材で仕上げられているのです。

メリットは2つあって、ひとつめはリグのベースとなるシンカーやフックのウエイトに依存できます。

水平姿勢を維持しながらフォールさせたければ、釣り人が自分でセッティングを考えて、アプローチすることが可能なのです。

この振り幅の大きさ=自由度の高さは、現代のバス釣り用ワームにはあまり見られない特徴でしょう。

もうひとつのメリットは、ワームがワンバイト程度の衝撃で崩壊しないことです。

使ってみて感じたのですが、フリッシュ3.5inchは細身なのに耐久性が高く、カンタンには破断しません。

それが独特の張りを生み出し、最後尾に至る細長いシェイプ部分にも、じゅうぶん過ぎるほどの復元力が備わっています。

ピリピリと弱めにアクションするものと勝手に決めていたのですが、左右にしっかりとテールを振り、元に位置に確実に戻っては再度アクションを繰り返そうとします。

発生したシャッドテールによる振動は、ボディ全体をロールさせて、側面・背面・腹面を的確にバスに見せ続けます。

フラッシング効果というより、溢れる生命感によるアピールといっていいでしょう。

この効果は、ダウンショットリグでもジグヘッドリグでも、スポイルされることなく発生し続けてくれます。

実際にフリッシュ3.5inchをキャストしてみた!

実際にフィールドに出て、フリッシュ3.5inchをキャストしてみました。

タックルは、スピニングロッドにスビニングリール、ラインにはフロロカーボンの4lbを巻いて、水路の岸際カバーから攻めます。

リグは、カバーに強いショートリーダーのダウンショットリグ。

シンカーは2g程度に抑えています。

岸際カバーから突き出ている、葦っぽい植物の枯れ幹、その水没部分にシンカーを引っ掛けては外すのを繰り返しました。

独特のロールアクションが、枯れ幹へのスタック状態をカンタンに外してくれます。

プルンと取れた瞬間や、沖側にワームが放り出された瞬間に、パクリッ!

バスのバイトは明確で強めなので、間違いなく小魚だと見誤っている感じです。

再現性の高い釣り方を実践可能なスグレモノ!

フリッシュ3.5inchのジグヘッドリグを、沖合いに向けてキャストしてみました。

水深1.3mぐらいから急激に深くなっているので、本流によってえぐられた深場が、口を開けているのでしょう。

ブレイクしている崖面に、リグを引っ掛けてステイ。

最後尾がリフトしているはずなので、時折ロッドティップを揺らして誘いをかけます。

そこからロッドワークそのものをストップ。

ゆっくりとシャッドテールが倒れ込んでいく、微細に震えの伴なった誘いを繰り出すと、バスがしっかり食い付いてきました。

極めて再現性の高い釣り方を展開しやすいので、別の場所へ移動しても同じアプローチで釣り上げることができました。

フリッシュ3.5inchの水中アクションシーンを収めた動画はこちら

フリッシュ3.5inchを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではフリッシュ3.5inchをキャストしてアクションさせるのに向いている、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

リグは軽めになるケースが多いので、スピニングタックルを用意します。

基本的にはライトラインを操作することになりますから、2000番から2500番のスピニングリールがマッチします。

カバーに直接当てたい場合は、太目のラインを操れるロッド・リールを選ぶのもいいでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERS-61UL

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERS-61UL

最安値価格
¥17,820(楽天市場)

Amazonへ ¥19,530

楽天市場へ ¥17,820

Yahoo!へ 取扱なし

アブガルシアブランドからリリースされている、ショートレングスのスピニングロッドです。

全長は1.85mで1ピース仕様ですから、負荷が掛かると美しいベンディングカーブを描いてくれるようになっています。

標準自重は84gしかないので、とても軽くて操作しやすいでしょう。

適合するルアーウエイトは、0.9gから7gまで。

ノーシンカーリグからライトキャロライナリグまで、さまざまなリグを試せるのが強みです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2.5lbから5lbまでです。

ブランクスのパワーはUL=ウルトラライトで柔らかく、ファーストテーパーに作られています。

実際に手に取ってみると、軽さが取り回しのしやすさを生み出していて、ロッドティップをカンタンにリフトできる印象です。

シェイクはもちろん、トゥイッチやジャークといったロッドワークが繰り出しやすく、さまざまなルアーやリグに対応できるでしょう。

魚が掛かると、ベリーまでしっかり曲がってくれますから、急に暴れても柔軟に追従してくれます。

ガイドバランスも絶妙で、ラインがガイド足に絡まりにくいです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

グリップ周りが細身で短めなのも、高い操作性を助長しているでしょう。

アブガルシア(Abu Garcia) ゼノン (ZENON) 2000SH

アブガルシア(Abu Garcia) ゼノン (ZENON) 2000SH

最安値価格
¥35,062(amazon)

Amazonへ ¥35,062

楽天市場へ ¥35,805

Yahoo!へ 取扱なし

アブガルシアブランドのスピニングリールで、2000番サイズとやや小さ目です。

太いラインを使いたい場合は、2500番や3000番を選ぶようにしてください。

ウエイトは145gと、かなり軽量に作られています。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1巻きにつき82cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は3kgで、ボールベアリングは10個搭載しています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを100m巻けますし、PEラインなら0.6号を100m巻けます。

実際に手にしてみると、かなり軽いウエイトなので、操作性は高くて手元感度も良好です。

長めのシェイクを繰り出しても、手首やヒジに負担を感じてしまうことにはなりませんでした。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

フリッシュ3.5inchを使いこなしてバス釣りを楽しもう!

フリッシュ3.5inchの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、770円です。

シャッドテール系ワームの特性を上手く進化させた、ひとつの結論が具現化されているワームです。

どうしても口を使ってくれないバスに遭遇したとき、タックルボックスにフリッシュ3.5inchが入っていれば、とても心強いでしょう。

シャッドテールの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング