仕掛けのアップ写真

謎のチビあんこうを使って五目釣りを体験したい!2022年新登場のエサ釣り仕掛け

FISHING JAPAN 編集部

チョウチンアンコウという深海魚は、自分の身体を一部を光らせて小魚を引き寄せ捕食します。

その姿をモチーフにして、触角のような突起の先端にハリスとフックを装着。

そこにエサを付けて魚を誘う仕掛けが、2022年ささめ針から登場する、謎のチビあんこうです。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、使い方も含めてご紹介しましょう。

謎のチビあんこうとは

謎のチビあんこうとは、2022年ささめ針からリリースされる、ちょい投げ用仕掛けのことです。

全体のウエイトは15gに設定されていて、既存モデル・謎のあんこうの約半分になっています。

深海魚のアンコウに見えるボディは、海釣り仕掛けのオモリの役割を果たしています。

キャストすれば、着水してそのままボトムへまっしぐら。

安定した着底姿勢をキープすることができます。

謎のチビあんこうの頭部から突き出している触角の先端に、ラインアイが付いているので、そこにハリスとフックを結び付けます。

あんこうの尾ひれ部分には、リールからの道糸を結びます。

この状態で、海のボトムを丁寧に探るわけです。

釣り場が砂地なら、シロギスやハゼが潜んでいるでしょう。

もっと大物なら、ヒラメやカレイ・マゴチなども、食い付いてくるかもしれません。

謎のチビあんこうの触角は、ボトムから少し離れたところにフックとエサをぶら下げる効果を保持しているので、根掛かりを回避する能力に長けています。

しかも全体のウエイトが、15gと軽くなっているので、ちょっとした凸凹や岩・石程度は乗り越えることができます。

ロッドティップを立てて角度を作り出すことで、ボトムにスタックしてもカンタンに外せるでしょう。

また外れた瞬間のアクションが、連なっているフックやエサにきっちり伝わり、より生命感溢れる誘いにつながります。

追従してきている魚がいれば、そういったアクションを見て思わず食い付いてしまうかもしれません。

ボトムをズル引いてくるアプローチは有効ですが、それと同じぐらい効果があるのは、着底したまま放置することです。

エサやフックは、潮の流れなどで意外とセルフで動いているもの。

それに任せて定位置で待ち続ければ、コンコン!と魚のアタリを手元でとらえられるでしょう。

謎のチビあんこうを放置する場合、道糸のテンションは張った状態にしておいてください。

魚が触ってくれば、ロッドティップが震えるので、フッキング動作に移りやすいです。

また張っていた道糸が、急にたるんだ場合も、魚が食い付いた証しかも。

道糸の変化に常に注目しながら、確実にフックアップできるスキルを身に着けましょう。

謎のチビあんこうの使い方!

謎のチビあんこうの使い方は、極めてシンプル。

防波堤や磯場・サーフなど、さまざまなシチュエーションで、ルアーのようにキャストしてボトムを取ります。

ズル引いてもかまいませんが、根掛かりが多発するような場所なら、ロングステイ→ピックアップを繰り返してください。

おすすめのポイントは、防波堤の先端からキャストするミオ筋。

深く掘られたような地形なので、ブレイクラインの辺りに謎のチビあんこうを留めておくと、回遊してきた魚が気づいて寄ってくるかもしれません。

コウイカやタコなども潜んでいるポイントなので、ロッドに重みを感じたら素早く立てて、リールハンドルを早めに回してランディングするようにしましょう。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

謎のチビあんこうには、全部で6種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

どれも個性的でカワイイものばかり、ボトムでよく目立ちますから集魚効果も高いでしょう。

●#105/クマノミモカラー

●#144/ピヨコエッグカラー

●#145/ユメパンダカラー

●#146/ケロケロカラー

●#147/コドモクジラカラー

●#148/キュウリカラー

謎のチビあんこうをキャストするのに向いているおすすめのロッドを選んでみた!

謎のチビあんこうをキャストしてボトムをとらえるのに適した、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

さまざまな釣り場を巡るつもりなら、振り出し式のスピニングロッドがベストマッチです。

15gのウエイトをロングキャストできるブランクスパワーを持ったものを、しっかり選びたいものです。

ダイワ(DAIWA) 振り出しルアーロッド CROSSBEAT SW 836TML 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 振り出しルアーロッド CROSSBEAT SW 836TML 釣り竿

最安値価格
¥9,621(楽天市場)

Amazonへ ¥9,631

楽天市場へ ¥9,621

Yahoo!へ 取扱なし

ダイワからリリースされている、振り出し式のルアーキャスティング用スピニングロッドです。

全長は2.51mもあるので、謎のチビあんこうを遠くまで届けることができるでしょう。

継数は6本ですから、仕舞寸法は52cmにまで縮まります。

適合するルアーウエイトは、5gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから12lbまで、PEラインなら0.6号から1.2号までです。

実売価格は9千円前後と、とても安い価格帯に設定されています。

謎のチビあんこうの気になる発売日はいつ?

謎のチビあんこうの気になる発売日は、2022年の4月下旬を予定しています。

メーカー希望販売価格は、650円です。

釣り場でワクワクした楽しい気分にしてくれるアイテムですから、家族や仲間と釣りに行くときにぜひ持ち込んでみてください。

仕掛けの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

DAILYランキング