魚のアップ写真

ブラクリってどんな仕掛けなの?穴釣りで活用したいおすすめアイテムもチェック

FISHING JAPAN 編集部

防波堤やテトラエリア・岩場などでおこなう穴釣り、かなり多くのアングラーがロッドを振るようになってきましたね。

穴釣りで用いる仕掛けとして代表的なのが、ブラクリです。

名前からしてぶら下がっているイメージですが、どんな仕掛けでどのように使えばいいのかご存じですか?

ここでは、ブラクリの特徴や、それを操るためのおすすめタックルをご紹介しましょう。

「オモリとフックが太目の撚り糸でつながっている仕掛けだよね!」

見た目はその通り!どのように使えば魚が釣れるのでしょうか。

ブラクリとは

ブラクリとは、主に穴釣りで用いる仕掛けのことで、オモリとフック、そしてそれらをつなぐラインで構成されています。

特徴として、オモリの形に注目してみましょう。

円錐型に独特のデザインを施して、岩と岩の間をすり抜けやすくしてあります。

穴釣りの環境は、岩やテトラが複雑に絡み合っていますから、そこに投入する仕掛けは、①シンプルで引っ掛かりにくい②よく目立つの2要素抜きには考えられないでしょう。

投入した仕掛けを引っ掛かりにくくしようとすれば、フックのゲイブよりも幅のあるオモリを先に装着し、その後ろにフックを配置することで効果が表れそうですよね。

またオモリとフックの距離を縮めることで、より一層引っ掛かりにくさを際立たせることが可能になります。

それからオモリ・フック・ラインを赤色やグロー系カラーに着色すれば、集魚効果が高まるでしょう。

実はブラクリ仕掛けのオモリ、魚に齧られていることがあります。

それくらい目立っているほうが良いのでしょう、2度目のバイトでしっかりとフックに付いた餌やワームにバイトしてくれますよ。

オモリの重さを増やすと、ボトムまでの到達時間を短縮できます。

ただし、ボリュームがアップしてしますので、隙間に挟まるトラブルも多発。

外し方は、一旦ラインテンションを緩めて、ボトムまで落としてから再度引き上げにトライするのがいいでしょう。

ブラクリに付ける餌はどれを選べばいいの?

ブラクリには、餌やワームを付けるようにします。

餌ならゴカイや青イソメ・エビ、カニ・フナムシなら現地調達できそうですね。

それから自宅でカットして釣り場に持ち込める餌として、魚の切り身があります。

魚皮を剥かずに短冊状にカットしたものを、密封性の高いパッケージに入れて持参しましょう。

長さは3センチから5センチ程度が理想でしょうか。

フックに通し刺しにして、水中で上下に動かせば滑らかに反転するくらいの厚さ・幅がベストでしょう。

魚皮の銀色による光反射を活用したいなら、サバやサンマなどの切り身がおすすめです。

ただし、サンマは漁の都合で高価になりがちですから、安く入手できるときに活用するようにしたいですね。

ブラクリのオモリに注目!

ブラクリには、オモリ以外にメタルジグのような形をしたものや、インチク仕掛けのようなものも存在します。

フラッシングや水押し効果を期待できたり、ボトムでの安定感・餌の浮遊感を引き立てることができますよ。

カラーバリエーションも豊富になりますから、誘いの要素が多岐に渡って、釣れる確率がアップするでしょう。

目玉シールが付いているものも意外とバイトが多く、こうなるとまるでタイラバのコンバクト版の様相を呈していますよね。

そのうち穴釣り専用のネクタイやスカートがリリースされるようになって、攻めの穴釣り仕掛けが多数現われるかもしれません。

アングラー個々が工夫を凝らして、釣れるブラクリ仕掛けを作り上げてみましょう。

ブラクリ仕掛けを操るのにおすすめのアイテムをピックアップ!

それでは、ブラクリ仕掛けで釣りを展開するのにおすすめのアイテムを取り上げましょう。

まずはブラクリそのものから。

そしてロッドやリールについても、扱いやすいものを選んでみました。

アタリを判別してからランディングするまで、できるだけスムーズに完了させたいですよね。

ハヤブサ(Hayabusa) 直撃 穴撃ちブラクリ ドロップストライク HE112 5-4

ハヤブサ(Hayabusa) 直撃 穴撃ちブラクリ ドロップストライク HE112 5-4

最安値価格
¥310(Yahoo!)

Amazonへ ¥480

楽天市場へ ¥351

Yahoo!へ ¥310

ハヤブサからリリースされているブラクリ仕掛けです。

中通し式のオモリには、甲殻類を彷彿とさせるカラーが塗られていますよ。

しかも独特の丸型形状なので、岩と岩の隙間や入り組んだテトラの奥まで、スムーズに滑り込んで行ってくれます。

目玉が装着されているのも、バイトマーカーとして秀逸でしょう。

その後方に配置されているのが、多面体の反射ビーズで、こういうアトラクターはロックフィッシュ大好きでしょう。

オモリと干渉して音も発生しますから、集魚効果はバツグンです。

実際に魚の切り身をフックに付けて、テトラの隙間に投入してみました。

スムーズに階段を降りていくようにボトムまで到達、ラインにテンションを与えてはフォールを繰り返していると、急にゴゴッ!というアタリが。

気を付けなければならないのは、オモリや反射ビーズに食い付いている可能性があるということ。

アトラクターが強めなので、その可能性を考慮してフッキングせずに待っていると・・・今度はラインがググッと引っ張られる状態に。

そこでしっかりロッドを振り上げたら、魚が暴れる振動がダイレクトに伝わってきました。

上がってきたのは、結構なサイズのカサゴ。

硬くて刺さりの良いフックが、ガッチリと上アゴを貫通していましたよ。

プロマリン(PRO MARINE) PG 極光テトラミニ 165

プロマリン(PRO MARINE) PG 極光テトラミニ 165

最安値価格
¥1,578(楽天市場)

Amazonへ ¥1,905

楽天市場へ ¥1,578

Yahoo!へ ¥1,579

錘負荷10号まで耐えられる、振出式の穴釣り用ロッドです。

さまざまなシチュエーションに対応しやすいので、常にクルマの中に備えておきたい逸品ですね。

全長は1.65メートルですが、仕舞寸法はなんと38センチ。

これなら場所は取りませんし、家族や仲間の分も含めた複数本の保管もラクラクです。

防波堤やテトラエリアまで持ち運ぶのも便利ですから、他の釣り道具を多めに持参できますよね。

例えば、クーラーボックスやタックルボックス、バッカン・水汲みバケツ・ロッドスタンド等々、充実した釣りベースを構築できそうです。

実際に穴釣りに使ってみると、穂先がとても敏感で、餌に食い付いてきた魚の気配を目と手元で感じ取ることができます。

ガイド径が小さ目なので、ラインが踊り過ぎることなく、ロッドの曲がりに追従してくれますよ。

リールシートはスライド式で、スピニングリールでもベイトリールでも装着できるようになっています。

長距離をキャストするのは向いていませんが、テトラのアウトサイドエッジを探る程度なら、キャスティングゲームにも転用できそうです。

自重81グラムと超軽量なので、1日中穴釣りをしていても手首・ヒジ・肩などが疲れてしまうことはないでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 バスライズ 初心者向け

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 バスライズ 初心者向け

最安値価格
¥4,569(Yahoo!)

Amazonへ ¥5,058

楽天市場へ ¥5,107

Yahoo!へ ¥4,569

こちらはシマノから発売中のベイトリールです。

ルアーをキャスティングするために作られているので、ブレーキシステムやスプールのラインキャパは充実していますよ。

もっとコンパクトな両軸リールを用いるケースが、穴釣りの場合は多いのですが、このバスライズを選んでおけば、ちょっとした距離を投げて探れる釣りにも転用することができます。

そうすると穴釣りで魚からのバイトが遠退いた際に、チェックできる範囲を広げることが可能になります。

気持ちに余裕も生まれますから、魚が掛かってくるまでの間、集中力を切らすことは無くなるでしょう。

注目のラインキャパは、16ポンド=太さ4号程度のナイロンラインなら100メートルも巻けるようになっていますよ。

じゅうぶんに太いラインなので、岩やコンクリートに擦れても安心して釣りを続けられます。

ハンドルの根元付近に装着されているドラグは、きっちりと締め切ってから釣りで使うようにしましょう。

そのほうが魚が掛かっても、穴の奥深くへ逃げられてしまうのを防ぐことができます。

ブラクリの釣り方をマスターして大型魚をゲットしよう!

ブラクリの特徴や使い方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

仕掛け自体がとてもシンプルで扱いやすいですから、積極的に攻める姿勢を貫いてほしいですね。

そうすればビッグフィッシュに巡り合う機会も増えるでしょうし、好釣果にも恵まれるはずです。

餌釣りの場合は、派手にアクションさせなくても食い付いてくる可能性がありますが、ワームをフックに装着した場合は、リフト&フォールをまめに繰り返しながら誘いをかけるようにしましょう。

穂先が少しでも入り込んで曲がるようなら、そのまま深く食い込むまで待ちたいものです。

仕掛けの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング